日本のサイコビリーバンド8選 ラスティックシーン・スカシーンを生きたグループを紹介

スポンサーリンク




HOBBLEDEES

1989年に長野県で結成した3人編成のロックバンド、ホブルディーズ。

2011年にリリースしたフルアルバム「HOBBLEDEES/NO LOVE,NO HAPPINESS 〜愛無き者に幸せは無し〜 【CD】」は、日常に一石を投じたような歌詞、哀愁を帯びたヴォーカルにパンク、スカ、サイコビリーなどを融合させた曲調とメロディーのルーツはアイリッシュ・トラッドという音楽スタイルがラスティック・ストンプサウンドに仕上げています。

また、楽器編成にアコーディオンなど伝統的な楽器を取り入れたり、曲調とメロディーのルーツからザ・ポーグスの音楽性と共通性があります。

2曲目”Twin Peaks”、8曲目”Old Brown Tree”はサウンドだけ聴くと、バグパイプの音色が染み渡った陽気な演奏にスコティッシュ・カントリー・ダンスのような心が弾む舞曲をイメージさせます。一方、3曲目”あかね雲”、4曲目”海へと”、10曲目”満月”は日本のフォーク・ソングをイメージさせる歌心と哀愁に満ち溢れたバラードが印象的でおすすめします。

特に”満月”はアコースティックバージョンにアレンジしても良作に仕上がりますが、ヴォーカルの声質はエレファントカシマシのヴォーカルが理想的です。

 

CLASSIC CHIMES

1990年に前身となるバンドSWING THE MARTINを結成後に一度は解散に至りますが、クラシックチャイムスとして再結成した7人編成のバンドグループです。

2005年にリリースした4枚目のアルバム「CLASSIC CHIMES/WANDERING CHIMES BOOGIE 【CD】」は、アイリッシュ・トラッド、ブルーグラス、ラスティック、スウィング・ジャズなどをクロスオーバーさせたオリジナリティーなサウンドに仕上がっている作品です。

アコーディオンをはじめ、マンドリンやバンジョーなど各楽器の繊細な動きが美しいメロディーとなって作品の世界観を引き立てており印象的でおすすめします。

11曲目”A DROP of the IRISH”は、サウンドだけ聴くと映画「タイタニック(1997)」でジャックとローズが踊るセット・ダンスの3等船室のパーティーシーンをイメージさせます。しかし、メロディーは別として曲のモチーフは「祝典」で中世西洋とルネサンス時代のケルト音楽をオーケストレーションでアレンジしたBGMでもクリエイティブな作品にはなります。イメージは“庶民が集うバル”です。

 

The CHERRY COKE$

1999年に大田区で結成された6人編成のバンド・グループ、チェリーコークス。

初期のキャリアではOi!、サイコビリー、ラスティックなどのアンダーグラウンドの枠の中で音楽を楽しんでいますが、中期のキャリア以降はメンバーチェンジを経て多様な音楽的要素を取り入れて音楽性を拡げています。

スポンサーリンク