ソウルミュージックのおすすめアーティスト10選 力強くソウルフルなシンガーを紹介

スポンサーリンク




Lyn Collins

ファンクの帝王ジェームスブラウンのバックバンドThe J.B’sのコーラスとして活躍していたリンコリンズはソロ名義で数枚のアルバムを発表しています。
アレサフランクリンの代表曲「Think」をはじめ、往年のソウルの名曲なども多くカヴァーしている彼女ですが、カヴァーアレンジがかなり実験的要素を含んでいる編曲が特徴的で味わい深い曲を多く見ることができます。

彼女は元々コーラスと言うこともあり、歌心と言うよりもアジテーションの気が強く見られるボーカルスタイルは、James Brownの影響を強く受けているように思います。

私のお勧めするリンコリンズの名曲は「V.A」に収録されている「Fly Me to the Moon」のカバーです。アッパーで軽快なホーンセクションにベースがブンブンと鳴るファンク調の強い一曲に仕上がっており、マイナー調でクールでタイトな曲が多いリンコリンズの作風のイメージを一掃するダンスナンバーです。

 

Bobby Womack

ボビーウーマックの名盤といえば、デビューアルバムである「Fly Me to the Moon」がやはり鉄板です。ソロ活動以前はサムクックのバックバンドでギタリストとして活躍していたこともあり、挿んでくるギターリフがいちいち色っぽくて胸キュンしてしまいます。

楽曲に関してもウィルソンピケットにも楽曲提供をしていたことを作曲能力をフルに使って、
ソウルミュージックの醍醐味ともいえる、泣きのコード展開をしっかり盛り込んでくる、聞かせどころがはっきりしている曲を収録してるのをファーストアルバムの特徴です。

特に「what is this?」のアルバムバージョンはサビの後のホーンセクションが叙情的で、聴いていると自然と胸がくっと熱くなります。季節で言うなら秋に聞くと、空気の匂いと相まってよりこのアルバムの良さが引き立ちます。

 

The Commitments

アイルランドの若者たちが1からソウルバンドを結成し、解散するまでの姿を描いた映画コミットメンツの中で結成したバンドです。

実際に映画に出演俳優たちが演奏しているのがこのバンドの特徴で、全員素人の状態から練習していきながら撮影をしていくという画期的な映画の撮り方に臨んだそうで、実際に彼らの演奏を録音し、コミットメンツ名義で2枚組サウンドトラックを発表しました。

収録曲はすべてソウルの名曲のカバーであれもこれもという贅沢さに加えて、演奏面も楽器初心者の俳優たちが演奏しているとはとても思えない位の素晴らしいグルーヴが出ており、色物のイメージが強いサントラといえど侮れません。特にボーカルは上手い上に白人と思えない歌い回しを繰り出してくるので、たまげます。

 

James Carr

様々なアーティストがカバーしていることで有名な「the dark end of the street」の原曲を歌っているジェイムスカーですが、独特のこぶしが効いたハスキーな歌声は甘さと渋さを兼ね備えており、ゆったりした気持ちで陶酔できるバラードの帝王です。

同曲名がタイトルとなっているアルバムももちろん文句なしで素晴らしい作品となっていますが、私がお勧めするのは活動後期に発表されたシングル集です。アルバムになるとどの作品もまったりとした雰囲気が特徴的ですが、シングルカットされた曲のみを集めているとなると見せる表情がまた微妙に変わり、 1枚通してもさっぱりと聴けるのがおすすめポイントの1つです。

 

Otis Redding

オーティスレディングはソウルミュージックを語る上で絶対に外せない唯一無二の存在です。
オーティスの場合はライブパフォーマンスが他のどのアーティストよりも抜群に熱くさせてくれる、とんでもないパワーとほとばしる熱感までそのままに「ウイスキーアゴーゴー」での公演を丸々レコーディングしたライブ盤を是非爆音で聴いていただきたいです。

アナログ盤をヘッドフォンで聴いた日には、すぐそこでオーティスが歌っているような臨場感に、徐々にテンションの上がっていく会場、息遣いまでも手に取るように感じることができ、

アルバムも後半に差し掛かる頃には、気づかないうちにもう自分も気分はライブのお客さんの1人、客席からオーティスを見ているような気持ちになってしまうような、これぞライブ盤という一枚になっています。

 

Buddy Miles

ジミヘンドリックスのバックバンドで活躍した名黒人ドラマーであるバディマイルスは、ソロ名義ではドラムはもちろん歌も歌っていて、またこれが素敵なんです。

様々なアーティストを交えてアルバムをいくつか発表していますが、まずとっかかりとして聞くならベスト盤がオススメです。通常ベスト盤というと、あまり個人的にはおすすめできるものでは無いのですが、ドラマーであるバディマイルスの場合はベスト盤をチョイスするのもアリ、と思わせるようなしっかりとした一枚になっています。

ジミヘンやニールヤングの名曲をソウルミュージックにアレンジしてカバーしたりと、彼の人間性が出ているポップでファンキーなアプローチの曲が思いっきり堪能できる1枚となっています。

 

Eta James

 

モータウンがヒットチャートを独占してる頃、リズム&ブルースの影響を強く受けているアーティストが所属していたレーベルチェスレコードを代表するアーティストといえば、私の中ではエタジェームスです。

チェスレコードの中でもよりポップな楽曲も数多く発表しているエタジェームスの 1番のオススメのアルバムといえばアッパーな選曲に力をいれたら「Tell Mama」ではないでしょうか。

疾走感のあるハイテンポな曲のほかに、このアルバムに収録されているバラードはいわゆるエタジェームスの得意とするスタンダードジャズ風のバラードではなく、一貫してソウルミュージックの曲調に統一しているのが特徴的です。 ポップながらも持ち前の歌心でピリリとクールさも忘れない所がかっこいい枚です。

 

Ike & Tina Turner

ティナターナーの夫婦ユニット、アイク&ティナターナーからお勧めしたいのはアルバム未収録曲、映画「Soul to Soul」ために書き下ろされた曲名同じく「Soul to Soul」の一曲です。もちろん通常アルバムとして発表されている作品もとても素晴らしいのですが、それを差し置いても紹介したいぜひ聴いてほしいと思うのがこの曲です。

序盤はソリッドなホーンセクションが光る出囃子のようなテーマソング感を前面に出したハイテンションさで始まりティナターナーがまたキレッキレで踊り狂いながら進んでいくのですが、突然のブレイクに怪しいギターのカッティングが入り、土臭いリズムに突如展開していきます。

まぎれもなくソウルミュージックのはずが、あまりの唐突な展開はもはやプログレを感じるほど圧倒されてしまう飛び道具的な一曲、一聴の価値ありです。

 

サーカスフォーカス

昨年開催されたBリーグ2部の「西宮ストークス」の公式テーマソングを歌っている二人組デュオ。プロバスケットボールの試合が始まるという高揚感、熱気、スピード感にマッチングした音楽ユニットです。

ジャンルはソウルミュージクをベースにレアグルーヴ、ヒップホップのエキスがしみ込んだ新しいジャンルの音楽性。ハイカラでオシャレな神戸の風をまとったJ-POP NOVAとも言える2人組デュオであり、2017年6月に新アルバム「Hello to you」(仮称)をリリース予定です。

最近は地元神戸のFM「kiss FM KOBE」で流れる事も多くなり、今後この二人の音楽がどう進化していくか楽しみでなりません。2016年までにiTunes限定で配信されたシングルはR&B SOULチャートに全作ランクインしている今注目のユニットです。

 

平井堅

日本人離れした顔と声でどんな曲を歌っても平井堅の曲にしか聴こえない、そんな魅力をもったシンガー平井堅。彼のデビュー曲は三谷幸喜作のドラマ「王様のレストラン」のエンディングテーマ「Preciousu Junk」です。すごく声の綺麗な歌手だなと思ったのを覚えています。

そんな平井堅のアルバムの中でも特にお薦めしたいのは「Ken’s BarⅢ」です。「Ken’s Bar」ももちろん良いのですが私はⅢの方が大好きです。このKen’s Barというアルバムは平井堅のオリジナルアルバムではなくカバーアルバムです。普通はカバーアルバムだとファンは少しがっかりしてしまうのですが、ところがそれを裏切る仕上がりです。

原曲を知っているだけに感動できるのです。学校で歌った「切手のないおくりもの」や長渕剛の「順子」がこんな曲になるんだ!とびっくりするかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当ブログでは他にもさまざまなアーティストを紹介しています。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク