サイコビリーの名曲10選 洋楽、邦楽の代表曲をそれぞれ紹介

スポンサーリンク




Sin Is Law – Mad Sin

1987年ドイツで結成された5人編成のサイコビリーバンド、マッドシン。

2002年にリリースされた8枚目のアルバム「マッド・シン/サヴァイヴァル・オブ・ザ・シッケスト(CD)」は、キャッチーな要素を含んだサイコビリー/ハードコア・Oiパンク・メタルなどをミックスしたバラエティに富んだパンカビリーサウンドな作品に仕上がっています。まさに山あり谷ありな彼らのキャリアを感じさせる仕上がりで、ひねりや洒脱や激情や酔狂さを巧みに疾走感あるロカビリー表現に重ねている印象を受けました。

初期の作品はホラー映画などに影響を受けたおどろおどろしいアートワークに歌詞の世界観も強烈なためアクが強い音楽なのですが、アルバム収録曲の中では1曲目”Communication Breakdown”、8曲目”Psycho Sideshow”、11曲目”She’s So Bad It’s Good”などは多彩なパンクを聴いてみたいリスナー、サイコビリーを知らないリスナーにおすすめします。

 

Heart of the Night – Relentless

ヨエンスーで結成されたフィニッシュサイコビリーグループ、リレントレス。
4枚目のアルバム「A Loving Memory」は、フィンランド産ながらも痛快でモダンなパンキッシュサイコビリーサウンドに仕上がっています。彼らは2007年デビュー以降、高揚感と清涼感溢れるパワーポップのスタイルでキャッチーさと耳に残るメロディーが注目されていました。

バンドの楽器編成においても轟音ギター、タイトなドラムとコーラス、ダブル・ベースなどからやや変化はみられますが、本作はクロスオー バーに磨きがかかったRelentless独特のスタイルが確立された印象を受けます。

アルバムの全体的なイメージとしては、哀愁メロディーと熱いコーラスワークはそのままに、より洗練されたナイスなナンバーが多数収録されています。ポップなサイコビリーやポップなネオロカビリーを聴いてみたいリスナーにはおすすめします。

 

Psychobilly Freakout – The Reverend Horton Heat

1985年にアメリカで結成された3人編成のサイコビリーバンド、レブレンド・ホートン・ハート。

Sub Popより1stアルバム「Smoke’Em If You Got’ Em」がリリースされ、収録曲の中の”Psychobilly Freakout”は、ヨーロッパ勢とはまた違った感性をもっており、おすすめできます。確かにスラップバチバチのヨーロピアンサイコのようなサウンドもいいのですが、ロックンロールの本場からでてきた本物のロックンロールを感じさせつつも、パンク・ガレージロック・サーフロック・カントリー・スウィングと幅広い音楽的要素もミックスされたサイコビリーサウンドという印象があります。

彼らがアメリカにサイコビリーを浸透させたバンドと認知されているため、シンガーソングライター兼ギタリストのJim Heathは、「現代のロカビリーとサイコビリーのゴッドファーザー」の代名詞になっています。
個人的には、当時このアルバムのリリースを決定したSub Popのインディペンデント・レ コードレーベルとしての懐深さも再確認できます。
また、彼らの楽曲はビデオゲームやCMによく使用されていますので聴く機会は多いのではないでしょうか。

 

The Devil’s Son – The Creepshow

2005年にバーリントンで結成されたサイコビリーロックバンドグループ、ザ・クリープショウ。
早いテンポとSean McNab(アップライトベース・バックアップボーカル)とKristian Rowles(キーボード・バックアップボーカル)の2人からなるバックアップヴォーカルが特徴です。

初期のキャリアでは特にホラー映画やホラーカルチャー好きが高じて、自然と音楽や歌詞に反映されていましたが、中期のキャリアではオーディエンスの盛り上がるナンバーも多いです。また、キャッチーなメロディーにパンク・サイコビリー・クラシックロックで構成される音楽性でも音楽ファンを魅了しています。

4枚目のフルアルバム「Creepshow / Life After Death 【CD】」は、彼らのサイコビリー&ホラーパンクサウンド全11曲が収録されています。リードヴォーカル脱退を含むバンドメンバー交代などの苦しい時期も乗り越え、それら全てが彼らの音楽、歌詞へと反映されている印象を受けました。

また、 今作より初参加となった Kenda(ギター・リードボーカル)の歌声にも注目して新生クリープショ ーの音楽を聴いてほしいです。

スポンサーリンク