Yogee New Wavesの歌詞まとめ

スポンサーリンク




今回はYogee New Wavesの歌詞についてまとめてみました。

Yogeeの全ての楽曲の作詞・作曲を務める角舘健悟さんですが、公の場においてもあまり楽曲に対する背景や歌詞の具体的な意味を語ることはほとんどなく、本人もリスナーの解釈に任せる、ということを話しています。

唯一(私の知っている中では)、代表曲でもあるClimax Nightでは作曲に至った背景について語っており、池袋である男女を見て曲が浮かんだといいます。
角舘さんが池袋の道を歩いていると、前に平凡な男性と美女という一見不釣り合いなカップルがいたそうです。

それを見た角舘さん、当初は少し嫉妬に似た感情を覚えたようですが、よく見てみるとその男性は目の弱い方だったようで、カップルのように寄り添って歩いてあげないと、池袋という繁華街では危ないといった状況だったようです。
真意を知った角舘さんは、そのプラトニックラブを基にClimax Nightを作詞・作曲したそうです。

そんな角舘さんですが、ライブのMCでは「僕らの曲をセッ○スしながら聴いてほしい」というちょっとよくわからない迷言も残しており、各楽曲の謎は深まるばかりです(笑)

リスナーにとって好きなアーティストや好きな曲の背景はとても気になるものであり、できれば全ての楽曲について語って欲しいという方もいるかもしれません。
しかし、知らないからこそ歌詞を自身により落とし込むことができ、自分にとっての曲の解釈や役割といったものが生まれるのではないかと思います。

インディーズバンドの中には、歌詞が見つかりづらいこともよくありもどかしさを感じる方もいるのではないでしょうか。

アーティストにとっても、自分にとっても1番良いことは、もちろんCDを購入することですが、学生をはじめアルバムを何枚も買うような余裕がない方もいると思います。
今回はそんな方たちのために記事をまとめてみました。

この記事をご覧になり、よりYogee New Wavesというバンドに興味が湧いたら、ぜひCDを買い、ライブを見に行ってみてください。

Climax night e.p.

リリース:2014年4月9日
レーベル:HATENA RECORDS / Bayon production

1. Climax Night

目が見えなくとも 姿形色が分かる
ようなことを探し求め
コーラを飲み泣きじゃくった日々よ
もう終わりなの まだ踊ってたいのに
君の中で刻むメロディー
肩抱き合い笑いあった日々よ

ああ 酷い夜のこと忘れてくれないか
もう一度だけキスしてくれないか
そんな夜さ

目が見えなくとも 姿形色が分かる
ような気がしている僕らじゃ
何も得ることはできないのだろう
もう終わりにしようよ まだ踊ってたいのかい
君の中で刻むリズムに
身を任せて自惚れていたいだけさ

2. Good Bye

僕は君が思うようなやつじゃない
そんな目をされたら 死にそうだ
少しだけ側にいさせてもらえるかい
数分たったら 消えるから

今は外に出るような時間ではない
思わず身を乗り出したらチミドロサさ
少しだけ側にいさせてもらえるかい
数秒たったら失せるから

好き勝手になじるなよ
君のファッションも
君の感性も
大事だよ

後悔の亡霊はカチコチ笑う
君たちの時間はテクテク進む
さっきはまぼろしを見ただけさ
つたない言葉でくだけちる

教会の鐘はリンドン響く

僕は君が思うような奴じゃない
少しだけ側にいさせてもらえるかい
数分たったら失せるから

後悔の亡霊はカチコチ笑う
君たちの時間はテクテク進む
さっきはまぼろしを見ただけさ
つたない言葉でくだけちる

あの娘の鞄は ヴィトンのBAG
後悔の亡霊はカチコチ笑う
君たちの時間は僕をおいて テクテク進む

3. Baiuzensen

準備中

 

4. Climax Night(Happy Telephone Remix)

Climax Nightへ

PARAISO

リリース日:2014年9月10日
レーベル:Roman Label / BAYON PRODUCTION

1. Megumi no Amen

作詞:Kengo Kakudate 作曲:Kengo Kakudate

僕ら夜汽車に乗って
どこまでいってしまおうか
荷物は何も持たずに
どこまでいってしまおうか

やりたい事やろう
楽しことないかな
この夜汽車は60年代から
休まず走ってるのさ
ぼくらは生まれてなかったんだろうな
古いものは掃いて捨てる
このちっぽけな人生に
グッドラックと言った

やりたい事やろう
楽しことないかななぁ兄弟

もっともっと近いほうで
もっともっと吐息を聞かせてよねぇ
惠みのアーメン

もっともっと近いほうで
もっともっと降らしてよ神様ねぇ
惠みのアーメン

知らず知らずに思いを乗せて走ってゆけ
惠みのアーメン

ブレイクタイムで二人は抱きしめあって
互いの匂いを確認するような仕草
右手と左手が絡みついて離れないような
気持ち祈り
ああもうはちきれて
無くなってしまうようなこの心を
誰にも邪魔されないように
二人はふざけたままでじゃれあうの

もっともっと近いほうで
もっともっと吐息を聞かせてよねぇ
惠みのアーメン

もっともっと近いほうで
もっともっと降らしてよ神様ねぇ
もっともっと近いほうで
もっともっと吐息を聞かせてよねぇ
惠みのアーメン

もっともっと近いほうで
もっともっと降らしてよ神様ねぇ
ガタゴト季節は変わる
惠みのアーメン
アーメンアーメンアーメン

2. Summer

作詞:Kengo Kakudate 作曲:Kengo Kakudate
Wanna be crazy Wanna be crazy
Wanna be crazy yeah
Wanna be crazy Wanna be crazy
Wanna be crazy yeah

ピカピカピカピカ光る
銀色のミラーボールよ
くるくるくるリと回って
夜を踊らせてる いつもの事さ

チラチラチラチラ見てる
ショートヘアーの彼女と
くるくるくるリと踊って
夜を飛び立ちたいのさ

もうじき奴らが来るころさ
チルアウトチルアウトしょうよ

I will call you name
So long time so long time baby
You will say goodbye
So long time so long time baby
いつもの事さ

Wanna be crazy Wanna be crazy
Wanna be crazy yeah
Wanna be crazy Wanna be crazy
Wanna be crazy yeah

So dope君とstepさ
するような時間sleptかい
ドロドロになるのさ
くらくらに踊るのさ

悪魔と踊る
夏の気温はいつも陽気さ
傘はどこかへ置いてきなよ
ロ々に言うよ
Wanna be crazy
赤と青と黄色と緑の混じった交差点で
君と僕たちが出会う準備ができてるのさ
くるくる踊ろう時にはビートもLow
混じろう踊ろうロ々に言うよ
Wanna be crazy

スポンサーリンク