日本のパンクロックバンド8選 歴史に名を刻んだモンスターバンドを紹介

スポンサーリンク




Hi-STANDARD

ハイ・スタンダードは日本のパンクロックを代表するバンドで、パンクロックを語る上では非常に重要なバンドです。
日本でもパンクバンドは80年代初期から存在していました。後に紹介するブルーハーツなどはパンクロックの知名度を上げた存在としてやはり重要かもしれません。

しかし、海外でのパンクロックバンドの活動スタイルの基本と言える、Do It Yourself(いわゆるDIY)という音楽性以上に大切な要素を真に体現して活動しており、有名となったバンドはハイ・スタンダードが最初でした。すべてを自分たちでやるというスタイルにこだわって活動を続け、海外でも成功し、ここまで知名度を上げて現在もなお活動しているという事実から考えても、現在の日本の最重要パンクロックバンドとして間違いがないでしょう。

90年代を学生として過ごした人は誰しもが熱狂したといっても過言でもないHi STANDARD。当時のインディーズバンドブームのパイオニア的な存在だったHi-STANDARD、通称ハイスタをオススメしたいです。1990年代では様々なインディーズバンドが流行り、現代のように楽曲のダウンロードが主流ではなかったため、音楽リスナーはCDを買いまくり音楽を聴きまくっていました。

その中でこのハイスタはメジャーレーベルのような巨大な力を借りずに実力だけで売れたバンドです。曲調としては、疾走感がありメロディアスなパンク、それまで聴いたことのない激しさ。

このハイスタは一度解散して最近はほぼ活動はしていませんが、現在でも大型フェスなどにたまに出演しています。90年代を生きた人の青春の代名詞になるバンドです。ハイスタに捨て曲は一曲もない位どの曲も聴きやすくカッコいいです。

数あるアルバムでオススメしたいのは「MAKING THE ROAD」です。この中に入ってる曲は全てパンク好き以外でも聴きやすく万人受けする曲ばかり。特に「Stay Gold」という曲はハイスタの代表する曲で非常に有名でおすすめできる曲です。ハイスタ知らない人でもテレビのBGMでたまに使用されたりしてるから聴いた事あるかも知れません。ハイスタを聴けば嫌な事やストレスも吹っ飛ぶと思うので是非聴いてみてください。

 

THE BLUE HEARTS

ブルーハーツはおそらく日本のパンクバンドとして一番知名度があるバンドでしょう。そのメジャーすぎる活動から、パンクロックといえるのかという問題もまたあるのですが、パンクロックの存在を知らしめたという意味ではその功績は非常に大きいです。

ブルーハーツの登場前までは、パンクロックはアンダーグラウンドな存在でした。しかし、ブルーハーツは違いました。テレビにも多く出演したことも大きいですが、何よりも支持されたのはその楽曲のすばらしさです。

シンプルながらすぐに覚えられるポップでキャッチーなメロディ、素直で分かりやすい歌詞は若者の心を掴むのに時間はかかりませんでした。その後、似たようなスタイルのバンドを量産してしまったことやパンクロックのメジャー化の功罪はありますが、ブルーハーツが本格的なパンクロック好きになるきっかけを作ったという点では評価されるべきだと思います。

その中でもおすすめのアルバムは「THE BLUE HEARTS」。
一番パンクロックらしい曲は、リンダリンダ。過去に類をみない歌詞は、現在までに様々なアーティストに影響を及ぼしています。

この歌詞は、ひとつの芸術作品として昇華し、今まで理解のない人達には、うるさいだけの音楽として認識されていたパンクロックの概念を覆してくれました。今、問題視されている格差社会に対する疑問を、当時から投げかけていました。若者だけではなく、年配の大人にも受け入れられた稀有な楽曲です。

スポンサーリンク