プログレッシブロックの名曲10選 1970年代から猛威を振るった楽曲を紹介

Shine On You Crazy Diamond – Pink Floyd

ピンクフロイドは1965年から2014年まで活動したイギリスのプログレッシブロックバンド。プログレのパイオニアとしても知られ、プログレを語る上で5大バンドの1組として数えられます。

英国のバンド、ピンクフロイドが1975年にリリースしたコンセプトアルバム「【輸入盤】Wish You Were Here [ Pink Floyd ]」からのシングルカットがこの”Shine On You Crazy Diamond”。バンドの初期メンバーであり、薬物中毒により精神状態を崩し脱退したヴォーカルのシド・バレットへのトリビュートとして作られた曲です。

9つのパートで作られた曲は、アルバムの最初と最後の部分に収録されています。デビッド・ギルモアとリチャード・ライトの二人によって、これ以上ない程の最高に哀しいメロディで作り上げられた作品。ロジャー・ウオーターズがヴォーカルをとるのはパート5と7。その他のパートは全てインストです。哀愁とメランコリーがたっぷり込められた美しい曲です。

 

Close To The Edge – Yes

1968年にロンドンで結成されたバンド、イエス。1981年に一度休止した後、再結成、現在まで活動を続けています。ピンクフロイドと同じく5大プログレバンドの一角です。

イエスが1972年リリースした5枚目アルバムからの同名タイトルでのシングルカットがこの”Close To the Edge”。4つのパートで構成されており、全編で18分以上の長さ。LPレコードの片面全てを網羅しています。収録アルバムは「【輸入盤】Close To The Edge [ Yes ]

ジョン・アンダーソンが描く夢想的な歌詞は、ドイツ作家ヘルマン・ヘッセの「シッダルータ」からヒントを得たもので、釈迦や川などをテーマとしたミステリアスなもの。様々な音を折り重ねた重厚なサウンド、そして何よりも聴き応えのあるのはリック・ウェイクマンによる鍵盤テクニックがその所以でしょう。彼等が発揮した最高の才能により、この曲は後にプログレの金字塔と呼ばれる様になります。

イエス、そしてプログレの歴史を語る上で欠かせない、完璧とも言える作品です。

 

A Passion Play – Jethro Tull

ジェスロタルは1967年から2011年まで活動したイングランドのプログレッシブバンド。

A Passion Play”は英国のバンド、ジェスロタルが1973年にリリースした6枚目のアルバム収録曲です。イアン・アンダーソンのフルート演奏が映えるコンセプトアルバムであり、1人の男がアフターライフを旅するという精神世界をテーマにした芸術性の高い作品です。収録アルバムは「Jethro Tull ジェスロタル / Passion Play 【LP】

”A Passion Play”はLPのA面と B面にそれぞれ1曲づつ収録、この曲だけでアルバム全体を構成しています。リリース当時は酷評だったものの、アメリカなどでのセールスは好調、全米1位となりゴールドディスクを獲得する程の人気でした。

長い演奏にも関わらず、見事な演奏と曲の構成。そしてどこかコミカルなその雰囲気。後のハードロックにも多大なる影響を与えたと言われる名曲。ジェスロ・タルのマスターピースと言える作品です。

 

Epitaph – King Crimson

キングクリムゾンはイギリス・イングランド出身のプログレッシブバンド。1968年活動開始、5大プログレッシブバンドの1組です。

英国のバンド、キング・クリムゾンが1969年にリリースしたデビューアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」収録曲がこの”Epitaph”。情緒的でドラマチックな歌詞とメロディーは、アルバム及びバンドの代表曲として有名です。日本でも当時のアイドル歌手らによってカヴァーされた曲でもあります。収録アルバムはエピタフ vol.1 and vol.2 [ キング・クリムゾン ]

時代への混沌や恐怖を反映させた曲であり、作詞はピート・シンフィールド、作曲はグレッグ・レイクが担当。曲全体のスケールの大きさとダイナミックに描かれた情緒的な世界は、当時の英国国民に受け入れられました。この曲を収録したアルバムは全英チャート1位となり、ロックの時代が変わった歴史的な瞬間となったのです。ロバート・フリップを中心にバンドメンバーも最強だった頃の超名曲です。

 

Watcher of the Skies – Genesis

ジェネシスは1967年に結成されたイギリス・イングランドのプログレッシブバンド。こちらも5大プログレバンドにくくられます。1970年代は王道プログレを武器にしていますが、1980年代からはポップよりの楽曲にシフトしていきます。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。