UKロックの名曲9選 絶対に聞くべきイギリスの音楽を紹介

スポンサーリンク




Creep – Radiohead

レディオヘッドはイギリスにて結成されたオルタナティブロックバンド。1991年に結成され現在でも活動を続けています。

Creep”という曲はレディオヘッドと言うUKロックバンドのまさに代表曲と言われる曲です。収録アルバムは「【輸入盤】パブロ・ハニー(リイシュー) [ Radiohead ]」一時は”Creep”と言えばレディオヘッド、レディオヘッドと言えば”Creep”とまで言われ、そのイメージを払拭する為に最近まで9年間ライヴで演奏されていなかったと言う程人の心を掴んでしまう名曲です。

レディオヘッドは英国を代表するロックバンドとして長く活躍しており、日本でもフジロックフェスティバルやサマーソニックなどの有名大型ロックフェスに度々出演する日本人にも人気のバンドです。”Creep”は女性を遠くから愛しているんだけどなかなか近づけない、ちょっと情けなくて切ない男心が歌詞になっており、その美しいメロディーとサビ前の何かを訴えかける様な印象的なギターは聴く人をすっかり虜にしてしまう魅力があります。

一度聴いたら決して忘れられないUKロックの名曲です。

 

Stockholm Syndrome – Muse

ミューズはイギリスのイングランドにて結成されたオルタナティブロックバンド。1994年から現在も活動を続けています。

Stockholm Syndrome”はロックの格好良さと激しさ、そしてクラシック音楽的な美しいメロディーラインを合わせ持ったUKロックの名曲です。収録アルバムは「ミューズ/アブソルーション(CD)」。また、この曲のアーティストであるミューズはロックやクラシック音楽をはじめとした色々な音楽の要素を取り入れ、独自の鮮烈で美しい世界観の音楽を作り出し、グラミー賞にも何度もノミネートされているUKロックを代表するバンドの一つです。

特にこの曲にはハードロック特有の破壊的で衝動的な強さがあり、その中で時折現れる抒情的で神秘的なメロディーが曲全体を包み込む様に存在しています。ミューズの曲の中でも特に激しさと美しさのバランスが良く、全体的にとてもドラマティックでシャープに仕上がっているので、一聴の価値のある素晴らしい曲になっています。

 

Sometimes – My bloody valentine

マイブラッディバレンタインはアイルランド出身、イギリスにて活動しているオルタナティブロックバンド。1984年結成、1度活動休止しましたが現在は活動しています。

ベースとギターによるぶ厚いノイズの隣でアコースティックギターが奏でられ、その奥で儚くか細い声が聞こえてくる楽曲、”Sometimes”。収録アルバムは「My Bloody Valentine マイブラッディバレンタイン / Loveless 【CD】

マイブラッディバレンタインと言えば、シューゲイザーというジャンルの立役者であり、轟音のノイズサウンドの奥に、甘いメロディと囁く様なボーカルが特徴です。その音からはまるでヒリヒリと傷心した心の揺れ動きを表しているかのようです。

今回取り上げる”Sometimes”という曲はフラれた男がウジウジして色々考えている、という内容の歌詞。既にこの曲を聴いたことがある人でも、歌詞の内容を知らないという人もいるのではないでしょうか?

歌詞だけ読むと女々しさ全開ですが、音が合わさると、急に共感の波に引きずり込まれてしまいます。なるほど、こういうことを表現したかったのか…。と、感心しながら聴くことができるでしょう。

UKロックといったら、と考えるならばこの曲は上がることはないかもしれませんが、確実にUKロックを代表する曲かと思います。

スポンサーリンク