アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

ドラマチックアラスカとは 2017年のフェスの盛り上げ屋ロックバンドをご紹介

スポンサーリンク




今回は、2016年〜2017年にブレイク間違いなしのドラマチックアラスカについてご紹介します。
過去にはRock’in on主催のJAPAN’S NEXTなど、数々のライブ・フェスに出演しており、夏フェス・冬フェス共に出演機会が増えてきている注目のアーティストです!
勢いを増しながら新しいステージへと登っている彼らですが、意外と知られている情報は少ないはず!
今回はドラマチックアラスカのプロフィールから、新曲・おすすめの曲までまとめてみました。ぜひご覧下さい!

[出典:ドラマチックアラスカ公式HPより]

プロフィール

バンド名の由来
なぜ、ドラマチックアラスカというバンド名に決定したのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バンド名の由来は、ヴォーカルのヒジカタさんと元メンバー、ギターのトバさんで決めたそうです。ヒジカタさんが「アラスカ」という場所に勝手に憧れを抱いており、バンド名に入れたら面白そうということで採用、その後、どのような言葉で形容するかを考え、色々と試してみた結果、「ドラマチック」が一番しっくりきたので採用に至ったそうです。愛称・略称は「ドアラ」。神戸出身であることから、「神戸の最終兵器」とも呼ばれています。

 

メンバー
現在の正式メンバーは、
ヒジカタナオト…Vo.&Gt.
サワヤナギマサタカ…Gt.
タケムラカズキ…Ba.
ニシバタアツシ…Drums
の4ピースバンドで活動していますが、はじめからこのメンバーで活動していたわけえでゃありません。

簡単に、メンバーの変遷を紹介します。

元々は、2010年、兵庫県神戸市で同じ高校に通うメンバーで結成されました。マルオカさんとトバさんが同級生であり、ヒジカタさんとニシバタさんが1年後輩でした。

2015年、ギターのトバさんが学業専念のため無期限活動休止を発表。サポートメンバーとしてガガガSPの山本さん、仮メンバーとして爆弾ジョニーのロマンチック☆安田さんを迎え活動していました。
2016年、左手首の怪我で一時的に離脱をしていたマルオカさんが、怪我の回復が思わしくなく、心境の変化もあり、バンドを脱退。
かねてよりサポートメンバーとして活動をしていたサワヤナギさんと、タケムラさんが正式メンバーとして加入しました。

活動拠点
神戸出身のドラマチックアラスカなので、関西方面のライブの出演が若干多いですが、2015年あたりからは全国ツアーや全国各地のフェスに出演し始め活動拠点を広げています。これから全国での活躍が期待されますね。

所属レーベル
現在、LD&K Recordsというレーベルに所属しています。このレーベルには、過去に所属していたアーティストを含め、かりゆし58、ガガガSP、ストレイテナーが所属していました。

音楽性

ヴォーカル、ヒジカタさんのハイトーンボイスと、畳み掛けるような王道のギター・ロックが特徴です。結成当時のメンバー全員がthe pillowsのファンであり、同時に影響されたアーティストであると語っています。ドラマチックアラスカ結成当時、メンバーで初めてカバーした曲はthe pillowsの「バビロン天使の詩」であるそうです。
実際に、彼らの音楽はthe pillowsのように抜けが良いメロディーとなっており、アップテンポの楽曲が多くリリースされています。
作詞・作曲はヴォーカルのヒジカタさんが主に手がけており、最新作のリリースにあたって、アレンジも荒ぶった、勢いのある楽曲に仕上がっている、と話しており、今後もブレることのないロックサウンドを聞かせてくれるのではないでしょうか。
また、注目して欲しいのは、MVの斬新さ。Youtubeで公開されている楽曲が何曲かありますが、どれも個性的で、他にはないMVばかりなので、PVをぜひ一度ご覧になることをお勧めします!特におすすめな楽曲は、「無理無理無理」のPV。実際にPVを見て頂きたいのであまり詳しいことは書きませんが、どうやって出演者をキャスティングしたのか、リリースまでの背景がとても気になるようなPVに仕上がっています(笑)。

ライブの特徴

現在、ライブハウス中心に活動を行なっているドラマチックアラスカですが、最近ではフェスにも数多く出演しています。
ライブの特徴としては、彼らの代表曲である「無理無理無理」「人間ロック」をはじめとしたアップテンポな曲はもちろん、「東京ワンダー」「河原町駅」と言ったミドルテンポな曲を織り交ぜた、メリハリのある選曲で構成されたライブが多く、最後までドラマチックアラスカならではのライブを楽しむことができます!
また、メンバーが関西出身ということもあり、メンバーの皆さんがとても話し上手です。毎回MCが盛り上がることにも必見です。
ヒジカタさんの主張として、「MCと服装はいいライブを作るための要素」と考えているだけあって、ライブの衣装はライブごとに違う個性的なオシャレな服装。彼らのライブ中のMCも盛り上がるので、衣装やMCにも是非注目です。
ライブに行かれる方はMCも期待して行ってみてください!

経歴

2010年に結成されたドラマチックアラスカは、音源リリース前からCOMIN’KOBE13への出演が決定するなど、近年インディーシーンで最も注目を浴びているバンドの一つです。そこで、現在までドラマチックアラスカがどのような経歴を辿ってきたかをまとめてみました。

2010年
2010年、同じ高校に通うメンバー同士でバンドを結成。初期メンバーは
ヴォーカル:ヒジカタナオト
ギター:トバナオヤ
ベース:マルオカケンジ
ドラム:ニシバタアツシ

2013年
その3年後、2013年の4月には、COMIN’KOBEのESP BLACK STAGEにトリで出演。飛躍の年となります。
同年6月には1st mini album「ドラマチックアラスカ」をリリース。初のmini albumですが、オリコン最高165位を記録。
8月にはリリースツアーともなる「アラスカナイズツアー2013」を行い盛況を極めました。
その後も2013年の9月に行われたNEW TOWER GENERATIONの出演をきっかけに、同月に開催されたロックの夜明けtour 2013 finalにも出演。
10月にはMEGA★ROCKS 2013、MINAMI WHEEL 2013 COMIN’ KOBE&MASTER COLISEUMに出演。続けてDIVING ROCK 2013 in KANAZAWAの4つのライブに出演、その翌日にはMINAMI WHEEL 2013へと出演し、関西での知名度をものにしていきます。
11月にはアラスカナイズツアーVol.2を行い、
11月19日には2nd mini albumの「オーロラを待っている」をリリース。同アルバムに収録されている「和心」「打ち上げ花火」は9mm Parabellum Bullet、NICO Touches the Walls、ねごとなどを手がけた、いしわたり淳治がプロデュースを手掛けた楽曲となりました。

2014年
2014年4月にはCOMIN’KOBE 2014に出演、同年5月、RUSH BALL☆Rに出演。
5月14日にはシングル「東京ワンダー」をリリース。同月18日・24日には ニッポンワンダーツアーを開催。
6月にはコンピレーションアルバム「ツタロックdig」に「リダイヤル」が収録決定。
同月7日にはSAKAE SPRING 2014に参加、
7月には3rd mini album 「ビヨンド・ザ・ベーリング」をリリース。
8月にはRISIG SUN ROCK FES2014 in EZO、TRESURE05X 2014、ベリテンライブ2014にも出演します。
9月にはアラスカナイズツアーVol.3を実施。
11月にはスペースシャワー列伝100巻に出演決定。
大晦日には年越しライブ、LIVE DIGA JUDGEMENT2014に出演。初めての年越しライブを成功に収めました。

2015年
1月、ギターを担当していたトバさんが学業専念のため脱退し、爆弾ジョニーのロマンチック☆安田さん、ガガガSPの山本さんをサポートメンバーとして迎えて活動再開しました。
この頃ライブでは、グッドモーニングアメリカ主催のin トーキョーシティツアー2014-2015に出演。
3月4日には現在のライブでは必ずと言っていいほど演奏されるドラマチックアラスカ定番のシングル「無理無理無理」をリリース、「モヤモヤさまぁ〜ず2」のエンディングにタイアップされました。
5月にはさいたまで開催されるVIVA LA ROCK2015に出演。
同月11日には放送芸術学院専門学校で行われる世界の始まりスペシャルライブに出演。
5月30日から夜の本気ダンス、フレデリックと、ALA-UMI-DOSS TOUR 2015 〜逃げ出したくなるような踊ってない夜に本気ダンス〜を敢行。
6月には、 ROCK’IN ON 主催のJAPAN’S NEXTに出演。
7月には、4th mini album 「アンカレッジ・シティー・ポップ」をリリース。
8月には日本最大級の夏フェス、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015に初出演。
その後も大規模な夏フェスとしてはSWEET LOVE SHOWER 2015、RUSH BALL2015、TRESURE05Xに出演し、順調に知名度を上げていきます。
夏フェスも落ち着いた10月には、SAKANAMONとの交流を深め、対バンツアー2015、DOES presents 対バン企画「PARTY NIGHT」に出演、11月にはSUPER BEAVER主催の「『都会のラクダ』Tour 2015〜秋味、サシ飲み〜」に出演するなど、対バン企画に続々と出演、成功をさせました。
12月の冬フェスでは、FM802 RADIO CRAZY、LIVE DI:GA JUDGEMENT、COUNTDOWN JAPAN 15/16に出演、例年に増して多忙な年末を過ごすこととなります。

2016年
2016年に入ってもその人気は留まることを知らないドラマチックアラスカ。
1月にはワンマンライブ「アラスカナイズワンマン2016」を敢行します。
2月にはtricotとの”YATTOKOSA tour 〜日本初場所〜”に対バンで出演、
2月16日には3rd シングルとなる「人間ロック」をリリースします。さらに、CS放送フジテレビTWO オリジナルドラマ『よろず屋ジョニー』主題歌に決定。
4月には四星球5th Full album 『出世作』レコ発ツアー「出世街道2016」に出演します。
4月6日には5nd mini albumである「アラスカ・べリーズ」をリリース。同アルバムに収録されている「河原町駅」は東京事変元メンバーの亀田誠治がプロデュース、オリコン最高50位を記録しました。
同月29日にはARABAKI ROCK FEST.2016に出演しました。
5月にはOSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016、VIVA LA ROCK 2016に出演、6月には百万石音楽祭 2016〜ミリオンロックフェスティバル〜に出演し、
8月には昨年に引き続きROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016、WILD BUNCH FEST.2016、RUSH BALL 2016に出演します。
9月にはKNOCK OUT MONKEY AUTUMUN TOUR 2016 “7 CITIES”に対バンで出演、
10月14日には、オリジナルメンバーのマルオカケンジさんが脱退、サポートメンバーのタケムラカズキさん、サワヤナギマサタカさんが加入しました。
11月にはa flood of circle主催「A FLOOD OF CIRCUS大巡業2016」に対バンで出演します。

年末には今年もCOUNTDOWN JAPAN16/17に出演が決定しており、ドラマチックラスカは年越し後2017年初ライブを幕張で敢行します!
来年1月には、2016年12月7日に発売された6th mini album 「ロックンロールドリーマーズ」を引っさげ、全国ツアーを予定しているドラマチックアラスカですので、今後も目が離せませんね!

おすすめのアルバム

ドラマチックアラスカのリリースしたアルバムを以下にまとめて見ました。
1st mini album 「ドラマチックアラスカ」

2013.06.11 release

収録曲は、

1. リダイヤル
2. 01
3. 衝動
4. エキセントリック アルカホリック

2nd mini album 「オーロラを待っている – ドラマチックアラスカ
2013.11.19 release

収録曲は、
1. 和心
2. スーパーソニック
3. それでも生きている
4. 怠惰故
5. シチヘンゲ
6. 打ち上げ花火
7. 星になる

3rd mini album 「ビヨンド・ザ・ベーリング – ドラマチックアラスカ
2014.07.09 release

収録曲は、
1. アレシボ・メッセージ
2. マヤカシドリームランド
3. 東京ワンダー
4. 流星パズル
5. 未来手紙
6. ハイドアンドブルー
7. 憂世侍

4th mini album「アンカレッジ・シティー・ポップ – ドラマチックアラスカ
2015.07.08 release

収録曲は、
1. 世界の始まり
2. 無理無理無理
3. スタートライン
4. アンハッピーバースデー
5. フレームアウト
6. ともだちのうた
7. マイヒーロー
8. 無理無理無理 feat.岡崎体育 〜BASIN TECHNO ver.〜

5th mini album「アラスカ・ベリーズ – ドラマチックアラスカ
2016.04.06 release

収録曲は、
1. ニホンノカブキ
2. 人間ロック
3. なんでもないうた
4. Aのテーマ
5. ずるい
6. 河原町駅
7. 忘れないでね

ドラマチックアラスカ一押しの曲

TEPPEN
最新のアルバム「ロックンロールドリーマーズ」のリード曲。ライブでも演奏、盛り上がること間違いなしの1曲です。ライブに初めて参戦する方にはぜひ聴きこんで欲しい楽曲となっています。

和心 – ドラマチックアラスカ
ヒジカタさんオススメの一曲。結成初期に作曲された曲で、初期の曲の中でも現在まで演奏されているのはこの曲だけであるそうです。疾走感のあるサビが特に注目です。メンバーチェンジを経てからも演奏される曲ということで、彼らにとって思い出深い一曲なのではないでしょうか。

前述の通り、楽曲もさることながらPVにも注目して頂きたいのがこの曲です。

 

最新情報

アルバムリリース情報
【2016年12月7日発売】

6th mini album 「ロックンロールドリーマーズ」
前作mini albumリリースから8ヶ月、ドラマチックアラスカ流アルバム完成!

収録曲
1. TEPPEN
2. チャイニーズパッション
3. ロックンロールドリーマーズ
4. ロックンロールジャンキーズ
5. オッドアイ
6. この夜は
7. キミトフライト

ライブ情報
【2016年下半期〜2017年ライブ出演情報】
2016年12月31日:COUNTDOWN JAPAN 16/17
2017年1月8日:「ミソフェス2017」
2017年1月21日:神戸太陽と虎ツアー

フェス出演情報
【2016年下半期〜2017年フェス出演情報】
2016年12月31日:COUNTDOWN JAPAN 16/17

ドラマチックアラスカ好きにおすすめのアーティスト

最後にドラマチックアラスカを愛する人におすすめのアーティストを紹介して終わりたいと思います。

ココロオークション
頻繁にドラマチックアラスカと対バンを行なっているバンドの一つです。2016年の3月に行われたはじましぶりツアー2016春~雨、ときどき雪~では、ドラマチックアラスカと対バンツアーを共にしました。
ココロオークション:蝉時雨

Bentham
こちらもヴォーカルのハイトーンボイスが特徴の、爽やかに歌い上げるロックバンドです。
Bentham:僕から君へ

The pillows
ドラマチックアラスカの原点となったバンド。ドラマチックアラスカのファンであれば、一度は聞いておきたいところですよね!
The pillows:Funny Bunny

まとめ

ドラマチックアラスカについて、少しでもお分りいただけましたでしょうか?
もしこちらの記事をご覧になって、ぜひドラマチックアラスカのライブに行きたい!友人・知人に勧めてみたい!という方がいらっしゃいましたら、シェア・ツイートの方、よろしくお願いします!

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク