グラムロックの名盤9選 1970年代の名アルバムを中心に紹介

スポンサーリンク

Greatest Hits – Queen

クイーンは1971年より活動開始、母国のイギリス・ロンドンをはじめ世界各国にて最も有名なバンドの1つとして知られる4ピースロックバンドです。

クイーンというとフレディーマーキュリーのもじゃもじゃ胸毛と白いぴちぴちの衣装が印象的。しかし、見た目の印象と違ってその歌声が時には讃美歌やゴスペルのように、時にはロックと自由自在に変化します。日本でも少し昔になりますが、カップヌードルのCMで「他のじゃ嫌だもん!」とそっくりさんが替え歌で歌っていましたね。そっくりさんだとしても、フレディーマーキュリーファンにとってあのCMは嬉しかった人は多いのではないでしょうか。

今回紹介するアルバム「Greatest Hits」には今の若い人が聴いてもきっと「あれ?この曲聞いたことがあるな?」と感じる楽曲が数多く収録されています。ベストアルバムといっていいほどの収録曲です。

特筆すべきはそのハーモニー。ロックバンドとは思えないほどの美しい重奏を彼らは奏でています。。讃美歌を聴いているような壮大な雰囲気を是非楽しんでください。

 

The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars – David Bowie

デヴィッド・ボウイは1964年から活動しているイギリスのロックシンガー。2016年、69歳でこの世を去るまで活動を続けた伝説的なミュージャシャンです。

今回紹介するのは1972年リリースのアルバム。「ジギー・スターダスト」と日本では呼ばれています。デビッド・ボウイの代表作でありロックの金字塔とも言える、ロック史上最も重要なアルバムのひとつです。異性からやってきたロックスター「ジギー」の成功から終焉までを綴ったストーリー性のある一作となっています。宇宙人のような衣装とメイク、ステージでのパフォーマンスで完璧にジギーになりすました妖艶なボウイに、どっぷり酔いしれてしまいます。

お勧めの曲は、シングルとしてヒットした”Starman”です。地球に住む若者たちへの希望のメッセージとして送った曲。本国イギリスを始め、欧米や日本でも大ヒットしました。アルバム全体はアコースティック感が強く、繊細で聴き応えたっぷりの作品です。ギターはもちろん、ミック・ロンソン!

もちろんデヴィッドボウイが素晴らしいのは言うまでもありませんが、私がこのアルバムで一番衝撃的だったのはギターのミックロンソンのギタープレイです。

曲の主軸に君臨する多彩なバッキングはもちろん、”Moonlight Daydream”のギターソロはチョーキングのたった一音だけで咽び泣くような感情が込み上げてくるような気持ちで溢れるてしまいそうになるような、極彩色のギターの音色を初めて聴いた時の事は生涯忘れる事はないと思います。

一枚通して聴くとロックテイストからフォーク、バラードと、いつ聴いてもウットリして思わずため息が出てしまうほど壮大なストーリー性を感じるアルバムです。

 

The Psychomodo – Steve Harley & Cockney Rebel

Steve Harley & Cockney Rebelは1973年から活動、現在も活動を続けるグラムロックの本場、イギリスのロックバンド。

グラムロックとい万人に受けいられがたいジャンルにカテゴライズされているがために過小評価されているのではないかと思われる、スティーブ・ハーレイ、そして彼のバンド、コックニー・レベルですが、とくにこの1974年のアルバム「The Psychomodo」(邦題:さかしま)は名作です。(このアルバムの名義はCockney Rebel。)

ひねくれた曲調の中に様々なアレンジのアイディアが盛り込まれており、アルバム全部通して楽しめる内容です。イメージとしてはプログレッシブロックのアルバムより楽しく、グラムロックのアルバムより聴き応えがある、という感じでしょうか。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。