アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

スラッシュメタルの名盤10選 有名な曲を聴きたいならこれを聴け

スポンサーリンク




 

Release from Agony – DESTRUCTION

DESTRUCTIONはドイツのスラッシュメタルでもSodomなどに並んで有名なバンドですが、Sodomに比べるとボーカルも地声に近く少しキャッチ―な雰囲気があります。それでもやはり曲全体に漂うイーブルさは極悪スラッシュという言葉が合います。

その中でも私のおすすめのアルバムは1988年にリリースされた「Destruction デストラクション / Release From Agony 【LP】」です。流麗な美しいギターのソロから始まるこのアルバムは、最初のこの曲だけ聴くとまさかスラッシュメタルバンドのアルバムだとは思えません。

その中でも好きな曲が3曲目の「Dissatisfied Existence」です。とにかくギターのソロがカッコよく、そしてどこか美しさすら感じさせてくれます。

 

SOULFLY – SOULFLY

ブラジル出身の人気スラッシュメタルバンド、SEPULTURAを脱退したフロントマンのマックス・カヴァレラが結成したバンドです。曲の所々にブラジルの民族音楽が取り入れられ、今までの音楽には見られない新しい世界観を作り出すことに成功しました。

中でも最高傑作として評価が高く是非おすすめしたいのはデビューアルバム「【輸入盤】SOULFLY ソウルフライ/SOULFLY (LTD)(CD)」です。このアルバムは全編通してテンションの高い緊張感のあるサウンドになっています。その原動力になっているのは「怒り」。SEPULTURAを実弟との確執により追い出されたマックス・カヴァレラの怒りが狂気を伴って聴く者を圧倒します。

アルバム中の1曲目「eye for an eye」は曲のタイトルや歌詞もさることながら、ストレートな怒りの感情がサウンドに凄まじく表現されている名曲です。

 

ARISE – SEPULTURA

ブラジル出身スラッシュメタルの先駆者であるSEPULTURA。現在は民族音楽とのクロスオーバーを取り入れグルーヴ重視のミドルテンポな曲が増えているのですが、結成当初は愚直なまでのストレートなスラッシュメタルでした。

そんな時代のアルバム「【輸入盤】SEPULTURA セパルトゥラ/ARISE (REMASTER)(CD)」をおすすめしたいと思います。突進力のあるハイスピードなナンバーが並び、アルバム全編を通してダレることがありません。マシンガンのように連打されるツーバスと攻撃力の高いソリッドなギターサウンドが曲の緊張感を高めています。

中でもタイトル曲「ARISE」はスラッシュメタルの教科書のような楽曲で、全てがこの1曲に集約されています。ボーカルであるマックス・カヴァレラのキレそうな叫びは必聴です。

 

NIGHT OF THE STORMRIDER – ICED EARTH

ICED EARTHはアメリカ出身のベテランスラッシュ・パワーメタルバンドです。スピードと勢いが重視される従来のスラッシュメタルとは違って、メロディーラインの美しさと曲展開の複雑さが特長で、本国アメリカよりもヨーロッパでの評価が高いバンドです。

そんなICED EARTHの中でも一番有名なアルバム「Iced Earth / Days Of Purgatory (Gatefold LP Jacket)【輸入盤LPレコード】【LP2016/2/12発売】」がおすすめです。特にアルバムの冒頭を飾るメドレー「Angels Holocaust」「Stormrider」は バンドサウンドでメタリックに彩られたCarmina Buranaに導かれるようにスタートし、ジェットコースターのように激しくドラマティックに曲が展開されます。そして余韻を残したままザクザクのスピードチューンである2曲目に引き継がれます。この2曲を聴くためだけにアルバムを買ってもいいほどでしょう。是非、聴いてみてください。

 

ENDORAMA – KREATOR

ジャーマンスラッシュメタルバンド3羽カラスの一角を担うベテランスラッシュバンド、KREATOR。アメリカの同系統のバンドとは一線を画すダークな雰囲気に支配されたサウンドが特長で、そこにドイツ出身のアイデンティティー感じさせます。

数あるアルバムの中でも最高にダークな仕上がりとなっているのが1999年発売の「Kreator クリエイター / Endorama 輸入盤 【CD】」です。全体を通してゴシックな空気感を持つこのアルバムは発売当初は賛否両論ありましたが、今聴きなおしてみるとなかなかの名盤です。

特にゴシックバンドLACRIMOSAのTilo Wolffがゲストボーカルとして参加している「ENDORAMA」は、曲を通して行われる静かな男声と女声の掛け合いがダークさをより一層高めています。そこからサビに向かうに連れて暗から明へと盛り上がっていく美しい展開も素晴らしいです。

 

COUNTDOWN TO EXTINCTION – MEGADETH

スラッシュ四天王の一角を担うMEGADETH。2017年にはグラミー賞を受賞するなど名実ともにヘビーメタル界の代表的なバンドとなっています。

そんなMEGADETHのアルバムの中でおすすめなのが1992年発売の「【輸入盤】MEGADETH メガデス/COUNTDOWN TO EXTINCTION : LIVE(CD)」です。それまではどちらかというとストレートでオーソドックスなスラッシュメタルでしたが、このアルバムからかなりコマーシャルになっていきました。曲も勢いに任せたスピードチューンは姿を消し、ミドルテンポで聴かせる音楽性へと大幅に変わってきています。

中でも5曲目の「Sweating Bullets」はブレイクが多用されるという今まで見られなかったような楽曲で、MEGADETHの新しい境地を象徴する一曲になっています。

 

METALLICA – METALLICA

スラッシュメタル界のみならず多くのロックファンに認知されているビッグバンド、METALLICA。スラッシュメタルの先駆けとして活躍していましたが、バンドとしても大きな転機となったのが世界で大きなムーブメントを巻き起こしたこのアルバム「メタリカ [ メタリカ ](通称ブラックアルバム)」です。

このアルバムからそれまでの持ち味の1つだったスピードを捨て、グルーヴと重たさを重視した路線へとシフト。世界で3000万枚以上を売り上げているモンスターアルバムです。

中でも1曲目の「ENTER SANDMAN」は静かにギターから始まり、途中からドラムとベースが加わって徐々に盛り上がっていくという曲で非常にライブ映えします。この1曲がバンドとアルバムの方向性を凝縮しているといってもいいでしょう。他にもいい曲が揃った名盤です。

 

King of the Kill – Annihilator

カナダ出身のスラッシュメタルバンドAnnihilator。1984年結成のベテランバンドです。バンド自体はメンバーが目まぐるしく入れ替わり、実質的に中心人物であるジェフ・ウォーターズのソロプロジェクトに近いスタイルですが、音楽性は時代に左右されない実直なまでのストレートなスラッシュメタルでオールドファンに根強い人気があります。

そんなAnnihilatorのアルバムの中でもおすすめなのが1994年発売の「King of the Kill」です。スピードチューンにバラード、踊れるアップテンポなナンバーなどバリエーションに富んだ楽曲群で、スラッシュメタルにしてはかなり聴きやすいのではないでしょうか?

中でもタイトル曲の「King of the Kill」はザクザク刻まれるギターにバスドラの連打が絡み合って爽快です。

 

Nemesis – GRIP.INC

スラッシュ四天王の一角、SLAYERで長年ドラムを担当していた名手デイブ・ロンバートが中心となって新しく結成されたバンドがこのGRIP.INCです。タイトなドラミングと高速フレーズで定評があったデイブだけに、スピード感のあるスラッシュアルバムに仕上がっているのでは?と思われるかもしれませんが、時代の流れか大半がモダンへヴィネスの影響を感じさせるグルーヴを意識したミディアムナンバーになっています。

デイブもかなり抑えめに叩いているのでドラム中心のバンドといった感じはなく、バンドサウンドとして全体が上手くまとまっています。それでもアルバム「グリップ・インク/ネメシス 【CD】」2曲目の「Portrait Of Henry」のような高速のスラッシュチューンも入っているので、SLAYERファンでも楽しめるかと思います。

 

In The Sign Of Evil -Sodom

Sodomはジャーマン・スラッシュメタルを語る上では欠かせない伝説的存在のバンドのひとつです。中でも活動初期の頃にリリースされたこのアルバム「【輸入盤】SODOM ソドム/IN THE SIGN OF EVIL / OBSESSED BY CRUELTY(CD)」は、5曲入りのミニアルバムになっていますが、当時にこの邪悪な音は相当衝撃的ではなかったろうかと思わせる1枚です。

演奏力などは決して高くなく、若者が衝動的に音楽をやっているという熱さが伝わってきます。このアルバムで私がおすすめしたい曲は「Witching Metal」です。イギリスのVenomを感じさせるようなかすれたイーヴルなボーカルと、どこかキャッチーで軽快さすら感じるメロディーが癖になります。曲自体も3分強と短く、あっという間に颯爽と突っ走るカッコよさがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク