スムースジャズのおすすめアーティスト9選 時代を超えたレジェンドを紹介

スポンサーリンク




Grover Washington Jr.

スムーズ・ジャズの父としても知られ、ジャズ・フュージョン界を代表するアメリカのサックス奏者です。残念ながら1999年に56才で逝去されています。

おすすめは、1980年発表の「Winelight」。彼のサックスが最高にメロウな響きを聞かせてくれます。数あるアルバムの中でも代表作の1枚といえるでしょう。
キーボードのリチャード・ティーのやさしい音色やギターのエリック・ゲイルの泣けるギターが奔放なサックスとも心地よく絡み合い、このとても洗練された音の流れに、心が癒されること間違いなしです。

精神的にまいっている時などに、夜遅く一人で一杯やりながら、物思いにふけり、これまでの人生を回想しながら彼の音楽を聴いてみると、一時の至福の心地よさに包み込まれ、そのまま眠りについてしまう。そんな大人の子守唄のようなアルバムです。

 

ジャズ・フュージョンのサックス奏者であるグローヴァ―・ワシントン・ジュニアは、スムース・ジャズの父と呼ばれ、パイオニアとしても有名です。

お勧めのアルバムは1982年リリースの「Winelight」。サックスとワイングラスに光が反射する、アルバムジャケットの写真が大人っぽさを強調しています。全米トップ10入りも果たしています。5曲目収録の「クリスタルの恋人たち」は大ヒット、グラミー賞まで受賞するほどの名曲となりました。

ジャケット写真の様に、お酒を飲みながら聴くのはモチロンですが、リラックスしたい時などに最適です。アルバム中どれも素晴らしい名曲ばかり。スムース・ジャズを聴くなら、まずこの一枚を。必ず聴いておきたい作品です。

 

Kenny G

Kenny Gはアメリカのサックス奏者。
スムース・ジャズの分野で活動し、主にソプラノサックスを奏でますが、アルトサックス、テナーサックス、ウインドシンセサイザーなどを演奏することもあります。

憂愁に満ちた悲しいメロディーを奏でたり、ハッピーで甘いメロディーを奏でたり、五感をいろんな感覚でメロディーとして表現してくれます。多分、抜群のセンスを持っているのでしょうが、あまりひけらかすことなく、さりげなく淡々と演奏してくれます。

おすすめのアルバムは1992年に発表された第6作の「Breathless」です。ビルボードのチャートでも上位にランクし、商業的にも成功したアルバムです。彼の癒しのテクニックが随所に盛り込まれている佳作。

朝のコーヒータイムでも、昼のティータイムでも、夜のドリンクタイムでも最高にリラックスできるアルバムとなっています。

 

Pat Metheny

アメリカのジャズギタリストで自らの名前を冠にしたPat Metheny Groupのリーダーでもあります。ジャズフュージョン、スムースジャズ界の最高のギタリストの一人として名を馳せています。彼はピックを親指と中指でつまむという独特の持ち方で演奏します。心地よい良質なサウンドは我々を暖かく優しく包み込んでくれます。

おすすめのアルバムは1987年に発表した「Still Life」です。
全部の曲がとにかく美しく響き、心にしみわたってきます。全部が美しいのに、ちょっとずつ違う美しさを奏でてくれるので飽きることがありません。何度聴いても同様の透明感が広がります。

スポンサーリンク