UKロックの名盤10選 イギリス音楽をつくりあげたアルバムを紹介

(What’s the story) Morning Glory? – Oasis

オアシスは1991年にイングランド、マンチェスターにて結成、2009年に解散するまでUKロックを索引し続けた伝説的なロックバンドです。

今回紹介する「モーニング・グローリー [ オアシス ]」の中でも名曲”Don’t Look Back In Anger”をオススメします。オアシスのファーストアルバムではゴリゴリしたギターロックが売りでしたが、この曲ではイントロのピアノや壮大なメロディーなど、オアシスらしいギターサウンドも盛り込みつつ壮大なアンセムとして誰にでも親しみ易いメロディがあります。本国イギリスではほとんどアンセムのように定番化しています。

この曲はソングライターのノエルがヴォーカルのリアムに歌わせずに本格的に自分でメインヴォーカルを取った曲です。解散後に公開されたドキュメンタリー映画でリアムが、こんなにいい曲を俺に歌わせないなんてと怒ったことが、その後の兄弟げんかの原因になっていることがわかりました。この騒動が、ゆくゆくは解散に繋がる不仲を引き起こしたと言っていたのは皮肉なものです。そんなエピソードを抜きにして名曲です。

 

Parklife – Blur

ブラーは1989年イングランドにて結成、現在も活動を続けているロックバンド。1990年代のUKのオルタネティブロックを代表するバンドです。

オアシスと並ぶブリットポップの代表的バンド、ブラーの代表作「パークライフ [ ブラー ]」の中でも12曲目のクローバー・オーバー・ドーヴァーというバラードがおすすめです。このアルバムは全体的に楽しい曲と地味な曲のバランスが取れており、これは地味な小品の部類に入りますがひずんだギターのリフ、どこか悲しいけれど覚え易いメロディーが美しくいかにもイギリス的な曲調です。

タイトルもクローバーとイギリスのドーヴァー海峡のオーバー(向こう)と、わかり易い英語からクローバー・オーバー・ドーヴァーというタイトルが選ばれていてそれが曲中でも連呼されています。韻を踏んでおり聞き心地が良く、行ったことないけれどイギリスのどこか曇って物悲しい海を連想することができます。

 

Fire and Water – Free

フリーはイギリスのロンドンにて1969年に結成されたロックバンド。活動期間は短かったものの当時のUKロック、現代の音楽界に多大な影響を与えています。

当時20代そこそこの若者とは思えない激シブで勢いのあるUK発ブルースロックのバンドのサードアルバム「ファイアー・アンド・ウォーター +6 [ フリー ]」。

オススメはやはりシングル曲の”オール・ライト・ナウ”です。ゴリゴリしたギターリフと、弾むベースライン、ドラム、後にクイーンのボーカルも務めたポール・ロジャースの小節の利いたソウルフルなボーカルが聴き所です。途中ベースソロや夭逝したポール・コゾフの強烈なビブラートのギターソロなど、短い曲なのに聴き所がたくさんあって何度聴いても飽きません。

4ピースバンドでそれぞれの音が立っていて奇跡のバランスを感じます。名曲だけあってその後いろいろなバンドのカバーバージョンがありますが、どれもこのオリジナルの持っている躍動感にはかないません。ブルースでありながら、まるで演歌のような歌いまわしなどから、イギリスや日本で人気なのにブルースの本場アメリカでは今ひとつなのもわかる気がします。

 

Parachutes – Coldplay

コールドプレイは1997年、ロンドンにて活動を開始したオルタナティブロックバンドです。

紹介するアルバム「パラシューツ [ コールドプレイ ]」、アルバム全体に漂う暗く退廃的なイメージは現在のコールドプレイの明るく大衆的な作風とは大きく異なります。ここ近年の作品からファンになった人から見れば音楽性や作風に戸惑ってしまう人も多いでしょう。

クリスマーティンの屈折した心の闇や繊細なコンプレックスが大きく感じられる反面、その中に突出したソングライティング能力が感じられます。最後の”Everything’s Not Lost”は繊細なギターサウンドとクリスの儚い歌声が、後半のバンドサウンドの力強さを引き立てる隠れた名曲です。

最初は「暗いな」と退屈に感じる人もいますが、アルバム後半にはジャケットのように暗闇の中から一筋の光が見えてくるような希望感や温もりを感じられる作品です。

シンプルですが人生で何度も聴き直したい、安らぎも希望も感じられるアルバムかと思います。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。