人気のヴィジュアル系ロックバンド8選 V系好きなら絶対に聴くべきアーティストを紹介

スポンサーリンク

SuG

サグは2006年に結成、現在も活動を続けているヴィジュアル系ロックバンドです。

SuGはヴィジュアル系ですが、その楽曲はヴィジュアル系がわからない人でもとっつきやすい音楽が多いことが特長です。その上、ヴィジュアル系としての要素も含んでいることがSuGが成功している秘訣でしょう。

そして、なによりのヴィジュアル系の良さ、ボーカルの武瑠はイケメンです。映画などにも出演している経験がある他、デザイナーとしても活動するマルチな才能を発揮しています。

そんなSuGですが、結成10周年を迎え、2017年9月2日の日本武道館公演をもって無期限活動休止を発表。生のSuGが見られるのも残り少ないので、ぜひ今聞いてほしいバンドです。

SuGのおすすめアルバムは「Thrill Ride Pirates [ SuG ]」です。テーマが「海賊たちの船上遊園地’-死ヌ気デ生キル、準備ハ良イカ?-。」なのですが、かわいらしくもあり、聴きやすい曲が多いです。おすすめです。

 

lynch.

リンチは2004年に結成されたヴィジュアル系ロックバンドです。

名古屋出身らしいアグレッシブさが売りのバンド、lynch.。ダウンチューニングされた7弦ギターから繰り出されるサウンドはとてつもなくへヴィーでありながらも、メロディーラインの中にはキャッチーさえ見え隠れしているので重苦しい音楽が苦手という人にも自信をもっておすすめできるバンドです。近年は活動の自粛を余儀なくされていたこともありましたが、2017年春に満を持して活動を再開しました。

2004年の結成以来、ベスト盤を含め12枚ものアルバムをリリースしている中で、最もおすすめしたいアルバムは2007年に発売された「A GLEAM IN EYE [ lynch. ]」。このアルバムは現在のlynch.の方向性を決定付けたアルバムとされており、バンドとしての魅力が詰め込まれています。

トラディショナルなヴィジュアル系サウンドをベースに、へヴィネスとメロディーが上手く融合された1枚です。

 

DIR EN GREY

ディルアングレイは1997年に結成された日本のヴィジュアル系ロックバンドです。

ヴィジュアル系を愛するものなら、知らない者はいないカリスマ的存在の彼ら。1997年に結成し、メンバーが変わることなく今日まで活動を続けています。

最近では、奇跡の対バンともいえる、こちらも1990年代を代表するカリスマ的バンドPIERROTとの対バンも話題となりました。二つのバンドで青春を謳歌していた30代、40代のバンギャルたちは歓喜のヘドバンと拳をあげ、会場となった横浜アリーナは黒い集団で覆われました。ヴィジュアル系を知らない人からしたら正直異様な光景でしたでしょう。ボーカルの京は今日もその美声とともに「痛み」を叫んでいます。

そんなヴィジュアル系のファンにとって神的存在ともいえるDIR EN GREYは現在、TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]と表し、ツアーの真っ最中です。

スポンサーリンク