アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

今年ブレイク間違いなしのおすすめ女性インディーズバンド5選

スポンサーリンク




音楽リスナーの皆さんこんにちは!

今回は、2017年に注目したい女性アーティストを紹介したいと思います。最近の女性アーティストではロックからR&B、弾き語り等、様々なジャンルで幅広く活躍中です。また、当ブログでは女性シンガーに限らず様々なインディーズアーティストを紹介しています。そちらも合わせてご覧ください。

Iri


[出典:Iri official website]

まず、神奈川県出身、東京都を中心に活動しているIriです。

インディーズレーベルcoloful recordsに所属の女性シンガーソングライター。ドノヴァン・フランケンレイターの前座をこなすなど、デビュー前から才能あるシンガーとして話題になっていました。

そんな彼女ですが、印象的な武器は安定した歌声。R&Bを基調としたリズム感のある発声は安心して聴いていることができます。R&Bの曲は、日本人が歌うと裏ノリの曲でもべたついたリズムになる事が多いですが、彼女の場合はその心配は無用で、しっかりと歌い上げています。
コードの少ない曲が多いですが、退屈さをあまり感じないのは、彼女の歌にはメリハリがあるからでしょう。メロ→サビという単純な展開の中での強弱ではなく、強調したい言葉やメロディーでグンと声が伸びるポイントがあります。そこをひたすらにループし、力強いパワーを感じさせた後にまた安定した歌声に戻っていく。波のように繰り返される押し引きは、心地よい浮遊感を与えてくれます。

影響を受けたアーティストはアリシアキーズや七尾旅人を挙げています。ジャンルは違いますが、七尾旅人が持つ唯一無二の強烈な世界観は、しっかりと持っていると言えますね。
2016年10月にアルバム「Groove it」をリリースし、これからますますその活動に注目が集まります。

おすすめしたいアルバムはGroove it [ iri ]

みるきーうぇい


[official siteより]

続いて、大阪発「大人になるのをやめてしまったバンド」みるきーうぇいです。

2012年結成、ボーカルギターの伊集院香織、ベースの安福尚光にサポートドラマーを加えたスリーピース編成で活動中です。(現在正規ドラマー募集中)自主レーベル「みるきーうぇい放課後レコーズ」より作品をリリースしており、KANA-BOONの谷口鮪や津田大介がSNSで紹介したことをきっかけに一気に知名度が上がりました。実体験から生み出された魂の叫びを、ギターを掻き鳴らしながら歌う伊集院の姿が非常に印象的で、その歌詞はいじめや自殺などの重い題材なものが多く、シンプルなバンドサウンドとキャッチーなメロディーに乗せて歌われています。そのメロディーを歌う伊集院の一度聴いたら忘れられない声も、聴く者に大きなインパクトを与えており、ファン定着の要因の1つではないかと考えられます。

彼女たちのおすすめの楽曲は、2016年に初の流通盤シングルとしてカセットテープによりリリースされた「カセットテープとカッターナイフ」、1stミニアルバム『大人になるのはもうやめだ』収録の「ほんとは生きるのとても辛い」の2曲。

どちらの楽曲も現代の若者達が抱える問題や苦悩を赤裸々に表現しているため非常に痛々しくて生々しいのだが、その分まっすぐリスナーの心に届き、メロディーや楽器隊の音を胸に刺さります。両曲ともMVが公開されており、話題を呼んでいます。

ファン層としてや10代や20代前半の若者層が多く、思春期ならではの悩みを抱えた方に是非聞いていただきたい楽曲が多いです。彼女ら自身も大人になるのをやめてしまったバンドと謳っているように、次世代の若者たちのカリスマ的存在になっていくのではないでしょうか。

おすすめしたいアルバムは大人になるのはもうやめだ [ みるきーうぇい ]

 

宮林愛美


[official siteより]

3人目は1990年6月1日生まれの神奈川県出身シンガーソングライターの宮林愛美さんをご紹介します。2012年11月「愛美」として音楽活動を開始してから、催事場や野外イベント、路上ライブ、ライブハウス等で精力的に活動の幅を広げて活躍されています。

彼女の音楽性としては、洋楽のR&Bやダンスミュージック等の音楽に影響を受けているため、一度聴いたら口ずさみたくなるようなメロディラインが特徴的です。ライブでも観客が思わず乗ってしまうようなリズムと歌声で親近感が湧き、それが彼女の人気の秘訣の要因の1つでしょう。いきものがかりのようなリスナーが耳を傾けたくなるようなメロディーとDreams Come Trueのような力強い歌声で、若者から年配の方まで多くの聴衆の心をぐっと掴むはずです。

また、彼女は「人間らしく生きていたいという気持ち」を根本に歌詞を書いています。そんな歌詞を彼女の歌声に乗せると、聞いている人に元気を与え、心を温かくづること間違いなしです。 歌っている時は本当に真剣な顔、目つきの彼女ですが、本来はゆったりとしていて明るいキャラクターでツイッターやMCもノリノリであることも彼女の魅力の1つです。若者から年配の方も親しみやすい実力派アーティスト宮林愛美の楽曲をみなさんぜひ一度聞いてみてください。おすすめしたい曲は第11回湘南国際マラソンのオフィシャルソングにも選ばれた「描いた花」です。

おすすめしたいアルバムはJust call my name [ 宮林愛美 ]

 

リーガルリリー


[official web site より]

リーガルリリーは、ボーカル・ギターのたかはしののか、ドラムのゆきやま、ベースの白石はるかで構成された、東京都出身の3ピースガールズバンドです。メンバー全員が1997年以降の生まれにもかかわらず、ダイナミックで壮大な音、というオリジナリティをすでに確立した2017年特筆すべきバンドです。

彼女たちの音楽性は、往年のロックンロールを彷彿させるギター・ベース・ドラムに加えた、女性らしい伸びやかなボーカルが特徴です。男性ボーカルのバンドに引けをとらないくらいの音圧で曲の最後まで我々を引っ張っていきます。また、曲の途中でリズムが変化することもあり、若干19歳とは思えないテクニックを駆使しています。もしかしたら将来、ガールズバンドではあまり見ない転調を駆使した曲を作るようになるかもしれません。そんな彼女たちの楽曲は、同じく女性のみで構成されたバンド「SCANDAL」が好きな方におすすめです。似たような雰囲気を感じる曲が多いので聴きこみやすいのではないでしょうか。

おすすめの曲は、2016年発売の1st mini album「the Post」から、「リッケンバッカー」です。先に述べたようなリズムの変化、ダイナミックなバンドサウンドなど、リーガルリリーのもつ特徴が余すことなく発揮されています。疾走感のあふれるサビは、きっとライブでは盛り上がるでしょう。比喩的な歌詞も彼女らのアイデンティティーを十分に表現している曲とも言えます。

おすすめしたいアルバムはthe Post [ リーガルリリー ]

 

マキアダチ

最後にご紹介するのは、圧倒的可愛さとパワフルさを持ちながら、ミステリアスな雰囲気を持ち合わせるマキアダチさんです。

彼女のステージはまるで芸術作品のようで、音楽を好きな方はもちろん、精通していない人にとっても惹きつけてしまう力があります。艶やかな歌声の美しいシンガーソングライターの彼女は、音楽アーティストには珍しくDTMや紙芝居を用いて独自の表現をしています。ちなみに紙芝居は、彼女が直接、ファンに元気を与えるツールでもあります。直接このような交流ができると、身近な存在に感じることができて素敵ですよね。

個性的な風貌を持つ彼女は独特な観点から音楽を発信しています。その独自の自由な世界観は、空のように、時には夕日を、時には強い雨を、時には優しい春風のように、気まぐれに自由に、その時だけの表現を私たちに届けてくれます。

ライブでも、多様な演出で聴きに来る人を飽きさせることはなく毎回楽しませてくれます。ひとりでシンセサイザーを演奏したり、打ち込みも毎回違った表現で、マキアダチワールドを堪能させてくれます。今日のマキアダチ、明日のマキアダチ、毎回違ったマキアダチを見ると、彼女のことを少しずつわかっていけるような気がして、でも複雑で難しくて、そんな彼女は魅力的で「また会いたい!」と思わせてくれます。そんな彼女のまだ隠していそうな引き出しにまだまだ期待できますし、リピーターの多い要因になっっているのではないでしょうか。
おすすめの曲は、尖った世界観のなかにもどこか90年代らしさをも感じる「MEGA GRANDMA」。バラード調でもポップ調でもある曲のなかにも個性的なエフェクトを効かせたマキアダチワールド満載の「儚き君に」です。

同世代の方にはもちろん刺激的なマキアダチワールドを楽しんでいただきたいのですが、大人の方にも、若者の精一杯の力でぶつけて完成した音楽、またそのステージを楽しんでいただきパワーをもらってみてはどうでしょうか?彼女の音楽は、きっといままで見たことのない新しい世界を届けてくれるはずです。

おすすめしたいアルバムはMAKI ADACHI [ マキアダチ ]

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

日本では、インディーシーンに限らずアーティスト全般的に男性アーティストの方が人数が多いような気がしますが、女性シンガーならではの煌びやかな声、力強い声は男声とは一味違った魅力です。この記事を機に、男性アーティスト好きのみなさんも女性アーティストを聴くきっかけとなればとても嬉しいです。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク