ポストロックバンドのおすすめ10選 今聞いておくべきアーティストを紹介

今回は今おすすめしたいポストロックバンドを10組まとめてみました。

ポストロックは、インストが多く取っつきにくい側面からか一昔前までは日本では流行っておらず外国でしか評価されない音楽でしたが、最近では様々なバンドの活躍のお陰で日本でもその真価が評価されてきています。この記事では昔から評価され続けている洋楽ポストロックはもちろん、邦楽ポストロックも合わせて紹介したいと思います。

ジャンルとしてもザ・ポストロックというバンドから、エレクトロニカやアンビエント、エモ系、実験音楽系に寄り添った音楽まで、様々な種類のポストロックを集めてみましたので、誰でも楽しめるような内容となっています。ぜひご覧ください。

洋楽のポストロックおすすめ

Sigur Rós

その多幸感溢れる景色の中に連れて行ってくれ。実験的サウンドが世界を祝福するアイスランドの生んだ唯一無二のバンド、Sigur Rós

読み方はシガーロスです。彼らの楽曲は、轟音で鳴り迫るギターやまるで賛美歌のようにミニマムでシンプルな牧歌的で荘厳ささえ感じさせるような歌やメロディーが特徴。宝物が詰め込まれたようにカチャカチャと音数の多い賑やかなサウンドのものまで、多様な表情を見せます。数々の試みによって生まれてきた音が詰め込まれている、実験音楽の要素も孕んでいるポストロックバンドです。読み方は、シガーロス。

1994年にアイスランドのレイキャビックで結成、数度のメンバーチェンジを経て、現在はヨンシー・ビルギッソン(Vo. Gt. Key)、ゲオルグ・ホルム(Ba. Glock)、オーリー・ディラソン(Dr. Key)の3人のメンバーで活動しています。その音に触れているうちに彼らの出身であるアイスランドという土地が想起できます。歌姫ビョークを生んだ地でもあるこの地の匂いや景色に潜在的に触れることができるような、大きな何かに包まれている幸福感のような感覚を覚えられるでしょう。またヨンシーの語りかけるような、囁くようなボーカルは、まるで草原で聞く鳥の声のようにその楽曲という世界の中で息づく生き物の声のようにナチュラルな心地良さがあります。ポストロックや実験音楽、シューゲイザーなど様々なジャンルで呼ばれることの多い彼らの音楽ですが、シガーロスというジャンルを確立したような、世界にも唯一無二のバンドです。

全くの余談ですが「シガーロス」というバンド名は、バンド結成の日にボーカルのヨンシーの妹が生まれ、その彼女の名前からとったそうです。意味は「勝利の薔薇」。
おすすめしたいアルバムはFOREVER YOUNG::残響 [ シガー・ロス ]

Pele

今も影響を与え続けるアメリカの天才・音響系ポストロックバンド、Pele

アメリカはウィスコンシン州・ミルウォーキーというカナダにほど近い場所にて、1997年というポストロックの歴史においても初期の年代から始動。シティを感じさせるポップセンスを持ちながらも、そのどこか空気の澄んだような、水の透明度の高さを思わせるような彼らのクリアな音質・サウンドは、いつしか「音響系」「空間系」と呼ばれ、ポストロックシーンを語る上で欠かせないインストバンドの1つになりました。

耳に心地いいメロディーやリズム、バンドアンサンブルにこだわりながらも仕掛けの多い楽曲の作りや、細やかさが感じられる解像度の高いサウンドは、日本のポストロックバンドtoeにも影響を与えたと言われています。

Polyvinyl Recordsを始め、多数のインディーレーベルから音源を発売。ジョン・ミュラー (Dr. perc)、クリス・ローズノー (Gt)、スコット・シェーンベック (Ba)のメンバーを主に、多数のメンバーによって彩られたそんなpeleは、残念ながら2004年に、日本で行ったライブを最後にバンドとしての活動を終えています。しかしながら、今も世界中の沢山のバンドに彼らの残した息吹きを感じることが出来る、そんなバンドです。
おすすめしたいアルバムはザ・ヌーズ[CD] / ペレ

Elephant Gym

類稀なるバランス感覚。台湾初のニュージェネレーション・正統派ポストロックバンド、Elephant Gym

実は近年ポストロックシーンがどんどん熱くなっている台湾!そんな台湾から紹介する3ピースバンドが、Elephant Gymです。読み方は、エレファントジム

Peleやtoeの系譜を感じさせる、透明度の高いサウンドの空間系、正統派ポストロックバンド。なんですが、「角度」「平衡」といったアルバムタイトルからもうかがえる、そのハイクオリティなポップセンス。そして素朴な印象のメンバーからはうかがえないほどの超テクニカルなバンドアンサンブルで、聴く者の度肝を抜かせてくれます。

Tell Chang (Gt. Piano. Synt)、Tif Chang (Ba)、Tu Chia-Chin (Dr. Perc)の3人のメンバーにより2012年に結成。Tell ChangとTif Changは兄妹としても有名です。ユニバーサルミュージックより音源をリリースしており、2016年には日本でも、SUMMER SONICや、その関連イベントTAIWANDERFUL(台ワンダフル)に出演しています。

クリーンになり過ぎない温かみの残るバンドサウンドは、どこか彼らを生んだ台湾という地を彷彿させるかのよう。その爽やかで疾走感のあるキャッチーな楽曲に心を掴まれる、現代のジェネレーションの到来を感じさせる、要注目のインストバンドです。
おすすめしたいアルバムはELEPHANT GYM (大象體操) / 角度 【CD】

 

Battles


変幻自在・トリッキーでいながら確固たるポストロック界の反逆者、Battles

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。