ジャズロックの名盤10選 オシャレながらノれるアルバムを紹介

スポンサーリンク

Random Acts of happiness – Bill Bruford

まず紹介するのはイギリス出身のドラマー・パーカッショニストであるビル・ブルーフォード。「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」にて6位にランクインした実力の持ち主です。

そんなビル・ブルフォードをおすすめする理由は、フュージョンを感じさせるような心地の良い曲調のミュージックと、途中でリズムの変わる独特なスタイルです。特に”White Knuckle Wedding”という楽曲では、ジャジーな曲調にフュージョンのような曲調、リズムがコロコロ変わるところが非常に斬新、つい聴き入ってしまいます。

数あるアルバムの中でもおすすめしたいのは「ビル・ブラッフォード・アースワークス/ランダム・アクツ・オブ・ハピネス(CD)」。これは2004年に発売された彼のライブアルバムです。このアルバム収録されている楽曲”Speaking With Wooden Tongues”はピアノとサックスのハーモニーと、まるで木のようなパーカッションの音が非常に心地よく、途中でテンポが急に早くなるフレーズが聴きごたえ抜群。聴いていて飽きないところがビル・ブルフォードの持ち味です。

 

Where Have I Known You Before – Return to Foever

ビバップの系譜、文脈上にいながらロックやエスニック、エレクトロサウンドにガンガンアプローチすることでリスナーをワクワクさせてしまうミュージシャンの代表格、チック・コリアのプロジェクト、それがリターン・トゥ・フォーエバーです。

フュージョンにカテゴリーされがちでそれはその通りなのですが、このアルバムはとにかくリズム面においてファンキーな攻めが凄まじく、激しくて細かいテクニカルなサウンドながらベースとしてもしっかり機能、こういった点はジャズの本流の人たちならではのセンスと言えるでしょう。

おすすめしたいアルバム「Where Have I Known You Before」はアメリカのビルボード誌のジャズチャートにて5位にランクインした名盤。素晴らしい曲がたくさん詰まったアルバムですが、ラストの”Song to the Pharoah Kings”は約14分30秒の超大作。スリリングで魔術的な魅力を放っています。

 

The Nightfly – Donald Fagen

1982年リリースのアルバム「ナイトフライ [ ドナルド・フェイゲン ]」。70年代に活躍したアメリカのジャズロックバンド「スティーリー・ダン」のメンバー、ドナルド・フェイゲンのソロデビュー作です。

全体的にピアノをフィーチャ―し、落ち着いたヴォーカルにギターはラリー・カールトンという、大人の雰囲気たっぷりな作品に仕上がっています。おすすめの曲は、やはり大ヒットした”New Frontier”。ポップでとても心地良いリズムと、折り重なる様なハーモニーが優しく響きます。

ジャズとロックの中間点、当時はアダルト・コンテンポラリーとも呼ばれていたジャンル。歌詞は社会に対する皮肉めいたものが多いものの、音楽は限りなく爽やか。83年のグラミー賞では7部門にノミネートされた程の秀作です。

 

 

Astral Weeks – Van Morrison

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。