日本のグラムロックバンド5選 1980年代の日本を席巻した妖艶なバンドを紹介

スポンサーリンク

すかんち

すかんちは1982年から15年程活動した日本を代表するグラムロックバンド。

ボーカルとギターを担当しているROLLYのキャラクターの濃さからか色物扱いされることも多いですが、曲はクイーンやデビッド・ボウイ、THE WHOなどからの影響を感じさせられる正統派のグラムロックです。しかし、ただ正統派なだけではなく曲には遊び心も感じられます。特に曲の所々に出てくるどこかで聴いたことのあるようなフレーズには度々ニヤッとさせられます。

そんなすかんちのおすすめしたいアルバムは1991年に発売された4枚目のアルバム「恋の薔薇薔薇殺人事件」。このアルバムにはすかんち最大のヒット曲”恋のマジックポーション”が収録されています。つい口ずさんでしまうようなメロディアスで、グラムロック特有のキラキラ感にあふれる、実にすかんちらしいサウンドが楽しめます。誰もが満足できる高品質な作品です。

 

ギターボーカルのROLLYが奏でるギターサウンドは非常に見所。激しくもメロディアスなギターソロはまるで歌声を聴いているかの様なカッコいいメロディーとなっています。

楽曲の中には何処かで聞いたことのあるような馴染み深いフレーズが多いのが特長。その中にオリジナル要素をしっかり詰め込みながら、上手くアレンジを組み込んでいくすかんちならではの技術力も見所です。

メインボーカルながらもバリバリのギターソロ技術を持つROLLYに憧れたミュージックキッズも当時は多かったのではないでしょうか。サウンドはもちろんですが、ライブではメンバーのグラムロックならではの衣装も見所です。ROLLYのスタイルが男性とは思えないぐらい細っそりしており、セクシーさも年々増していっています。ライブも必見です。

 

奇抜な格好とノスタルジックな曲調の楽曲の組み合わせが斬新で、魅力的なすかんち。特に”恋するマリールー”では、ツインボーカルと楽器編成がガレージロックのような雰囲気を醸し出しており非常にカッコイイ仕上がりです。また、ROLLYがタレントとして活躍しているのも親近感が湧きます。

彼らの「OPERA」というアルバムが非常におすすめ。特にこの中に収録されている”LOVE LOVE HOLIDAY~ふたりはアイドル~”は必聴。バラエティ番組のテーマ曲に使われそうなノリノリで颯爽とした感じの曲調に、シャウトに近いヴォーカルの歌声、ドラムの超絶技巧のテクニックは聴いていて心躍ります。

 

RCサクセション

次にオススメしたいグラムロックバンドはRCサクセションです。1969年から1991年まで活動続けた今回紹介するバンドの中では歴史の深いバンドです。あの忌野清志朗が在籍したバンドといえばピンとくる方もいるのではないでしょうか。

様々なサウンドジャンルを融合させつつも、社会風刺な歌詞やキャッチーなメロディーは今でも色褪せる事無く聴き継がれています。初期のRCサクセションのサウンドはボーカルの忌野清志郎さんの歌声も優しく、ジャズサウンドが含まれたオシャレサウンドなのですが、中期からは激しいサウンドから今でも印象深いあの癖有る歌声へと変化しているので、中期の作品にハマったのなら初期のサウンドを聴く事を是非オススメしたいです。ハンドマイクだけで歌う事も有ればアコースティックギターやエレキギターでかき鳴らして歌う忌野清志郎さんは是非必見です。

初期から後期までのヒットを知りたい場合は、「KING OF BEST」というアルバムが楽曲サウンドの変化を楽しめるのでオススメです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。