井上緑とは 強いメッセージ性から10~20歳代に支持される彼の魅力を紹介します。

スポンサーリンク




音楽好き、特にシンガーソングライター好きの皆さんにぜひ一度耳にしてもらいたいアーティストをご紹介いたします!

現在シンガーソングライターで最も勢いがあり、2017年ネクストブレイク必須の『井上緑』についてのご紹介です。

『井上緑』の基本的な情報からコアな情報までまとめてみました。

f:id:gakuuuuuu21:20161223123657j:plain

 [出典:井上緑 公式ホームページより]

プロフィール

井上 緑(いのうえ りょく)

茨城県日立市出身のギター弾き語りシンガーソングライター、1993年8月26日生まれの23歳です。

高校時代の文化祭でバンドをしたことがきっかけとなり、音楽に興味を持ち始め、大学時代から本格的に音楽活動を開始する。

大学時代は、彼の地元である茨城県日立市で路上ライブや、ライブハウスにて精力的に活動を行っていました。

すべて井上緑自身の作詞作曲を行っています。

事務所主催のイベント「nanoha project.-四谷天窓-Life」への出演を一つのきっかけとして、都内でも注目を集め、大学卒業後の現在は活動拠点を東京に移し、都内のライブハウスでの活動を開始しました。

その歌詞には強いメッセージ性があり、特に若者の感情や思いをギターと歌に乗せ、弾き語りアーティストとしての魅力を最大限に持ち合わせています。10代後半から20代前半の時代に誰しもが感じたことがある感情を代弁してくれる存在と言っても良いかもしれません。

現代のシンガーソングライターとしてSNS上で特に彼と同世代から高い支持を集めていることを考えると尚更なのではないでしょうか。

Twitterやツイキャス、You Tubeでオリジナル曲やカバー曲を発表し、注目を集め始めている。

所属事務所・レーベル

現在の所属事務所は、「nanoha project.」です。

2014年に設立された事務所で他にもシンガーソングライターを中心としてメッセージ性の強いアーティストが揃っています。

井上緑の他には、中原くん、イワブチコタロウ、和泉優などのシンガーソングライター、そしてバンドとしてスプラージオンが所属しています。

現在のレーベルは「タワーレコードレーベル」です。

タワーレコード内のインディーズ・レーベルで、大手レコード店「タワー・レコード」がネクストブレイクを期待するアーティストを多く発掘しているレーベルです。

音楽好きであれば、このタワーレコードレーベルに所属しているアーティストをチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

経歴

2014年11月に現在の所属事務所「nanoha project.」に所属。

2015年3月、今は個人のみならず様々な情報源や世論を反映する意味でも、もはや欠くことができない情報源となったTwitterで最初の火がつく。

この頃30秒動画が投稿できるようになったのは記憶にあるでしょうか。

その30秒動画が最初に大きく取り上げられるきっかけとなった。自身のオリジナル曲である「バカップル死ね」の弾き語りが投稿された。

すると、投稿日にリツイート数は8000件を突破し、お気に入り数(いいね数)も10,000件を越える反響がありました。

Twitterのトレンドに「井上緑」の名が乗り、「バカップル死ね」が入りフォロアー数も投稿から1週間で6,000人を超えました。

その後同年6月に、1stアルバム「弱さ。」をインディーズでリリース。

リリースイベントを東京のライブハウス四谷天窓で開催。

リリースイベントは満員御礼と大盛況であった。

また、彼の支持層が多く集いそうな店「ヴィレッジバンガード」。その聖地的な存在である下北沢店にて、フリーのサンプルを設置したところ、即日で無くなり大きな反響があった。

手売りであるのにもかかわらず、累計で1500枚以上を販売した。

さらに、10月に大阪城音楽堂にて開催された、シンガーソングライター大柴広己presents「SSW15」の、オーディエンス枠(俺推し★SSW)に選ばれました。

さらに、タワー・レコード、NTTドコモ、レコチョクによるインディーズ支援プロジェクトである「Eggs」の中で行われた「FOLLOWingキャンペーン」で2位に入賞。

Eggsの全面サポートによりシングル「先生」を制作し、更に同世代の熱い支持を受けたと言っても良いでしょう。

更に大きく飛躍したのが今年2016年です。

先にリリースした1stアルバム「弱さ。」のツアーファイナル公演を東京「TSUTAYA O-Crest」にて初のワンマンライブを開催し、こちらも満員御礼で大成功をおさめ、ツアーを完逐した。

7月には、Eggsレーベルよりタワー・レコード8店舗限定で完全初回生産限定のワンコインシングルCD「スーパームーン」を発売する。

予約開始から1週間ほどで予約分完売となり、再び大きな話題を呼ぶ。

タワーレコード渋谷店(東京)、タワーレコード八王子店(東京)、タワーレコード難波店(大阪)の3店舗にて、井上緑初のインストアライブを行う。

渋谷店では約80名、難波店では50名が集まることでイベントは大盛況で終えることができた。

10月19日には、井上緑初の全国流通版となる井上緑の2nd ALBUM「すべては現在にある」をタワーレコード限定でリリースする。

リリース後には、渋谷のスクランブル交差点の動画ビジョンから映像が流れるなど、渋谷を通る人は、耳にした方も多かったのではないでしょうか。

11月には、「すべては現在にある」の記念インストアイベントをタワーレコード渋谷店、タワーレコード横浜ビブレ店を限定盤か通常盤いずれかの購入でサイン付きのミニライブを行った。

また、You Tubeにて「すべてはココにある TOUR@青山 月見ル君想フ」からライブ映像としてバンドバージョンの「アイコトバ」を公開。

また、Rock isにて井上緑が大きく取り上げられ、「以上です。」の弾き語り映像が公開されました。

 

歌詞

実力派アーティスト、井上緑。彼の歌詞の世界はありがちな「偽善」をあえて排除した「中毒性」が支持を集めています。

井上緑のようなシンガーソングライターに特徴的なことは、歌詞と曲の強い結びつきでしょう。曲と歌詞の隙間がなく、その言葉には生々しさを感じる表現もあります。

井上緑こそが次世代のアコースティックシーンの火付け役になるかもしれません。

ここでは井上緑の歌詞の世界について紹介していきます。

 

 

1.井上緑の歌詞

井上緑は歌詞の特徴から、若者の代弁者であると言われています。

例えば彼の代表曲である「バカップル死ね」の歌詞には「twitter」が登場していたり、「以上です。」では面接を受ける若者の心情を思わせる歌詞となっていたり、井上緑の歌詞にはいつも「現代の若者」がリアルに想像できるように書かれているのです。

1st Full Album 「弱さ。」に収録されている「前夜」では、夜空の下をひとりきりで歩きながら大人になることへの不安を考えている10代の頃や20代の若者ならではの「鬱陶」が伝わってくる。

こうした歌詞の内容が井上緑自身の体験談なのかは語られてはいないが、彼の曲を聞くと、その言葉はいつもストレートにリスナーの心に訴えかけていることがわかります。

彼を有名にした「バカップル死ね」もそのストレートさに驚きを隠せずリツイートしてしまった人や、面白くてついイイネを押した人までさまざまでした。ただ、この曲の歌詞を見た誰もが「言いたくても言えなかったことを言ってくれる人が現れた」と感じたはずです。

彼の歌詞はいつでも「若者の本当の声」を映し出しているといえるでしょう。

 

2.歌詞に対する想い

井上緑についてインタビュー記事はまだまだ数少なくなかなか見かけることがありません。

私が知っているなかで唯一のインタビュー記事がありますが、そのなかで彼は歌詞の意味について語っていました。

僕のオリジナル曲に「Stand by me」って曲があるんすけど、男性シンガー目線の曲なんすよ。

(引用:Rock is

また、「アイコトバ」の歌詞のなかでメールやLINEだけでは伝えきれないものがあることを歌っていると告白しています。

井上緑のストレートな歌詞のなかにはたびたびSNSが登場しており、彼は歌詞のなかで決してそれを否定しているわけではありません。

ただ、そんな顔を見ない会話が当たり前の世の中に対してのメッセージが込められているように感じます。

井上緑の歌詞を見て、本当に大切なことはなにかを考えさせられる若者もいるでしょう。

インタビューでの言葉も心にスッと入ってくるようでとても素直な気持ちを感じられます。井上緑は素敵な魅力がある人物であることは間違いありませんね。

 

3.井上緑を愛するファンの声

まだまだメディアへの露出が少ない井上緑ですが、すでにファンは多く彼の歌を弾き語るファンの姿もYoutubeなどで見ることができます。

ファンからの声はとてもあたたかいものばかりで、井上緑の飾らない歌詞に救われているファンがたくさんいるのです!

 

ツイッターでファンの声を見ているだけでもわかる通り、正直な歌詞に惹かれている人がとても多い、それが他のアーティストにはないものかもしれません。

確かに、回りくどい言い方を一切しない堂々とした歌詞を見れば、これだけ多くの人からの支持を集めていることも納得です。

曲を視聴する時にタイトルが目につかない人はいないと思いますが、井上緑の歌詞は「タイトルから気になってしまった」という人がとても多いのです。

「バカップル死ね」「いつでも素直な歌を。」といったような、気になるタイトルの曲は視聴してみたくなりますよね。

井上緑との出会いはついつい動画を見てしまった、そんなきっかけでもいいのではないでしょうか。

そして「ハマった」と感じたら彼の歌詞はこれからもずっとあなたの気持ちを歌ってくれるはずです。

 

この記事を読んで気になったという人はぜひ、井上緑を聞いて歌詞を読んでみてください。

 

ライブの特徴

現代の若者が持ち合わせている思いや弱さも全力で歌い上げる素直な歌詞と、感情を歌に乗せるメッセージ性の高い歌唱力が魅力的であり、ライブに足を運ぶと、晴れやかな気分で帰路に着くことができるでしょう。

その歌声はまっすぐ伸びるような声でリアルな言葉が現代のリスナーの心をつかみ、SNS世代と呼ばれる世代。生のライブではなくスマホやパソコンで見れば良いという考えの人が多いこの時代にこそ実際にライブに足を運んで聞いてほしい心に響くライブを演出しています。

オススメの楽曲

「アイコトバ」

男性シンガーが語る楽曲を聴いているリスナー側の目線に立って作った曲と言われています。相手から見たらどのような気持ちで男性シンガーを見てどんな想いになるのだろうか。歌を聴いて何を感じるのだろうか。そんなことを考えながら作られている楽曲です。

1stアルバム「弱さ。」に収録されている「Stand by me」のアンサーソングというべき曲です。

本人がインタビューでも答えていたのですが、メールやLINEは現代には現代の若者には欠かせないものになってきているけれども、やはり本当に伝えたいことは相手の目を見て直接伝えないといけない。そのように考える想いを綴った楽曲になります。

便利な世の中になりました。しかし、忘れてはいけない言葉の大切さ。そんな当たり前のことではありますが、現代の若者を代表して井上緑の世界観の中で歌い上げることにより、忘れがちな何かを思い出させてくれるそんな楽曲に仕上がっています。


“すべてはココにある TOUR”「井上緑 – アイコトバ(band ver.)」Live Movie.

「以上です。」

井上緑は現在23歳ですが、彼が22歳の時に作曲した楽曲と言われています。

22歳といえば、高校を卒業してすぐに4年制大学に進学した若者が新社会人として新たな一歩を踏み出す年齢になります。

この若者でありながら自分が今後どのように生きていけばいいのかという悩みを抱えるこの世代に寄り添った楽曲となっています。

井上緑自身がもし、就職活動に取り組むのであれば自分はどのように自己PRをするのだろうかというこれまでの自身を振り返ったような一曲。

誰しもが直面する学生時代と社会人との狭間で悩むこの世代独特の悩みを持つ人に是非聞いてほしい楽曲です。


注目のシンガー・ソングライター井上緑、弾き語り第二弾「以上です。」を公開

 

「スーパームーン」

夜遅くに月が見える日に一人歩く若者が思い描くような若者の気持ちを代弁するようなストレートの歌詞である。特に、就活中や転職活動中の20代の方は一度思い描いたことがあるような感情なのではないでしょうか。

就職活動を続けていると嫌でも自分のことをよりいっそう知らなければならなくなる。

自己分析シートを記載しなければならなかったり、面接官に長所をPRし短所も伝えなければならないわけだ。スーパームーンにはMVもあり、見てみると映像からもそのメッセージの強さが感じられる。

夜の街の中を一人歩くと自分がより小さな存在であるように感じてしまったりすることもある。大人と子供の狭間のような世代の声の代弁してくれるそんな楽曲である。帰り道に聞きたい一曲である。


井上緑「スーパームーン」Music Video(Full ver.)

おすすめアルバム

現在入手可能であるアルバムは2作品です。どちらもぜひ聞いていただきたい楽曲ばかりです!

I Tunesやオンラインショップ、タワー・レコードにて購入が可能です。

 

1stアルバム「弱さ。」(2015年6月6日発売)

収録曲は以下の通りです。

  1. つぶやき
  2. 恋に生きる
  3. 売れないミュージシャンのうた
  4. 理由
  5. バカップル死ね
  6. Stand by me
  7. 恋なんてしない
  8. にんげん
  9. 前夜
  10. ヨワムシのうた

 

2ndアルバム「すべては現在にある」(2016年10月19日)

  1. スーパームーン
  2. 水上ステージ
  3. ジャニオタ
  4. アイコトバ
  5. 22歳
  6. いつでも素直な歌を。
  7. 先生
  8. 酒飲み讃歌
  9. 以上です。
  10. いまだけは。

最新情報

10月に発売された「すべては現在にある」がリリースされている。

そのリリースツアーのファイナル公演が2017年3月29日にTSUTAYA O-WESTにて開催が決定しています。

それに伴い、3ヶ月連続自主企画「音楽は常に個々にある」が開催決定!

1月15日(日)、2月10日(金)、3月5日(日)と3ヶ月連続でツアーファイナルに向けて彼に最もゆかりのあるライブハウス「四谷天窓」にて自主企画を開催する。

1月ライブと3月ライブは井上緑自身が、今まさに共演したいと考えているアーティストを招いてのツーマンライブとなっており、井上緑好きにはもちろんのこと、注目中の方にもオススメのイベントです。

また、2月ライブも当日シークレットゲストが登場と見逃せない。

井上緑好きにオススメのアーティスト

本人が影響を受けたのではないかと思われるアーティストやこのアーティストが好きな方であればきっと井上緑を気に入るのではないかというアーティストを合わせてご紹介することで井上緑の音楽性をご紹介したいと思います。

井上緑自身が過去にTwitterで弾き語りカバーしているアーティストや楽曲も参考になるかと思います。

◎男性弾き語りミュージシャン枠

大柴広己

大柴広己が好きな人にはオススメであるのは間違いない。

井上緑と同じく、インディーズで活動しており、彼も同様に現代のツールを踏襲し、支持を得ている。例えば、ニコニコ動画でボカロPとの共演をしていたり、井上緑を見出したとも言って良いフェス「SSW」は、2014年から開催され、メジャー・インディーズを問わず様々なアーティストが出演するフェスです。

現代のシンガーソングライターが全体として影響を受けたのではないかと考えられるアーティストです。

金木和也

井上緑自身も金木和也の「ラッキー」という曲をTwitterでカバー動画を投稿しています。映画「アオハライド」の劇中歌としても取り上げられました。

◎Twitter上でカバーしたアーティスト枠

星野源

2016年最も視聴率が高かったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングテーマは同ドラマの平匠役で出演していた星野源の「恋」です。

話題のこの楽曲もTwitterでカバーしています。

星野源が好きな方にも井上緑の楽曲を是非聴いていただきたいと思っています。

RCサクセクション

忌野清志郎をリーダーとするロックバンド。

「僕の好きな先生」をカバーしている。一見全く異なる方向のジャンルに思えるが、何気ない日常や気がついた話題を歌詞に乗せてウクレレを鳴らす忌野清志郎の姿が、現代の弾きがたかり系ミュージシャンの原型のようにも感じられる。

RADWIMPS

今年を代表するロックバンドの一つとなったであろうRADWIMPSの「なんでもないや」もカバーしている。映画「君の名は。」の主題歌でありピアノとボーカルのシンプルな曲調であるが、語りかけるようなメッセージ性の強さは井上緑の楽曲の方向性と通ずるものも感じられる。

まとめ

彼と同世代の音楽好きはもちろんのこと、何か悩んでいることがある方、転職しようか悩んでいる方、現代の何か殺伐としてしまっている現代に疑問を感じている方には、是非一度、井上緑の楽曲を耳にしてほしいです。

彼の世代を大人達は俗に「ゆとり世代」というのかもしれませんが、そんな現代の若者が強烈に放つメッセージに耳を傾けてみると新たな発見があることは間違いありません。

そして、変わってしまったようで変わっていない我々日本人の若者の本質に気がついていただきたいと思います。

電車に乗ればスマホ片手にゲームやLINEが当たり前となってしまった2010年代を生きる我々が、今も昔も変わらないことそれは「言葉で気持ちを紡ぐこと」だと思います。

魅力のある歌声とギターに乗る現代の若者の代弁者井上緑を最近の若者の気持ちがわからないと言っている3.40代の方にも是非一度耳を傾けてほしいです。

スポンサーリンク