1980年代、1990年代のUKロックバンド10選

スポンサーリンク




Duran Duran

1978年イングランドで結成された4人編成のロックバンド、デュランデュラン。雑誌やMTVなど戦略的にニューロマンティックブームを上手く味方につけたヴィジュアル先行でイメージを確立した印象が強いアーティストです。

しかし、アレックス・サドキンのプロデュースによる1983年にリリースした3枚目のアルバム 「Duran Duran デュランデュラン / Seven And The Rag…」は全世界のマーケットをターゲットに据えたトータルバランスに優れたニューロマンティックというジャンルを象徴する作品に仕上げられています。この時代の流行を知りたい方にはぜひおすすめしたい1枚です。

アルバムリード曲は、メロディアスでダンサブルなポップチューンなサウンドに仕上げた親しみ易さを感じさせながらも、その音は凝ったものになっています。全体的にキャッチーで耳障りの良い曲ばかりですが、緻密に計算された様々な楽器が織り成すクオリティーのあるサウンドであることがわかります。

しかし、その後シングルカットされたナイル・ロジャースがリミックスを施してプロデュースした「The Reflex」、1986年リリースした4枚目のアルバム「Notorious」ではファンキーさを前面に出したサウンドがボーカルを引き立てる楽曲制作スタイルへと変化しています。

 

Kajagoogoo

1980年にレイトン・バザードでベーシストのニック・ベッグスを中心として結成されたア ール・ヌーヴォーを前身とし、ソロ活動をしていたリマールが加わる形で結成された5人編成の音楽グループがカジャグーグーです。

彼らの音楽は露骨に1980年代ブリティッシュ・ポップスの特色が反映されています。
また、カジャグーグー誕生には当時ではスーパーバンドになっていたデュラン・デュランが大きく関わっています。

1982年にリリースされた1枚目のアルバム「White Feathers」は、ニック・ローズとコリン・サーストンの共同プロデュースでメジャーデビューした作品です。
2曲目”Too Shy”は、不思議な浮遊感のあるメロディー、グルーヴィーなリズム、そこに絶妙なタイミングで乗るリマールの中性的なベルベット・ヴォーカルが印象的に仕上がっている作品なのでおすすめします。

それに加えて各楽器パートを担当するメンバーの演奏技術も高いのですが、リマールとベッグスのキュートなルックスやデュラン・デュランを意識したヘア・メイクでビジュアルイメージを作ってプロモーションを展開し、一躍アイドル・グループのように祭り上げられたため実力のわりにグループとして過少評価されていたと思います。

しかし、その後はギャラ配当でモメて解散に至りますが、ある意味で彼らがニュー・ロマンティック最後のアーティストになったと思います。

 

The Human League

ニューウェーブのブームの中、1979年にデビューしたイギリスのテクノポップグループ、ヒューマンリーグ。

一度は解散して後に再結成というパターンが多いバンドの中で、ヒューマンリーグはコアメンバーである3人のヴォーカリストを軸として1980年代、1990年代、2000年代も継続的に活動している数少ないバンドグループです。ヒューマンリーグの男性ヴォーカリストはフルメイクアップして美しく、気持ち悪さや見苦しさがないためグループのビジュアルイメージ作りに貢献しています。

1981年にリリースされた3枚目のアルバム「Human League ヒューマンリーグ / Dare 【SHM-CD】」は華やかなエレクトロポップサウンドに仕上がった作品です。アルバムの曲順・構成は意識せず全体的にキャッチーなメロディーが多く、どの楽曲もテクノ感が満載で特に3曲目”The Sound of the Crowd”のイントロ部分がシブく印象的で、アルバムからシングルカットされた10曲目”Don’t You Want Me”はダンサブルな曲調と覚えやすいサビのメロディーが魅力的なナンバーです。

低音の男性ヴォーカルと時々コーラスとして女性ヴォーカルがハモる、あるいは掛け合いというミュージカルに近いスタイルを取り入れたことでテクノポップグループの中では個性的なアーティストとして認知されています。

 

Depeche Mode

1980年にイングランドで結成された3人編成のロックバンド、デペッシュ・モード。

早くからイギリスをはじめとするヨーロッパでは人気が高かったのですが、アメリカでブレイクしたのは1980年代中盤以降(ニュー・ロマンティックブーム最終盤期)になります。 1981年にリリースされた1枚目のアルバム「【輸入盤】DEPECHE MODE デペッシュ・モード/SPEAK AND SP…」は、クラフトワークからの影響をよりバブルガムなエレクトロ・ポップサウンドで表現した音楽性と独特なマイナーコード(感覚)による陰鬱な世界観が印象的な作品です。

スポンサーリンク