パンクロックファンションとは 怒涛の70年代にイギリスで誕生したカルチャーを紹介

新たな時代が訪れれば、新たな音楽ジャンルとファッションが生まれ、歴史が動けばそれに賛同する者反発する者により音楽とファッションが生まれます。

この3つのトライアングルがカルチャーを回していると言っても過言ではない程この3つは深く関係しています。

今回はその中でも、1970年代の移り変わる時代の中で生まれたパンクロックのファッションのについて紹介したいと思います。

 

そもそも、パンクロックとは

パンクロックという言葉を聞くとほとんどのパンクロックファンは、セックス・ピストルズでしょ。と答えるかと思います。確かに大正解ではありますが起源という意味合いではそれは不正解です。実はパンクロックはイギリスではなくアメリカのニューヨーク発祥。自由奔放で、社会とは正反対を突き進むボヘミアン的思想によって生まれました。

ラモーンズが最初だとかクラッシュだとか、ファンの中では誰が最初かという論争が未だに絶えないですが、その論争をすること自体が正しく、誰によって生み出されたかということははっきりしていません。

パンクロックの音楽の特徴は一言で言うと攻撃的で粗く一本調子な音楽です。ロジカルな賢い音楽とは違い、ロックンロールやブルースのようなシンプルな3コード構成のアップテンポ、かつ歪みの効いた曲調であり、何よりブルースなどとは異なり曲のほとんどは跳ねていません。もしかしたらこの頃から、ヘッドバンキングのように跳ねていないからこそ乗れるリズムが生まれたのかもしれませんね。

 

白人はポップス、黒人はR&Bやブルースという区切りが明確になされていた1950年代ですが、人種に関係なく様々な要素を取り入れるようになった1970年代。その一つのジャンルがパンクロックと言えるでしょう。

セックス・ピストルズがイギリスにパンクミュージックを歌ったことから、パンクロックは1970年代に爆発的な人気となり、アメリカだけでなくイギリスでもパンクムーブメントが起きました。
ちなみにセックス・ピストルズはスタジオアルバムを1枚しかリリースしていません。その1枚こそ「勝手にしやがれ!! [ セックス・ピストルズ ]」。言わずもがな、パンクロック界の伝説的アルバムです。

白人音楽のイメージが強いですが、ピュアヘルやスティックメンなど黒人パンクバンドも存在しており、人種に関係無く愛された音楽です。

 

意外とシンプルな初期のパンクファッション

パックロックのファッションは、ずばりセックス・ピストルズによって確立されました。

詳しく言うならば、マルコム・マクラーレンという人物によって生み出されました。

1970年代のパンクファッションは私達がイメージする激しい色に染め上げたモヒカンにドクロとはかけ離れており、画像のようにとても落ち着いた印象です。
一番定番だったのは、細身のダメージジーンズにスタッズの効いた革ジャンという組み合わせで、髪型も寝癖のようなラフな髪型が主流でした。またトレンチコートやポロシャツなども組み合わされていることもこの時期のパンクロックファッションの特長です。

どちらかというと1960年代、一世風靡したモッズファッションと近いファッションスタイルで、モッズの影響をかなり受けています。モッズファッションとは、フォーマルなスタイルに、使い古された軍物のモッズコートやトレンチコートなどを組み合わせたファッションを指します。

モッズとの大きな違いはサイズ感にあり、モッズファッションでは父親の服を借りて着たようなルーズ感がありましたが、パンクファッションはその逆。ジャストサイズか、少しタイトめに着ることが多く、ルーズに着るとしても、ジャケットがルーズであればパンツがタイトであったりとメリハリを付ける傾向にあります。

 

パンクロックファッションが確立された1980年代

1980年代に入ると,まさしく私達がイメージするパンクファッションになります。服装はより攻撃的になり、スタッズやチェーンのアクセサリーはもちろんのこと、この時期からドクロマークが象徴的に取り入れられました。
死の象徴であるドクロはパンクの場合は死ではなく反戦という意味で取り入れられており、やはり社会への反発が見て取れます。

髪を逆立てて、サイドを刈り上げるモヒカンスタイルやスキンヘッドが流行りだしたのはこの頃で、少し後になり、男性だけでなく女性がパンクファッションを取り入れだしたのも1980年台に入ってからです。
明るく染め上げたショートカットの髪型にミニスカートが定番で、ボンテージなどSM要素のはいった過激な服装もこの時代によく見られます。

歴史的に見ても露出が増えファッションの自由度が格段に上がったのがこの1980年からだと言われています。アメリカでは未だにアメカジ一色だった時代にイギリスではファッションの幅を格段に広げていました。

 

日本でのパンクファッションの変化

1980年代後半、日本にもパンクブームが到来しました。さすが日本と言うべきか、時代を経てイギリスのオリジナルを真似るだけでなく、日本独自の新たなファッションスタイルを確立しました。それがゴシックロリータ、通称ゴスロリです。

もちろん1970年代や1980年代の古き良きパンクファッションを好む人も大勢いますが、女性によって、パンクをルーツにプラスアルファとしてヨーロッパ貴族の哀愁漂う高貴なファッションを加えたゴスロリというジャンルが確立されました。

コーディネートは黒がメインでひらひらのスカート、アクセサリーはドクロやバラなどが多く使われます。

ゴスロリというまで変化が突出すると、パンクミュージックが起源というわけでなく、パンクファッションの象徴であるヴィヴィアン・ウエストウッドのようなハイブランドに影響され、パンクとは関係なくファッションが独り歩きしたといったほうが適切でしょう。しかし、パンクファッションの知り合い的な位置であることは間違いありません。

 

そもそもパンクロックファッションの産みの親、マルコム・マクラーレンって誰??

パンクファッションを語る上で切り離すことが出来ない存在であるマルコム・マクラーレン。
彼がパンクファッションというカテゴリーその物自体を作り出しました。

スポンサーリンク