最新の洋楽ロックバンド10選 今後流行るであろう実力派バンドを紹介

スポンサーリンク

Temples

テンプルズは2012年にイギリス、ノーサンプトンシャーで結成された4人編成のロックバンド。

2017年にリリースされた2ndアルバム「Temples / Volcano 【LP】」は、前作以上にシーケンスを多用して1970、1980年代の英国サイケデリックロックの音像にアプローチしたサウンドに仕上げた印象があります。

このアルバムのリードシングルになった”Certainty”は、オープニングからリバーヴの効いたキーボードのサウンドが鳴り、ヴォーカルの歌声やメロディーラインがより一層に幻想的な雰囲気を醸し出して異世界へ誘われる感覚を覚えます。

また、CDジャケットは人が異次元空間をワープしているような表現のアートワークでシンボリックなデザイン・コンセプトがとてもユニークで独創的です。抑揚のあるメロディー、ドリーミーなヴォーカルワークの色彩感とジャケットのデザインとが重なり合うイメージにクリエイティビティの高さだけでなく、この曲のコーラス部分の心地よいメロディーもかなり印象的なので、ぜひおすすめしたいです。

アルバム全体としては、ミックスされた音がものすごい良い仕上がり。リバーヴ音に心地よい広がりがあり、いつもの作品に比べて音量を大きくして聴くとコンサートホールで聴いているかのような音に包まれた感覚になります。音量を変えるだけで聴こえ方が一変するアルバムも珍しいかもしれません。

大多数のUKロックバンドにとって2ndアルバムは勝負どころであると同時に、今後の人気を左右する分岐点でもありますが、あえて今作をセルフプロデュースでリリースしてくるあたりに彼らの自信の表れを感じます。

 

Cigarettes After Sex

2008年アメリカのエル・パッソにて結成された4人編成のドリームポップバンドがシガレッツアフターセックス。

楽曲を聴くまではアングラなロックンロールやストーナーロック、ドゥームメタルとのクロスオーバーなどの音楽性を、そのバンドネーミングから音楽性をイメージしていました。

2017年にリリースされたセルフタイトルの1stアルバム「シガレッツ・アフター・セックス [ シガレッツ・アフター・セックス ]」は、心地良いまどろみへと誘うスローコアなサウンドとアンニュイで甘美なヴォーカルが重なり合う艶やかな美しいドリームポップなサウンドが印象的なのでおすすめします。アルバムを通して聴くとロマンチックな映画を観ているかのような作品なのですが、特に男性ヴォーカリストのアンドロジナスな声質と歌声がフランソワーズ・アルディーをイメージさせます。

また、4曲目”Apocalypse”の音楽的ルーツは異なるのにビル・エバンスの”Blue In Green”をイメージさせる静謐の美に満ちた音楽性というか、幽玄な色彩感に満ちたイマジネイティブな音楽性が素晴らしいです。

マイルス・デイヴィスのように、より自由な表現を追求することによって新感覚の音楽(ジャンル)の可能性を開拓しようとしているのかもしれませんが、現状はアンビエント・ポップ、ウォッシュト・アウトのようなチルウェーヴなサウンドで幻想的かつ耽美的な音の世界観を構築しているアーティストという印象を受けます。

Formation

リットソン兄弟を中心にイギリス・ウィンブルドンで結成された5人編成のロックバンドがフォーメメーション。

2017年にリリースされたデビューアルバム「Look at the Powerful People」は、1970年代後半から1980年代のポストパンクを想像させる情熱的なロックスピリットとロック、ジャズ、 ファンク、ハウス、アフロ・ビートなどの音楽的要素をジャンクにミックスさせるセンスを感じます。その仕上がりは、実に多彩でエキサイティングです。

特徴としては、パワフルなドラムに、ギターレスなためかベースがメロディアスにビートを刻むことでアンサンブルが引き締まって生まれるタフで美しいグルーヴ、綿密に酩酊感や自由を表現して空間を支配するシンセサイザー、UKらしい言葉を詰め込むスタイルのダイレクトなヴォーカルと言った要素をベースとしています。なにより、ミニマルが持つ中毒性、ポップのダイナミズムも吸収した高い曲構成力と表現力が印象的な作品の数々は非常におすすめです。

また、アンダーグラウンドなハウスミュージックの新世代トラックメイカー、レオン・ヴァインホールを共同プロデューサーに迎えて制作した作品はバンドシーンのみならず、ダンスフロアでの支持も高まりつつあります。

リスナーや音楽ファンが想像する以上に、現状はバンドとして活動することが険しい時代、彼らがまず本国イギリスにおいてどの程度のポピュラリティを得ることができるかどうかは正直わからないです。しかし、アルバムの3曲目”Powerful People”は、ダンスフロアにパワフル・ピープルが吸い寄せられ無限に広がっていく情景をイメージさせるサウンド・プロダクションに新世代のブリティッシュロックサウンドを鳴らす正統派アウトサイダーならではの音楽性とメンタリティーに期待したいです。

 

Circa Waves

スポンサーリンク