インディーズバンドのライブを楽しむために知るべき情報とは

スポンサーリンク




音楽好きの皆さんこんにちは。

皆さんはインディーズバンドのライブには行きますか?

ある程度有名になったバンドであれば、チケットぴあやe-plus等のチケット販売サイトにてライブ情報に関するページが掲載されますが、あまり知名度の高くないインディーズバンドはそんなこともできません。

また、インディーズバンドのライブチケットが入手できたとしても、メジャーバンドのライブとは全く雰囲気が違います。ライブのキャパシティ(規模)も違いますし、盛り上がり方も異なります。初めて行く人や1人で行く人は様々な不安があると思います。

今回はそんなインディーズバンドのライブに関する様々な豆知識をお伝えしたいと思います。ライブへの不安点や疑問点を解消し、楽しいライブ生活を送っていただければ幸いです!

 

 

インディーズバンドってどうやって活動を拡げていくの?

そもそも全く有名でないバンドはどのように知名度を上げていくのでしょうか。何パターンかに分けて解説したいと思います。

 

不特定多数に音楽を聴いてもらえる、路上ライブ

まず昔から採用されている知名度の上げ方として路上ライブがあります。

東京では新宿や渋谷、大阪では大阪城公園や大阪駅が有名ですね。路上ライブはライブハウスに比べ低コストパフォーマンスで多くの人に聴いてもらえる非常な有用な手法といえます。ストリートあがりの有名アーティストもいきものがかりやゆず、コブクロ、YUIなど名立たるアーティストが多いです。路上ライブの許可さえ取れればある程度好きに、お金をかけずに音楽をすることができるでしょう。

路上ライブのデメリットとしては、バンド編成のアーティストには向かないことでしょうか。上記であげたストリート上がりの有名ミュージシャンからも分かるように、路上ライブでは弾き語りや小規模編成のアーティストに向いています。バンドの場合、大きな音は出せませんし、まず機材の用意が非常に面倒です。そういった意味では全てのインディーズアーティストにとって有用な手法とは言えないでしょう。

 

今も昔も最も主流、ライブハウス

もう1つ今昔関わらずオーソドックスな手法、ライブハウスです。ライブハウスは路上ライブとは異なり、全てのアーティストにとって有用です。

このやり方はご想像がつくとは思いますが、ライブハウスにてライブを開催し、リスナーに自分達の演奏を見てもらうといった手法です。インディーズバンドでは、1回のライブを複数のバンドと共に創りあげることが多いです。いわゆる対バンという方式で、3時間ほどのライブ時間を30分~1時間ごとに区切り様々なバンドが出演します。

理由としては単純で、1つのバンドでは集客能力がないからです。集客能力がないということは、ライブハウスに払う報酬(ノルマ)を自己負担することになるので、無名バンドは基本的に対バン方式を採用しライブ活動を行います。

ただし、どのライブハウスでもお金さえ払えば出演させてもらえるわけではないでしょう。例えばシンガーソングライターとハードロックバンド、王道ポップス系バンドのようなジャンルが全く違うバンドに対バンをさせてもお客さんは途中で帰ってしまいます。ライブハウスとしては、ライブチケットだけでなくドリンクも収益となりますので、これではライブハウス側のメリットは減ってしまいます。

また、メリットがないのは出演アーティストも同じです。アーティストとしてはライブに出演することで、自分達を知ってもらいたい、CDを買ってもらいたい、という気持ちがあります。果たしてハードロック好きな人がシンガーソングライターの楽曲を好きになるでしょうか?可能性としてはとても低いのではないかと思います。よって、ライブハウスとしてもアーティストとしても戦略的にライブを開催する必要があります。

では、どのようにライブは開催されアーティストは有名になるのでしょうか。順序としては以下の通りです。

  • アーティストが様々なライブハウスに音源を渡す。
  • そのアーティストに適するイベントあれば呼ばれる。(ブッキングと呼ばれます)
  • 数回のイベントを通し、ライブハウスやアーティストに気に入られる。
  • 自分達を軸としたイベントが開催される。他アーティストの自主企画ができるようになる
  • 対バンツアーが開催できるようになる。

ざっくりとこのような順序でしょうか。

対バンツアーが開催できるような知名度であれば、集客能力もCDの売れ行きもまずまずのバンドに成長しているのではないかと思います。さらに、アーティストとしての知名度が上がれば、ライブハウス側がアーティストに課すノルマも減っていくケースが多いです。

理由としては、自分のライブハウスから有名人を輩出してライブハウスとしての知名度をあげたいからです。以前同様にノルマを課せば、アーティストはもっと優遇してくれるライブハウスに流れてしまいます。これは、ライブハウスとって望んだ形ではありません。

しかし、まだまだ「音楽で食っていける」域には達してはいません。例を出すならば、キュウソネコカミのVo.ヤマサキセイヤさんは、数年前に川崎で行われたフェスBAYCAMPのMCにて「明日はバイトやあああ!!」と声高らかに話していました。2017年現在は分かりませんが、フェスに出演できるようなバンドでも音楽だけでは生きていけない、ということになります。この事例を考えると、ライブ活動のギャラは思ったより少ないことが予想されますし、ライブのギャラのみで生活することはまず無理でしょう。

アーティストの詳しい収入事情については、「インディーズバンドの収入について」にてしています。
話が少し脱線してしまいましたが、ライブハウスでの活動の詳細は以上となります。

以上、2パターンの広報活動を紹介してきましたが、近年ではライブハウスや路上ライブを活発的に行うバンドは以前より減りつつあります。理由としては、1回のライブハウスでの集客人数なんてたかが知れているからです。有名でないアーティストにとっては1回のライブで30人も集められたら万々歳です。アーティストとしては嬉しい話ですが、現実問題効率が悪すぎます。路上ライブも同じくです。海外では、ストリートミュージシャンは比較的に受けいれられる傾向にありますが、日本はそうでもありません。

路上ライブで人だかりを集めているアーティストを見たことがあるでしょうか?集めているといっても2.30人が限度かと思います。日本では、多く集客しすぎてしまっても通行人や警察から嫌われてしまいます。

では、路上ライブとライブハウス以外にはどのような手法があるのでしょうか。

 

現代版リスナーの集め方、WEB集客

路上ライブとライブハウスでの活動が減っている理由はWEB集客が台頭したからでしょう。

YOUTUBEやSoundCloud、ツイキャス、最近ではインスタライブも取り入れているアーティストも多いです。WEB集客により成功したアーティストとしてAwesome City Clubが挙げられます。彼らはデビューするまで音源発売やライブ活動をほとんどせず、Sound Cloudに楽曲をリリースし続けることで知名度を上げた稀有なアーティストです。これらのWEB集客の利点は主に2点考えられるでしょう。

1点目は拡散力です。SNSが普及している現代では自分が思っていることをすぐに拡げることができます。SNSでのメリットはリスナーが主体的に行動してくれる点でしょう。友人がツイートやリツイートをしている時、それを見る人の中では「○○が聴いているなら俺も聴いてみようかな」という心理が働きます。これは路上ライブとは大きく異なる点でしょう。

特にYOUTUBEでは、楽曲だけでなくミュージックビデオ(MV)として総合的に評価が為されます。アーティストとしては負担が増えるとも考えられますが、裏を返せば良いMVを作れれば、認知度も上がるという考えもできます。

2点目は反応が得られる点でしょう。アーティストは自身がリリースした楽曲のフィードバックをより多角的に得られる時代になりました。YOUTUBEやツイートはもちろん、ツイキャスやインスタライブではリアルタイムで反応を得ることができます。ライブ配信では、アーティストと気軽に交流ができるので、リスナーとしてもファンに昇華しがちです。Twitterでは音楽アカウントを作成する人をしばしば見ることができますが、シンガーソングライター系のファンにその傾向が強いのは、ツイキャスの影響が大きいことが考えられます。

 

地域別インディーズバンドが集まるライブ会場

こちらでは、インディーズバンドがよく集まるライブ会場を地域別に紹介していきます。

東京、下北沢SHELTER

東京といえば、言わずもがな流行の発信地として知られています。インディーズバンドが栄える地としても新宿や渋谷、高円寺、池袋等、様々な場所にライブハウスが点在していますが、その中でもバンドマンの聖地として知られるのがこの下北沢でしょう。バンドマンとってもこの地域が人気である理由は、その立地からと考えられます。都心からそう遠くはないのにも関わらず比較的家賃が安く、お金があるわけではないバンドマンにとっては嬉しい街です。

そんな下北沢でも有名なライブハウスがこのShelter。1991年10月オープン、キャパシティはオールスタンディングで250名、料金は2,500円程。広すぎない会場はアーティストにとって第一の関門であり、バンドマンの中にはSHELTERでワンマンライブを敢行することを最初の目標とすることも少なくありません。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやASIAN KUNG-FU GENERATION、BUMP OF CHICKEN等の誰もが知る有名なバンドマンがこの下北沢で育ったと言われています。

 

大阪、梅田Shangri-La

インディーズバンドが集まる地として有名なのが大阪。関西近辺で活動するアーティストが一同に会します。その中でも梅田に焦点が当たる理由は大阪の中心地であること、交通の便の良さ、立地の良さからでしょう。

大阪でも一際有名なライブハウスが梅田Shangri-Laです。2005年8月オープン、キャパシティは400名、料金は2,500円程、天井のシャンデリア、真っ赤な壁面が非常に印象的です。ライブハウスとしては収容人数が少々多いですが、演台が通常よりも高く設定してあるため後ろからでも比較的眺めがよく多くの人が楽しむことができるような内装を実現しています。最近の関西出身のアーティストといえば、全員が使用したのではないかというくらい有名なライブハウスで、先ほど紹介したキュウソネコカミやKANA-BOON、ミドリ、水曜日のカンパネラが出演していました。

 

北海道、札幌COLONY

北海道のアーティストも忘れてはいけません。GLAYやthe pillows、DREAMS COME TRUEを輩出しています。地元愛が強いアーティストが多く、度々地元にてライブ活動を行っているのを見受けられます。

札幌といえばそんな北海道の中心地であり、地方都市の中でもかなり活気づいた街といえます。そんな札幌にて有名なCOLONYというライブハウスですが、キャパシティは200名、料金は2,500円程。収容人数、料金共にリスナーにとってもアーティストに近い場所で見ることができ、かつ安いといういい意味でオーソドックスなライブハウスです。サカナクションやGalileo Galileiなど札幌出身のバンドマンは絶対と言っていいほど使用しているライブハウスです。

 

愛知、名古屋MUSICFARM

東京と大阪の間にある名古屋、ツアーとして2都市と共に名古屋開催が敢行されることも多く、名古屋現地のインディーズバンドを含めて多くのアーティストがいます。

そんな名古屋のおすすめライブハウスはMUSICFARM。1989年オープンの老舗ながら、出演するアーティストのほとんどはインディーズバンドです。キャパシティは180名、調金は2,000~2,500円程。ライブハウスといえば繁華街の少しはずれにあることが多いですが、

MUSICFARMは住宅地のど真ん中で轟音を鳴らしています。出演アーティストのジャンルは様々で、黒夢などの有名バンドが元々ライブしていたことでも知られる名古屋の登竜門的ライブハウスです。

 

福岡、LIVEHOUSE DRUM

最後は福岡。西で音楽が活発な地域と言えば大阪と福岡です。最近ではロックやパンクが福岡インディーの流行ですが、今後の福岡の音楽シーンにもより一層注目したいですね。

福岡でのおすすめはDRUMというライブハウス。DRUMは福岡を中心に7店舗程を構えるグループです。LOGOS、Be-1、SONは中でも有名で、連日インディーズバンドとそのリスナーで賑わっています。今回はBe-1の紹介を少ししたいと思います。Be-1はキャパシティ300人、料金は2,500円程と、売れ始めのインディーズバンドにはちょうどいいキャパとなっており、ここでのワンマンを目指して活動を行う福岡出身のインディーズバンドも少なくないでしょう。オールジャンル全てのバンドを受け入れているため、地元の方は逐一スケジュールをチェックしたいところです。

 

インディーズバンドのライブに参戦する上での豆知識

最後に、インディーズのライブに参加する上での豆知識、心構えについてお伝えして終わりたいと思います。

チケット

まず、1番気がかりであろうチケットについて。冒頭で記載した通り、有名でないアーティストはチケット販売サイトにて取り扱ってないことがほとんどです。これは、インディーズレーベルに属していないことやチケット販売サイトへの手数料の影響と考えられます。では、どのようにチケットを入手すればよいでしょうか。

最も無難な入手方法は、オフィシャルホームページからでしょう。どんなアーティストでも自分のホームページを作りたくなるものです。そこにはライブ情報が記載されているはずですので、そちらで入手しましょう。また、最近では公式Twitter等でDM(ダイレクトメール)を送れば取り置いてくれるバンドもあります。HPが分からないようであれば、思い切って連絡してみるのも1つの手です。

一方、入手方法としてあまりよくないのは当日販売です。当日販売では少し割高になってしまう他、目当てのアーティストの収益に還元されないといったデメリットがあります。ライブハウスで活動されているアーティストのほとんどが「ノルマ」というものがライブハウス側から課せられています。これは出演するために最低限売らなければならないチケット枚数であり、この枚数を下回ると自己負担となってしまいます。さらに多くの場合ノルマをクリアすることができれば、そのチケット収入の何割かがギャラとしてアーティストに還元されることとなります。当日販売では、アーティストには還元されない場合がほとんどですので、上記のような方法を使ってチケット取り置きをしておいてもらいましょう。

 

服装

次に服装です。これは正直なんでもよいのではないかと思います。私観にはなってしまいますが、あまり埋め尽くされていないライブでモッシュなど騒いでいる場面に出くわしたことがありません、、。

メジャーバンドでも言えることですが、人に寄るのではないかと思います。騒ぎたい、体を動かして応援したい、という方は軽装にタオルを装備すればよいと思います。そうでなければ私服でも全く問題ないでしょう。こればっかりはアーティストと皆さん自身に寄るので、友人や掲示板、SNSをご参考にされるのが良いと思います。

 

時間

だいたい3時間ほどが1回のライブの総時間となりますので、その時間を出演アーティスト数で割れば目安の時間が分かるかと思います。多くの場合、バンド1組の時間はだいたい30分~1時間が通例です。出番の30分前から会場入りすれば問題ないでしょう。アーティストの公式Twitterに正確な時間が記載されていることがほとんどですので、チェックしてみてください。

 

差し入れ

たまに聞かれる質問、差し入れ。アーティストの人気度合にも寄りますが、受け取ってもらえることが多いのではないかと思います。肝心の渡し方についてですが、2パターン考えられます。

1つ目は、直接渡す場合です。インディーズバンドのライブ後には、フロアでお酒を飲みながら歓談するときがあります。バンド通し、リスナーとバンドの交流がこの時行われますが、直接渡したいのであれば、このタイミングが適切かなと思います。しかし、行われるかそうでないかはライブが終わってみないと分からないので注意が必要です。本番前に楽屋に伺うことは極力避けたほうが良いでしょう。

2つ目は、スタッフに仲介を頼む場合です。こちらの方が現実味があるのではないでしょうか。開演後ではスタッフはPAやバーのドリンク出しに追われることとなるので、会場から開演のタイミング、またはそれより前に渡せると良いでしょう。

どちらにしても、差し入れをされて不快に感じるアーティストはいないと思いますので、果敢に色々な方法を挑戦してみましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、インディーズバンドのライブに関する情報を紹介してきました。
気付いたら好きなバンドのライブが終わっていた、ライブが初めてでどのように振る舞えばいいか分からない、よくある疑問だと思います。

そのようなことが少しでも解消され、ライブを楽しめれば幸いです。

スポンサーリンク