ヴィジュアル系ロックバンドのおすすめ10選! V系のベテランと新鋭アーティストを紹介

スポンサーリンク




NIGHTMARE

ナイトメアは2000年から2016年まで活動したヴィジュアル系ロックバンド。2016年末をもって活動を一時休止しています。

転調を多用した疾走感あふれるメロディーライン、Aメロ~サビ~ギターソロの流れが明確でキャッチーな楽曲。
V系ロックの大御所、LUNA SEAなどの影響を受けたそのサウンドはまさにヴィジュアル系の王道です。綺麗ごとのないストレートなものや、ときに心に沁みわたるような多様性のある歌詞も魅力的。
ライブではメンバーの仲の良さそうなやり取りやトークでのおふざけもあり、キャラ萌えの要素もばっちりです。

今回おすすめしたいアルバムは、2008年に発売された「killer show [ ナイトメア ]」。
転調が多いのにもかかわらずキャッチーで、ライブでものりやすい曲が満載です。特にリード曲の”the LAST SHOW”、当初は配信限定でリリースされた”White Room”は出色です。まさにNIGHTMAREの本領ともいえる1枚ではないでしょうか。

メンバーの親しみやすいキャラクターや耳に残る楽曲は、V系ファンならずともこれからV系を勉強したい人にも最適だと思います。現在はボーカル黄泉の喉の病気により活動休止中ですが、メンバーそれぞれが別ユニットでの活動を始動・継続中。復活ライブまでに、NIGHTMAREのこれまでの楽曲をおさらいしてみてはいかがでしょうか。

 

Plastic Tree

プラスティックツリーは1993年に活動から現在まで活動しているヴィジュアル系ロックバンド。

メジャーデビューも今年で20周年目となるベテランバンドですが、結成以来一度も活動休止がなく、毎年音源を出し、ツアーが行われるなどコンスタントに活動し続けています。UKロックに影響を受けた曲調に、純文学的な歌詞が特徴で、ギタリストの演奏技術も高評価です。

現在ではメンバー全員が作曲し、楽曲はバラードからゴリゴリのロックまでありますが、オルタナティヴロックやシューゲイザーが好きな人には特におすすめです。今では初期ほどのゴシック色の強いビジュアルではなくなりましたが、独特の雰囲気の演出がなされたライブも必見。

そんなプラスティックツリーのおすすめしたいアルバムは「ウツセミ [ Plastic Tree ]」です。収録楽曲はもちろん、アートワークまで随所にこだわりが見えて、このバンドの代表作だと感じます。初回限定盤には、全収録曲の演奏DVDが付属しており、大変見応えがあります。

 

ダウト

ダウトは2006年から活動し続けているヴィジュアル系ロックバンド。

MUSIC NIPPON〜醸〜 [ ダウト ]」を代表とする楽曲群は、和風ビジュというよりも大和ビジュという言い方が似合うバンドです。海外への遠征も積極的であり、アジアの日本出店チェーンのすき家の有線で楽曲がかかっておりメンバーも感慨深かったようです(楽曲はメジャーデビュー曲、”ONE”)。そんなエピソードを時折聞くに連れ、日本文化をあまり知らないはずの外国のリスナーにも「大和魂」が通じているというのが空気で伝わってくるようです。ヴィジュアル系特有の轟音DTMてんこ盛り系に加え、ジャズの趣向の編成も完成度が高い。

2017年今季の最大イベントは全都市縦断フリーライブの募集をしていることです。たとえ数人であろうとも、応募があれば現地ライブ敢行を掲げ現在も応募を受付中。ファンクラブ入会者でなくとも購入特典など一切不要という一大イベントというのがすごいです。

 

Purple Stone

パープルストーンは2013年から活動しているヴィジュアル系ロックバンドです。

スポンサーリンク