洋楽のガレージロックバンド10選 1980年代の全盛期からリバイバル時代の名アーティストを紹介

スポンサーリンク




The White Stripes

ガレージロックリバイバルを代表するバンドであり、ガレージロックの範疇を超えて成功を収めたバンド、ザ・ホワイト・ストライプス。1997年、アメリカにて結成、ボーカル・ギター・ドラムという最初構成ながら、ロックンロール・ブルース・カントリーなどに影響を受けたガレージロックを多数世に送り出しました。

ザ・ホワイト・ストライプスの魅力は何かと聞かれれば、「ギターボーカルであるJack Whiteのカリスマ性だ!」と答えます。それだけ、ジャック・ホワイトの存在感は大きいのです。ホワイト・ストライプスのドラムは非常にシンプル。しかし、シンプルなドラムにジャック・ホワイト独特のギタープレイと叫ぶような甲高いボーカルが絡み合うことでホワイト・ストライプスの音楽が唯一無二のものになっています。

おすすめしたいアルバムは4枚目のスタジオアルバム「Elephant」です。このアルバムはグラミー賞を受賞したことで有名ですが、ガレージロックというジャンルが世に認められたことを証明したアルバムです。ザ・ホワイト・ストライプスらしいシンプルかつエモーショナルな音楽が収録されています。おすすめの曲は”Seven Nation Army”。この曲を聴きホワイト・ストライプスの虜になった人は多いはず。

シンプルだからこそ伝わるものがある。それがホワイト・ストライプスの魅力です。

 

The Strokes

ザ・ストロークスは1999年ニューヨークにて結成された5ピースバンド。先ほど紹介したホワイト・ストライプスと合わせてガレージロックリバイバルを世界に広めた立役者として知られています。

「ストロークスはアメリカ・ニューヨーク出身のバンド」と聞くだけで「おしゃれで洗練されたサウンド」をイメージするのではないでしょうか。確かにその通りですが、ストロークスには独特のけだるさが漂っており、それが何とも言えない魅力を放っています。

ガレージロックは「キッズが家のガレージで鳴らした荒々しいロック」のことを意味しますが、ストロークスの音楽はまさにそれを体現しています。シンプルなのにかっこいい、ロックンロールの魅力をシンプルに伝えている希有なバンドと言っても過言ではありません。

また、バンドアンサンブルもストロークスの魅力の1つです。ボーカル・ギター・ベース・ドラム、各パートの要素が見事に絡み合い、それぞれの役割がよく分かるサウンドがストロークスの魅力です。

そんなストロークスのおすすめのアルバムは1stアルバム「Is This It」。このアルバムは地元アメリカよりも先にイギリスで流行ったことでも知られる最高にかっこいいアルバムです。おすすめの1曲は”Hard to Explain”。1stアルバムらしい初々しさや焦燥感が感じられる1曲です。

 

Mando Diao

マンドゥ・ディアゴは1995年結成、スウェーデンのガレージロックバンド。

今回、マンドゥ・ディアゴをおすすめする理由は、ビートルズを彷彿とさせるようなクランチの効いたヴォーカルとバックミュージックです。特に”Motown Blood”という楽曲では、敢えてヴォーカルにノイズを被せることでガレージロックの雰囲気を出し、若々しさを前面に出しているのが非常に魅力的。

彼らの「Bring ‘em In」というアルバムをおすすめします。この中に収録されている”P.U.S.A”という曲が特におすすめです。2人のヴォーカルのハーモニーと、メインヴォーカルがたまに音程を外すところがビートルズを彷彿とさせ、雰囲気を醸し出している部分は必聴。全体的にノリノリの音楽なので、いつ聞いても心地よく楽しんで聴けるところも彼らの良さです。

The Vines

スポンサーリンク