UKロックが生み出したファッショントレンドを徹底分析

スポンサーリンク




いつの時代も音楽とファッションはお互いに共鳴し合い、時代のトレンドを創造してきました。70年代のパンクロック、グラムロックブーム、それに続くニューロマンチックなど、常にイギリスは音楽、ファッション、サブカルチャーの発信地として時代の中心にいました。こうしたブームやスタイルは、一部の突出した感性の持ち主達から生まれ、ミュージシャンやアーティスト達から大衆へと伝わっていったのです。

2016~2017年コレクションでは、煌びやかなグラムロックコレクションが再び注目を浴びました。ファッショントレンドは時代を反映しながら繰り返し再生されていくのです。

ここでは、イギリス産のUKロックと時代のファッショントレンドを紹介していきます。

 

ロンドンのストリートから生まれたモッズファッション

1960年代はロックシーンの創世記とも言えます。1960年初頭からのビートルズに続き、イギリスからはローリングストーンズザ・フーなどロック・ミュージックの歴史に残るバンドが次々と生まれました。戦後生まれの若い世代のベビーブーマーが街にあふれていた時代。英国・ロンドンでは労働者階級の若者達を中心にスィングロンドンと呼ばれる、ファッション、音楽などを中心にしたカルチャー革命が起きていました。

そんな時代、音楽とファッションが共鳴し合いながら若者に根付いていったスタイルがありました。それがモッズ族(Mods)だったのです。

そのスタイルは、男性なら細身の三つ揃えスーツ、ミリタリー仕様のモッズコート、そして欠かせないのがスクーターでした。彼らは足となるスクーターで、当時朝まで営業していたカフェバーに集まり、ジュークボックスから流れる音楽を聴きながらお喋りをし、踊り、朝を迎えました。

モッズ(Mods)の語源は、モダン(Modern)なジャズファンだったと言われていますが、彼らが好んで聴いていたのが、マーヴィン・ゲイスモーキー・ロビンソンといったR&Bやソウルミュージック、そしてプリンス・バスターを始めとするブルー・ビート系のジャマイカン・スカなどでした。その後、ブームの広がりと共に、国産のバンド、The Rolling StonesThe WhoSmall FacesThe Kinksなどが聴かれるようになりました。

 

UKロックを代表する人気二大バンドもモッズスタイルで登場!

当初ロッカーズスタイルであったビートルズもモッズブームに乗っかり、モッズスタイルでデビューをしています。デビュー当時のビートルズの衣装は、モッズの間で当時流行っていたエドワーディアン調の襟無しスーツを、ソーホーに店があったダギー・ミリンズに特注したものでした。

引用:http://blog.atomretro.com/2016/03/the-beatles-style-guide-part-two-1962_13.html

まるでシャネルスーツのような襟無しのスーツは、後にビートルズスーツと呼ばれられるようになりました。彼らが履いているブーツは、チェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)の先を更に尖がらせ、踵を足したもので、ビートルズブーツと呼ばれています。

ヘアースタイルは、クリーンカットでまだ短め。1960年代、日本にも上陸したマシュルームカットという丸みのあるボブスタイルを流行らせたのはビートルズです。

引用:https://www.nytimes.com/2016/11/10/fashion/rolling-stones-fashion-icons.html

1962年デビューのローリングストーンズもR&B、ソウルミュージックをベースにしたサウンドで、当時のモッズ族に人気を博していました。

ストーンズのデビュー時の衣装もこれまたモッズの定番となったスーツ。ストーンズはこの後のサイケデリック、ヒッピー、グラムロックとブームの火付け役となり、ロックスターのスタイルのイメージを創り上げていきます。

 

モッズ・メンズスタイルをチェック!

モッズの男の子の三種の神器は、細身の三つ揃えスーツミリタリー風のモッズコートスクーター。スーツの下にはボタンダウンに細いネクタイ。スーツの上にモッズコートを羽織り、ベスパのスクーターに跨る。そして、フレッドペリーのポロシャツも定番の一つでした。

スクーターはライトやミラーなどでカスタムナイズし、走るときはグループでフェイスと呼ばれる者がV字のトップに位置しグループをリードして走ります。

引用https://www.nytimes.com/2016/11/10/fashion/rolling-stones-fashion-icons.html

当時のモッズコートは、M-51という1950年代に米軍が使用していた「PARKA SHELL M-1951」というパーカーの払い下げで、スクーターを乗るのに欠かせないアイテムでした。

モッズコートは今もカジュアルコートとして人気があり、1990年代を中心に活躍した英国の国民的人気バンド、オアシスのリアム・ギャラガーもモッズコートを着用しています。

 

モッズ・ガールズのスタイルをチェック!

モッズの初期、女の子は黒のセーターやパンツルックなど男性的なスタイルが主流でしたが、後期にはカラフルで鮮やかでフェミニンなものに変わっていきました。後期は、ミニスカートの登場を機に一変します。ミニスカート自体は以前から存在しましたが、この頃、マリー・クアントのミニスカートが世界中の女性から人気を博し、1967年には『ミニスカートの女王』と称されたモデルのツイギーも来日し日本でもツイギー旋風を引き起こしました。

引用:http://www.messynessychic.com/2015/07/07/londons-lost-department-store-of-the-swinging-sixties/

また、身体にフィット感のあるミニワンピースにブーツ、またはパンタロンと呼ばれたパンツルックが人気でした。

引用:http://www.fashion-pictures.com/blog/twiggy-top-model-1960s/

世界中の女の子の憧れのもとであったモデルのツイギー。彼女の影響でボーイッシュなショートヘアーも流行しました。アイメークはアイライナーや付けまつげで目元をはっきりと強調。

 

その他モッズ最盛期のバンド紹介

The Who

ロジャーダウトリー率いるThe Whoは1964年にデビューしたモッズカルチャーを代表するバンドの一つです。1969年にはロックロールとオペラを融合させたアルバム『ロック・オペラ/トミー』をリリース。ロックオペラというジャンルを確立しました。

Small Faces

モッズを代表するバンドの一つで、1965年にデビュー。世界的には評価が低いバンドでしたが、本国では、モッズの歴史には欠かせないバンドの一つ。シングル曲「シャ・ラ・ラ・ラ・リー」「オール・オア・ナッシング」など全英でヒットを飛ばしており、ファーストアルバムの「スモール・フェイセス +13 [ スモール・フェイセス ]』では全英3位を記録しています。

The kinks

1964年、ディヴィス兄弟によって結成されたこのバンドは、多くのジャンルの音楽、多くのミュージシャンに影響を与えたバンドです。彼らの最大のヒット曲となった「ユー・リアリー・ガット・ミー [輸入盤] / ザ・キンクス」は、モット・ザ・フープル、ヴァン・ヘイレン、メタリカなど、長年に渡り多くのバンドにカバーされています。

 

モッズ映画もチェック!

お薦めのモッズ映画はこれ!

1960年代初頭のロンドンを舞台に若者たちの葛藤を描いた作品。1979年公開の『さらば青春の光』は、The Whoの『四重人格』(1973年)をベースに製作されました。ダンスパーティー、薬物使用、スクーター、ロッカーズたちとの対立など、当時のモッズのライフスタイルが見事に描かれています。元ポリスのスティングもフェイス役で出演しています。

 

ロックの黄金期に生まれたサイケデリック・ヒッピーファッション

1960年代後半~1970年代にかけてのブリティッシュロックシーンは最盛期を迎えていきます。1960年代にはジャズやブルースなど、異なるジャンルと融合しブルースロックやフォークロックが生まれ、1960年代末期にはサイケデリックロックというジャンルが生まれました。

サイケデリック・ロックは、当時アメリカ西海岸の若者に蔓延していたLSDなどによるドラッグの幻覚を体現したものとされます。それがヒッピー・ムーブメントと共に世界中に飛び火しました。

ヒッピーの「ラブ&ピース、自然に帰ろう」というコンセプトは、自然回帰の動きが広まりました。

そんな時代に生まれたのがサイケデリックロック。1960年末の全盛期には、その後ハード・ロック界をリードすることになるLed ZeppelinDeep Purpleが、プログレッシブロックの代名詞的存在となるPink Floydが、サイケデリックロックでデビューしています。また既に人気バンドの地位を確立していたビートルズやローリングストーンズもこの頃サイケデリックな曲を発表しています。

 

サイケデリック、ヒッピーファッションチェック!

引用:http://ego-sum-requiem-aeternam.tumblr.com/

サイケケデリック・ヒッピーファッションの特徴は、ヒッピーの自然回帰の精神がベースにあります。例えば、ペイズリー柄は生命の根源や霊魂などのイメージしたもので、サイケデリックの象徴的な柄でした。一部のストイックなヒッピーは、ファッションとは無縁な人達で、ナチュラル志向が強く、髪はナチュラルに伸ばし、時には裸で生活をしている人もいたくらいでした。それが、ミュージシャンやアーティストらによって、一つのファッションスタイルとして広がっていきました。

花柄や原色を使った派手な色彩のもの、光沢のある生地を使ったもの、東洋や近東などから影響を受けたエスニックものなどが、当時のトレンドでした。

スポンサーリンク