グラインドコアの名盤9選 歴史に残る名盤を紹介します

グラインドコア史上に残る名リフを聞かせるEnslaved By Propagandaが特におすすめです。グラインドコアを語るうえで欠かせることのできないといわれる名盤たる所以はこのアルバムを掛けた瞬間にわかるでしょう。”

Gate of Doom -S.O.B

日本人にこんな稀有な才能を持った人がいたなんて、と過去形で書かなくてはいけないのが悲しいですが、グラインドコアと言えば日本のS.O.Bというバンドが一番おススメです。海外の名だたるグラインドコアバンドにも多大なる影響を与えたバンドとしては、ぜひはじめに聴いて欲しいと思います。

その中でも完成度が高く、個人的にも非常におススメなのが1993年発売のアルバム「Gate of Doom」。メジャー初という事もあって、はじめての人にも非常に聞きやすいアルバムだと思います。イントロはグラインドコアらしからぬちょっとメロディックな雰囲気で素晴らしいです。

バンド全体のクオリティの高さは言うまでもないですが、ヴォーカルTOTTSUANのデス声は、まさに魂の叫び!ぜひ一度聴いてもらいたいと思います。

Need to control -BRUTAL TRUTH

このアルバムの5曲目「I See Red」という曲が一番のおススメです。

前半は非常にスピード感があって、髪の毛をひっつかまれてドドドーっと引っ張りまわされる感覚。中盤のイントロではスローテンポでモッシュ出来るノリに転調するところがとても心地よいです。アルバム全体を通してノリやすいですし、はじめての人にも聴きやすいと思います。

前作の「邦題、激高たれ!」の方がよりコアな感じもしますが2作目という事で若干メロディックになった気がするこのアルバム。恐いとか、うるさいとか誤解している人や、グラインドコアの重いとか早いというのだけを求めている人にこそ、このアルバムを聴いてグラインドコアの奥深さを知ってもらえたらと思います。

 

Symphonies of Sickness -CARCASS

グラインドコアといえばこのバンド、カーカス。そんなカーカスのアルバムから2枚目の「シンフォニーズ オブ シックネス(邦題:真・疫魔交響曲)」を紹介します。

グラインドコアの持つ暴力性をガッツリ堪能できるアルバムです。しかし、複雑に練り込まれたリフや曲構成、メロディーセンスもいかんなく発揮しているため非常に聴きやすいというのも特徴です。ヴォーカルのジェフ・ウォーカーはファーストアルバムよりもパワーアップしていますが、強烈なインパクトと暴力性を持ち合わせておりグラインドコア屈指の破壊力です。

前作よりデスメタル色が強くなっておりますが、しっかりと軸にグラインドコアのバックボーンをサウンドに押し出しているという点も支持されるポイントの一つです。とにかくアルバム通してリフやギターソロを楽しむことができ、暴力性とメロディアスさのバランス感覚も非常にいいので初心者から上級者まで楽しめる名盤です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。