必見!ヴィジュアル系ロックバンド界のイケメン10選!!

スポンサーリンク

マモ – R指定

マモはヴィジュアル系ロックバンド「R指定」のボーカル。2007年に活動を開始、現在でも活動を続けています。

他のヴィジュアル系ロックバンドとは違う、アヴァンギャンドな楽曲の多くを作詞作曲しており、多彩な表情が類を見ないイケメンっぷりなミュージシャンこそマモです。男性としても魅力を感じさせつつ女性よりも可愛らしい表情をもっていたりと、ヴィジュアル系のバンドの中でもトップクラスの容姿と言えるのではないでしょうか。

そんなマモの所属するR指定のアルバムの中でおすすめしたいのは、2013年に発売された「VISUAL IS DEAD(初回限定盤 CD+DVD) [ R指定 ]」というアルバム。歌詞が人間の恋愛模様のドロドロを描いている楽曲だったり、まるで情景が浮かぶような綺麗でいて切ない楽曲だったりと素敵な曲が揃っているように感じます。

特にラストレインという曲は別れの曲ではありますが、R指定の曲の中でもファンに愛される名曲。女性としては、まさにこんな恋愛してみたいと思えるような歌詞に仕上がっています。

 

hyde – L’Arc~en~Ciel

ハイドはヴィジュアル系ロックバンド「ラルクアンシエル」のギターボーカル。1991年に活動を開始、現在も活動しています。

メンバー全員が容姿端麗なラルクアンシエルですが、中でも特にハイドがイケメンであり推したいです。なぜなら、ハイドは外見が中性的でありながら、話し方や音楽に対する姿勢が非常に男性チックであるからです。全員が作詞作曲することでも有名なラルクアンシエルですが、その多くの楽曲の作詞はハイドが担当しています。その描かれる歌詞を読んでいるだけで、心が通ったぶれない人だということがひしひしと伝わってきます。歌を聞き、ここまで歌詞に興味を持っていかれるバンドも少ないのではないでしょうか。ファンの中でも、歌詞に共感している方が多いのは間違いないです。

ラルクアンシエルのアルバムの中でも「KISS [ L’Arc-en-Ciel ]」というアルバムを特におすすめします。ドライブに合う曲ばかりで、運転中聞かれる方も多いのではないでしょうか。

 

咲人 – JAKIGAN MEISTER

咲人は2000年から2016年まで活動したヴィジュアル系ロックバンドNIGHTMAREのギタリスト。その後、2017年にはジャキガンマイスター咲人のソロプロジェクトを始動させました。

現在活動休止中のNIGHTMAREのギター・咲人がソロプロジェクトJAKIGAN MEISTERを始動させました。本人のクールな見た目とは裏腹に「永遠の中二病」的な意味を込めたバンド名です。

そのJAKIGAN MEISTERが2017年6月14日に1枚目のアルバム「Ejaculation (Type-B) [ JAKIGAN MEISTER ]」を発売。自身がボーカルとギターを務める初アルバムは必聴です。その中の一曲”ワールズエンド”のミュージックビデオでは、咲人が色気たっぷりの姿で歌いそしてギターを奏でています。終始咲人を堪能できるこのミュージックビデオはファンにとっては堪らないのではないでしょうか。

他にも、激しい曲、ポップ、バンドサウンドなど様々なジャンルを収録しており、咲人の才能があふれんばかりのアルバムになっています。NIGHTMAREとは一味違った咲人を見れるJAKIGAN MEISTERから今後も目が離せないでしょう。

 

将 – A9

将は2004年から活動しているヴィジュアル系ロックバンド、エーナインのボーカルです。

A9は、2015年までAlice nineとして活動していたバンドです。
今回紹介するA9のボーカル・将は、身長180cmでスラっとしていてに顔もかなり整っている、ルックスは言うことなしのイケメンです。歌もうまく、バンドの楽曲の作詞はすべて彼が行うなど才能のあります。

また、A9バンドとしてのおすすめアルバムは「Alice Nine Complete Collection 2 2010-20…」。
2作品目のベストアルバムですが、ベストならではのヒット曲がたくさん収録されているという楽しみがある他「パチンコ戦国無双」とタイアップした楽曲”閃光”がとにかくかっこいいです。

閃光のPV、将の眼帯姿がまたイケメンすぎて一度見ていただきたいと思います。

スポンサーリンク