ヴィジュアル系ロックランキングTOP10 有名なV-ROCKアーティストを紹介

10位

DELUHI

デルヒは2006年から2011年まで活動した日本のヴィジュアル系ロックバンドです。

元々はヘヴィメタル畑出身の4人組バンド、デルヒ。惜しまれつつも2011年に解散しましたが、その演奏力の高さとヘビーでメロディアスな楽曲はV系だけでなく多くのファンに支持されていました。特にギターのLedaは新世代のギターヒーローとしても注目されており、ギター雑誌でも特集が組まれるほどの実力でした。

そんなデルヒの一番のおすすめアルバムはベスト盤として解散直前に発売された「LIVE : VANDALISM [ DELUHI ]」。活動の集大成として発売されたこの作品は、楽曲の多くがリマスター、リレコーディングされ、音質的にもとてもレベルの高い仕上がりになっています。元々シングル曲のみでの発売が多かったデルヒだけに、発表された楽曲の多くが網羅されているこのアルバムは初めてデルヒを聴くという人にもお勧めできる内容です。

 

9位

黒夢

黒夢は1991年、岐阜県にて結成されたヴィジュアル系ロックバンド。2015年に解散しています。

今回、黒夢でオススメしたいアルバムは「tour feminism PART 1 [ 黒夢 ]」。まずジャケットの写真の画期的。それまでのヴィジュアル系と言えば、ロングヘアーに黒尽くめの服、素顔がわからない位の濃いメイクがお約束でした。しかし、このアルバムのボーカル・清春は短い髪に白い服、メイクも薄めとそれまでの彼のイメージをひっくり返しました。ベースの人時も肩辺りまで髪をバッサリ切っています。

楽曲も、それまでのおどろおどろしい閉ざされた暗い世界観から、甘く切ない耽美なもの、パンクを感じさせるものなど、リスナーが受け入れやすい形へ変化しています。また清春特有の、ビブラートを効かせた歌い方をよく活かした楽曲が多く、非常に聴きごたえがある楽曲ばかりです。

発売から20年以上経ちますが、今でもリスナーに支持されている黒夢ファンお気に入りの一枚です。

 

8位

メガマソ

メガマソは2006年に活動を開始したヴィジュアル系ロックバンド。ポップロックやダンスロックを得意としています。

ヴィジュアル系ロックバンドで大事なことといえば、声とルックス、そしてそのバンド独自の雰囲気かと思います。今回紹介するメガマソは、ボーカル・インザーギの安定して綺麗な高音の声、ギター・涼平の男性とは思えない徹底した女形ぶり、ベース・Gouの飄々としたミステリアスな雰囲気。三者三様の個性が見事に溶け合い、メガマソ独特のメタファーを多用した歌詞をバラードからハードロックまで幅広い音楽に乗せてリリースしてくれるのがメガマソです。まさに、ヴィジュアル系ロックバンド特有の雰囲気といえます。

そんなメガマソのおすすめアルバムは「M4U [ メガマソ ]」です。このアルバムにはメガマソの魅力がギュッと詰まっています。メガマソ独特の歌詞は一度聴いただけでは意味がはっきりと取れないことが多いのですが、何度も聞いているうちに「あ、そうか!」と分かる瞬間が来るかと思います。この歌詞の意味が分かった瞬間はメガマソの世界に本当に入れた気がして、何だか嬉しくなります。「M4U」は比較的、メガマソの世界に入りやすいアルバムなので、初めてメガマソに触れる人にオススメです。

 

7位

MUCC

ムックは1997年に茨城県にて活動を開始したヴィジュアル系ロックバンドです。

2017年に結成20周年を迎えたムックが2016年に発売したミニアルバム「T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997- [ ムック ]」。ムックといえば昔は密室系と呼ばれただけあって暗く陰鬱な楽曲が多かったですが、20年のバンド活動を経て様々なジャンルの楽曲を自分たちの色に染め、音楽の幅を広げてきました。ヴィジュアル系で括ってしまうのは勿体無い程です。

このミニアルバムはタイトルがTRENDYというだけあって、1990年代を彷彿させるようなメロディをムックらしく料理した、懐かしいけど新しさが感じられるムックらしい一枚になっています。30歳以上の大人なら一枚を通して遠い日の自分を思わず回顧してしまうのではないでしょうか。最後の曲”TONIGHT”は圧巻です。

6位

DIR EN GREY

スポンサーリンク