パンクロックの名曲10選 今も歌い継がれているパンクの定番曲を紹介

Lost In The SuperMarket – The Clash

ザ・クラッシュといえば、セックスピストルズと並ぶロンドンパンクの双璧。
セックスピストルズがごく短い活動期間で時代を駆け抜けていったのに対し、クラッシュは活動期間も長く、楽曲のジャンルもロック、パンク、レゲエ、フォークなど多岐にわたり、70年代後半から80年代前半のイギリスを代表するバンドと言えましょう。

代表曲としてはロンドンコーリングやアイ・フォート・ザ・ロウなどが一番に挙げられると思いますが、ここは敢えて1979年ロンドン・コーリングに収録されている「ロスト・イン・ザ・スーパーマーケット」を挙げたいと思います。

曲の内容を一言でいうとスーパーマーケットで迷ったといいながら、人生での迷いを書いている曲です。歌詞もさることながらメロディーがとても美しく、聴くたびにしんみりした気分になることができます。

 

Basket Case – Green Day

世の中に多くのパンクキッズを生み出したといっても過言ではないGreen Day。彼らは必ずと言っていいほど「Green Day」がルーツに入っているのではないでしょうか。そのキャッチーなメロディとストレートで純粋なリリックに多くのオーディエンスを魅了し、日本では、90年代に日本のカラオケで最も歌われた洋楽アーティストに選ばれたほどです。

そんなGreen Dayの代表曲「Basket Case」は世のパンクイメージを180度変えた名曲です。ファーストアルバムからパンクサウンドに「思春期の純粋な恋心」を歌った曲を揃え、ラジオなどで多くのオーディエンスを魅了しました。この「Basket Case」が収録されているサードアルバム「Dookie」からは彼らのクレイジーチックなイメージをふんだんに放ったナンバーを揃え、Basket Caseは海を越え、世界中に知れ渡る名曲となりました。

 

Message In The Bottle – The Police

邦題は「孤独のメッセージ」。ポリスというと、稀代のメロディメーカーであるスティングが在籍したバンドという事で有名だと思います。このバンドは当時既にミュージシャンとして実績のあったスティング、スチュアート・コープランド、アンディ・サマーズの3人により、当時イギリスで流行していたパンクムーブメントの流れに乗ってデビューしました。

その後の音楽性はパンクから次第に離れ、レゲエやジャズに大胆にアプローチしていきますが、最初の2枚のアルバムは特にパンク色が強く、疾走感にあふれる楽曲が多くなっています。

中でも2枚目のアルバム「Reggatta de Blanc」は名盤。その中でも名曲として名高いのが「Message In The Bottle」です。
海で遭難した漂流者がボトルにメッセージを入れて流すのですが、気づいたら海岸がメッセージボトルでいっぱいになっているという内容の歌詞です。遭難者がメッセージを送るという内容を取りながら、実は人生の孤独について歌っている曲です。激しいギターのフレーズ、スティングの叫ぶような声とともに、哀愁のある歌詞に心を揺さぶられます。

 

Holidays in the Sun – Sex Pistols

パンクロックの名曲といえば、ピストルズかクラッシュ、ラモーンズ、ダムド、ニューヨーク・ドールズといった初期パンクバンドの曲が王道。パンクの先駆者たちの名曲から挙げたいです。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。