ポストロックの名盤10選 洋楽も邦楽もあわせて紹介します

スポンサーリンク




今回は往年のポストロックシーンを代表する名盤を10作品まとめてみました。

日本のポストロックから世界のポストロックまで、王道と呼ばれるポストロックからエレクトロニカに寄り添ったもの、実験音楽的なものまで様々な形のポストロックバンドを集めたので、まだポストロックを聴きはじめたばかりという方から聴きなれている方まで楽しめるかと思います。ぜひ最後までご覧ください。

 

TNT – Tortoise

能ある鷹は爪を隠してこんなジャケットにしちゃう。全く隙のないポストロック史に残る名盤

ドラムだけでこんなに囁くように歌えるの…?と驚いている間に、心地よい自然な音に飲まれ、どこまでも運ばれ、まるで森林浴をしているような気分になるほどの表題曲『TNT』に始まる本作。トレードマークはメンバー、ジョン・ハーンドン(彼はイラストを手掛けるアーティストとしても活動しています)がレコーディング中に描いたという落書きが採用された、脱力したようなリラックス感あふれまくる絵のジャケットです。

なんですが、内容自体は全くゆるくなく、静かなるプログレッシブというか、シンプルな音ながら隙のない楽曲構成、油断しているうちに遠くまで運ばれていくような曲展開、ジャンルの印象がコロコロ変わる様々な実験音楽的要素など、ポストロック史に残る名盤です。
個人的には、3曲目「Ten-Day Interval」は、スティーヴ・ライヒかと思うようなミニマル感が神がかっており、必聴です。またその後の4曲目「I Set My Face to the Hillside」の、気だるさがあるマカロニウエスタンの一場面のような、アルゼンチンタンゴを思わせるような展開から始まりいつの間にかまたミニマルに収束していく流れはマジで鳥肌ものです。かと思うと直後の5曲目「The Equator」ではいきなり近未来感のある打ち込み系の音になったりと、もう裏切られまくります。しかもアルバムを通して、聴けば聴くほど、すごい…と発見がありより好きになっていくという、本当に困ったアルバムです。
またレコーディングにおいても、コンピューター上に録音し音編集ができるPro Toolsによる録音が採用されて(今ではメジャーですが、リリース時の1998年という時代には先進的なチャレンジでした)いるという、ありとあらゆる意味においても金字塔的要素の強い1枚となっています。

「TORTOISE / TNT (CD)」の収録曲や評価はこちら

 

Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust – Sigur Rós

光のもとで感じる喜び、祝福の讃歌

邦題は「残響」。それまでが、例えるなら闇を見つめた先にあらわれる光のような、誰もの中に内在する普遍的で個人的なテーマを感じさせる傑作であったとすれば、このアルバムでは、そこから外に出て、風に揺れる草に触ったり、虫や鳥のさえずりを感じたり、誰かと手を繋いで草原を駆けたり…。というように、外の太陽の光のもと、ここに在る喜びを歌っているかのような印象です。「他者」の存在がきちんとあり、聴いている私たちも祝福されているのを感じられるような素晴らしさ、彼らがここまで全世界的なポップ・アイコンになるきっかけになったアルバムだと感じています。

また、洋楽であっても本題のまま発売されることがほとんどになった中でも、アイスランド語は我々日本人からは読み方の見当をつけるのも難しいため、「残響」という邦題が採用されています。
生きていることの儚さと力強さの讃歌のような1曲目と2曲目を聴くと、このバンドのことが好きになります。また、さらっと聴いていると気づかないまま過ぎていきそうなのですが、11曲目の「All Alright」は、バンド史上初めて英語で歌詞の書かれた曲です!

そして、今や全世界からラブコールを送られる写真家になった、ライアン・マッギンレーを世に知らしめたジャケット写真とPVも必見。お互いの描き出す世界が美しく共鳴した素晴らしいコラボレーションです。

「Sigur Ros シガーロス / Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust: 残響 【CD】」の収録曲や評価はこちら

Lift Your Skinny Fists Like Antennas to Heaven – Godspeed You! Black Emperor

壮大で静粛な物語りが、胸に灯をともしてくれるよう。類い稀なこのバンドの傑作

このアルバムに収録されている彼らの楽曲は、全て20分前後。もはや「一曲」のくくりにできないくらいの長さで、友達には勧めにくいほどの長さです。なのでオススメの曲は?と聞かれると彼らの事を説明するのが難しいのですが、名盤は?と訊かれるとまずオススメしたくなるのがこの人たち、Godspeed You! Black Emperprです。

アルバムを通して聴いた時に、よく言われる表現ではあるものの本当に一つの映画を観たかのような感動があります。これ1枚が1つのロードムービー。また彼らは、その活動のほとんどにインタビューやグッズ販売などの商売気を出さず、音源とライブのみに活動を集中する姿勢を貫いています。修道士のようなストイックさです。

ポストロック界の中では轟音系とカテゴライズされるその楽曲は、鍵盤やストリングスのようなギターやドラムの音、サンプリングの声などで構成され、静かに自分と向き合うようなトーンから、UFOに連れて行かれるようなノイズ音、時に楽団のような壮大なスケールで演奏されたりと、とにかくレンジが広いです。癒されるとか感動するとか言った言葉でははるかに収まりきらないような、圧倒的な音楽体験ができます。かえって眠れなくなるけど、時間のあるとっておきの日に、ベッドサイドでゆっくり音を浴びて欲しいような一枚。聴き始めたが最後、もうスイッチを切るタイミングはありません。

また一度聞くと印象的で忘れられない彼らのバンド名は、なんと日本の映画のタイトルから取られたものだそうです。国境やジャンルを超えての出会いに感謝。シンプルながらイメージのピンと伝わってくるアルバムジャケットも美しいです。ザッピング時代になった今だからこそ、是非聴いていただきたい一枚。なんせ、1時間27分あるのに4曲しかないという、凄まじさに息を飲む構成です。オススメ?もはや全曲です!

「【輸入盤】Lift Your Skinny Fists Like Antennas To Heaven [ Godspeed You Black Emperor ]」の収録曲や評価はこちら

Take Care, Take Care, Take Care – Explosions In The Sky

とっつきにくいと思っていたのに、好きになっちゃいそう。

轟音系、というととっつきにくそうなイメージですが、彼らの紡ぎ上げる音には優しさやヒューマニティが溢れています。本作からはそのクリアなサウンドに乗って、そのバンド名の通り空をも突き抜けていきそうなエモーショナルさと、日常を愛でる気持ちがない交ぜになっている印象を受けます。

そんなこのアルバムのもう一つの見どころは。どう言ったらいいのかよくわかりませんが。なんと、CDの紙ケースを組み立てるとお家になるんです!!外側にも、内側にも描写が描きこまれた、立方体のお家に。そしてその真ん中にCDがちょこんとおさまる入れ物になります。轟音系と言われている、いかつそうな彼らが何でこんなにかわいいCDケースを作っちゃったのでしょう?彼らのことがよりいっそう好きになってしまいそうです。

前作から4年の時が経ち作られたこのアルバムのタイトルの「Take Care」は、「さようなら」の意。そして組み立てられた家の中に収められる音源。想像やイメージは膨らみ尽きませんが、惜別と覚悟と愛しさのようなものが感じられるこのアルバムは、やはり彼らの活動の歴史の中でもマイルストーンになると思います。
愛の込もったキスの嵐を受けるような3曲目「Trembling Hands」、静かなカントリー調のギターから入り、途中でしなやかに起伏し、また静けさに帰っていく4曲目「Be Comfortable, Creature」、そしてそこからクライマックスに向かう5曲目「Postcard From 1952」は、是非聴いていただきたいです。

「Take Care Take Care Take Care / Explosions In The Sky」の収録曲や評価はこちら

Car Alarm – The Sea and Cake

この音を通して見ると、日常もそのままで意味のあるものになる

どこかクールなバンドサウンドに、ボサノバのように囁くようなボーカル。とても聴きやすく、どんな場面にも邪魔にならずBGMになる、春風のような優しさと心地よい緊張感のあるドラマチックさ。とはいえ、毒にも薬にもならないかといえばそんなことは全くなく、ふと、自分がここに存在していることの重力だとか、心の中にずっと置いていたままで忘れていた何かが微笑みかけてくるような気分になる。そんな不思議な感覚になる、実は凄まじく実力派なんじゃないか?と思える名盤です。

The Sea and Cakeといえば、2000年に発売された「Oui」もこのバンドの真骨頂を見るような名盤なのですが、それから時を経て2008年に発売されたこのアルバムは、より楽曲の粒立ちや、アルバム全体を貫く心地よいテンポ感、サウンド作りにメリハリが感じられ、個人的には好き1枚です。爽やかな幕開けの1曲目「Aerial」、メジャーコードとマイナーコードが波のさざめきのように入り混じり、織り成す風景の美しい5曲目「Car Alarm」は特にお聴きいただきたいです。

車の中、ゆっくりと過ごしたい休日の朝、何か作業を頑張りたい時、心に何もアイディアが浮かんでこない時、あらゆるシーンで人生の味方になってくれるような、オススメの一枚です。

「CAR ALARM[CD] / ザ・シー・アンド・ケイク」の収録曲や評価はこちら

Young Team – mogwai

グラスゴーのヤングチームが世界的な大御所インストバンドになるまで

今やポストロックシーンの枠を超え、世界的インストバンドとして知られるmogwai。そのはじまりの、デビューアルバムとなったのが本作です。もしこれが、外を歩いていて野外で聞こえてこようもんなら、何か大変なことが起こっているのではないか、今すぐ駆けつけて、見逃してはいけないのではないかという気がしてしまいそうな、今聴いても新鮮さとセンセーショナルさに溢れたアルバムです。そうでありながら彼らの音楽には、ああそろそろだ、さあ、行くぞ!と思っているうちにドカーンと盛り上がりが来る、ある種のキャッチーさやポップセンスがあり、それがインストバンドであっても多くの人々に受け入れられる要素としてあると思うのですが、そんな変わらない彼らのセンスもすでに感じられます。

ジャケット写真に採用されたのは、なぜか日本と思われる「富士銀行」とデカデカと書かれた看板のある風景。一体どうしてなんでしょうね?

緩やかな音の流れに身を任せているうちに、一番星を掴みに行くように音の高みに運ばれている1曲目「Yes! I Am a Long Way from Home」、大胆不敵な不穏さから始まり、彼らの代名詞のような轟音の渦の中に叩きつけられるような圧巻の2曲目「Like Herod」、朝日が昇っていく靄の中を、期待を込めて堂々と歩んで行くような10曲目「Mogwai Fear Station」は是非聴いていただきたいです。

「Mogwai モグワイ / Young Team 輸入盤 【CD】」の収録曲や評価はこちら

the book about my idle plot on a vague anxiety – Toe

1stアルバムにしてすでに最高傑作。日本のポストロックシーンに残る名盤。

このアルバムは、とにかく1曲目が始まり、全く質感の異なる2曲目に入る流れが、もう最高に格好良いです。これでもう、細胞の裏側までギュッと掴まれてしまうはず。とてもナチュラルでもあり、何回も聴きたくなる心地良さがあるので、まず聴いてみてください。

まるで彼らの森林の中に足を踏み入れたような、湿度や奥行き、そこに住まう生き物の気配も聴こえてきそうな、クリアでぬくもりのあるサウンドに、耳から広がり五感が刺激されていきます。ファーストアルバムにしてこの完成度、自分たちとその音楽というものをはっきりと打ち出した、日本のポストロックシーンにおいて金字塔のような名盤です。そして彼らの音の気配が一目で理解できるような、シカのアップのジャケット写真もとても象徴的。

toeを代表する名曲の一つ、2曲目の「孤独の発明」10曲目の「メトロノーム」の後半に突如現れる、原田郁子の声(歌、というより本当に声、という存在感)は必聴です。またこのアルバムにおいて重要な序章である 1.「反逆する風景」の声は、SHAKKAZOMBIのオオスミによるもの。ゲストアーティストの参加の仕方の贅沢さ、彼らの声も音として完全にこの一枚の中に融合しているかのような一体感も、見事です。

「the book about my idle plot on a vague anxiety [ toe ]」の収録曲や評価はこちら

sezession – mouse on the keys

確かな宣言を持って世界と向かい合う。コンパクトでいながら完成度の高い一枚。

その曲の構成や叙情的な物語性から、彼らの代表曲の一つであろう 1.「最後の晩餐」。ロシアの作曲家の既存曲を、よりジャジーに大胆に彼ら流にカヴァーした、クールでスタイリッシュな 2.「toccatina」など、4曲入りのEPであるものの、mouse on the keysというこのバンドの魅力が引き出されている、充分な内容になっている1枚です。

ゲストミュージシャンにサックス奏者の根元潤氏を迎え、音に広がりを増し、緊張感がありつつも生音と電子ピアノの組み合わせが優雅ささえ感じさせる3曲目「RaumKrankheit」からの流れも、迫力があります。1st音源でありながら完成度の高い1枚です。またドラムの川崎昭氏はもともとハードコアの出身だそうで、言われてみれば彼らの楽曲から感じられる美学のどこか確固たるストイックさは、そこに由来するのかもしれません。
タイトルの「sezession」とは、セッションの意味なのかな?と思いきや、19世紀末にドイツ・ウィーンで興った、過去の様式と決別し新しい在り方を目指した芸術・文化活動の呼称だそう。ジャズやクラシックの格調高さをどこか残しながらも、アヴァンギャルドに音の地平を切り拓いて行く、彼らの姿勢の込もった1枚です。

最新アルバム「the flowers of romance [ mouse on the keys ]」の収録曲や評価はこちら

第五作品集『無題』 – downy

彼らにしか出せない、激しさと柔らかな叙情性の音の雨

downyには、彼らに出せない世界観があります。和製レディオヘッドとでも言いたいような、激しさと繊細さを感じさせるサウンドに、降りしきる音の雨を浴びるようなリズム。そこに、色彩を含んで浮かぶような、ユニセックスな美しい日本語のボーカルが特徴です。洗練され狙いすまされた感じがないのに、どこかナチュラルに「和」の雰囲気を感じさせてやまない、日本のバンドの中でも稀有な彼らの代表的アルバムです。

本作は、9年もの活動休止期間を経て発売された、まさに彼らにとって息を吹き返すきっかけになったようなアルバム。ちなみに、彼らのアルバムのタイトルはもれなく全て「無題」なので、第◯作品集と振ってあるナンバーで見分けることになります。また名盤紹介というこちらのコーナーで触れることができない内容で恐縮なのですが、このアルバムから正式なメンバーとしてVJが加入されています。(最近でこそレギュラーメンバーに映像担当がいるというバンドも増えてきていますが、日本においてはその先駆けのような印象です)聴いているだけで色彩や風景が浮かんでやまないような彼らの音楽ですが、映像を持って作品のパーツが完成するというのもとても興味深いです。

個人的には、サウンドの静けさとボーカルの対比、歌詞の美しい4曲目「下弦の月」、様々な音のレイヤーが見事に構築された7曲目「春と修羅」、ドラマチックなリズムと溶けるようなサウンドにうっとりしたくなる9曲目「燦」がおすすめです。曲のタイトルにも、日本文学が好きな人は思わず反応してしまうような、彼らの美学を感じさせます。

最新アルバム「第六作品集『無題』 [ downy ]」の収録曲や評価はこちら

Heartstrings – serph

溢れて止まらない高鳴り。新しい世界の扉を開くときには、きっとこんな音がする。

serphの楽曲を聴いていると、その電子音や鍵盤で構成された音はキレイなのに、一種の凄みのようなものが感じられます。そこには喜びだけでなく、悲しみや憤りや、様々な感情にろ過され、キラキラとした結晶のようなものだけが力強く残っていくような、そんな感覚になります。

この「Heartstrings」は、彼のキャリアにおいて3番目のアルバムで、作曲・プログラミングのみならず、リミックスにマスタリングまでserph一人の手によって手がけられました。そんな風に一人の人間の胸の中であたためられていたものが、期待を持って世界へ触れていく象徴のようなタイトルがふさわしい、まさに心の琴線のような珠玉の音たちです。無理に言葉にしようとしなくても、自然と外に向かって音が溢れてやまない、そんな瑞々しいパッションを感じます。

まさに扉が開くような始まりの曲「Luck」、光が当たったところから種が一気に発芽し花が開いていくように、物語の加速を感じさせる2曲目「Shine」、繊細で豊かな音色が、星のきらめきを感じさせるような10曲目「Stardust」は特に聴いていただきたい曲たちです。

聴いているうちに、自分の中に内在されていた感情やファンタジーが、この現実の世界と繋がっているものだと感じられるような、素晴らしい1枚です。

アルバム「vent [ Serph ]」の収録曲や評価はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。
近年、ポストロックというジャンルも多様化しているように思えます。ダブステップやエレクトロニカ、プログレ、ジャズ、シューゲイザーなど、この曲のジャンルはなんなんだ?と思ってしまうような曲が増えてきています。また、日本のポストロックというとボーカルがないインストの楽曲が多いですが、海外のポストロックではボーカルが乗っている楽曲が少なくありません。そういった意味でもポストロックの中にまた様々な音楽が含まれているということができます。また、これだけ多種類の音楽がリリースされているということは、それだけポストロックがピックアップされている証拠ともいえるでしょう。比較的流行した8.90年代に比べて2000年代ではその人気が落ち着いたポストロックですが、スウェーデンやアイルランドなどの北欧地域を中心に火が再びつき、その影響は日本でも感じることができます。余談にはなりますが、私自身ポストロックのカバーバンドにてギターを担当していたこともありましたが、ポストロックは他のジャンルより難解と感じていました。コード進行も難しく、楽曲の雰囲気を演出するためのエフェクターやギターなどの機材は安いものではチープな音になってしまい、ポストロックの味が出ないのです。だからこそプロミュージシャンの偉大さを思い知り、そこからまたポストロックにのめり込むこととなりました。ロックサウンドは多少荒々しくても、そのバンドの個性として認められるかと思います。しかし、ポストロックはそうもいかないのはないでしょうか。曲全体の進行や展開、各楽器の音作りやバランスはもちろん、一音一音の細部まで拘りぬいた音楽がポストロックです。多くのリスナーを魅了するポストロックを皆さんも味わってみてはいかがでしょうか。

この記事ではまだ物足りない!という方は下の記事をご覧ください。おすすめのポストロックバンドについてまとめています!

http://indiesmate.com/postrock/japan

ポストロックバンドのおすすめ10選 今聞いておくべきアーティストを紹介

スポンサーリンク