おすすめのグラインドコアバンド10選! 国内外で活躍するバンドを紹介

スポンサーリンク




Napalm Death

Napalm Death(ナパームデス)は、イギリス出身のグラインドコアバンドです。1981年から活動しているバンドで、今なお活動しています。数多くのアルバムをリリースしていますが、

その中でもおすすめのアルバムは、1988年にリリースされた”FROM ENSLAVEMENT TO OBLITERATION”というアルバムです。とにかくグラインドコアって何?という人に聴いてほしい基本中の基本なアルバムです。ローファイなサウンドなので好き嫌いが別れるかもしれないですが、エモーショナルに突っ走るそのサウンドはまさに元祖グラインドコアと言っても過言ではありません。

何を言っているのかわからないボーカル、劣悪な音質、少しパンクミュージックを感じさせる軽さなど、古き良きグラインドコアを聴かせてくれます。

 

Brujeria

グライドコアの中でも聞きやすく、耳に残る極悪なギターリフと疾走するブラストビートがとても刺激的。読み方は、ブルヘリア。スペイン語で妖術という意味です。NAPALMDEATHのメンバーも在籍しているバンドでアルバムジャケットはどれも極悪。
タコスとマチェーテを持ってヘッドバンギングしたくなるリズムです。

おすすめのアルバムはブラストビートが聞きたいなら1st「Matando Gueros」極悪ギターリフを堪能したいなら2nd「Raza Odiada」、3rd「Brujerizmo」がおすすめです。
その他にもメンバーチェンジを経てたくさんのシングルもだしており、メンバーとしてCarcassのメンバー、ジェフリーウォーカーも参加しています。メンバーは全員覆面で招待を公表していないが、調べるとすぐわかります笑。

メロディーが非常にキャッチーなのでグラインドコアファン以外にも勧めることができる楽曲が多いのがブルヘリアの特徴です。

 

Jig-Ai

日本ではあまりなじみの無い東欧チェコ出身のバンドです。読み方は、ジガイ。
このバンドの面白いところは、バンド名からもわかる通り、メンバーが日本カルチャーのファンであるところ。今までリリースされたデモと1st、2ndアルバムのジャケットには、日本のアニメ風キャラのグロテスクな絵が描かれています。

そんなJig-Aiのアルバムで特におすすめなのが、1stアルバム「BULLDOZER COMMANDO」。とにかくグラインドコアの基本である下水管から聴こえてくるようなゴボゴボしたゴアボイスで全編攻めたててきます。かといって、注目すべきはボーカルだけでなく、バックの楽器隊もしっかりとカッコいいリズムを刻んでおり、一辺倒の飽きる曲ではなく、きちんとメロディに起伏をつけたセンスある曲になっています。

 

Anal Cunt

スポンサーリンク