アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

インディーズバンドランキング2017 今後の音楽シーンを索引する10組を紹介します

スポンサーリンク




音楽リスナーのみなさんこんにちは。

今回は2017年のインディーシーンを席巻するであろう10組のアーティストをランキング形式で紹介したいと思います。ロックバンドからポップス、シンガーソングライターなど、それぞれのジャンルはバラバラですが、どのアーティストも今後の音楽業界を盛り上げてくれることは間違いありません。

インディーズバンドとは」でも言及しているように、近年ではインディーズバンドの定義が曖昧になってきています。今回のおすすめランキングでは、

  • 現在も活動真っ最中であること
  • 直近5年以内にデビューしていること

以上の簡単な基準に沿って選定をしています。それでは、ランキング紹介にうつります!

 

10位


[official siteより]

 

2017年のガールズロックを牽引する3ピースバンド、リーガルリリー

2014年に結成された東京を中心に活躍する3人組のガールズバンドです。メンバー構成はたかはしほのか(Vo.Gt.)、ゆきやま(Dr.)、白石はるか(Ba.)です。なんと全員1997年以降の生まれという若き才能。「リッケンバッカー」という曲で一躍有名になり、2017年に名が売れることが予想される現代のガールズバンドの代表格です。リッケンバッカーといえば少し形状が特徴的な高級楽器メーカーとして名が知られており、THE BEATLESのジョン・レノンやジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニーが愛用していましたが、彼女たちは誰も使っていません。最近ではTOKYO FM`SCHOOL OF ROCK’主催「未確認フェスティバル2015」で準グランプリを受賞しています。

エモーショナルに歌い上げるボーカルの傍らで高校生ながら決して崩れないリズム隊、演奏力もしっかり兼ね備えて聴く人を引き込みます。これぞ3ピースの醍醐味だ!と言わんばかりに壮大、鮮烈に表現しています。上記からも想像できるように、3ピースながらインパクトのあるブレない演奏、高校生としての等身大の歌詞がリーガルリリーの最大の武器と言えるのではないでしょうか。

そんな彼女たちのオススメの曲は高校卒業企画にて会場限定リリースしたシングル「リカントロープ」より「スターノイズ」です。背伸びしない等身大の歌詞もしっかり追いかけて欲しい1曲。素朴で飾らない世界を見せながら、曲が進むにつれて彼女たちらしいエモーショナルさが見え隠れしていきます。ベースソロからの曲の展開は鳥肌ものです。間の取り方、ここから始まるよ、というスイッチング、感情の爆発、彼女たちに期待しているモノが全部詰まっていると言っても過言ではありません。今後、ライブや音源で心踊らされる人が増えていくこと間違いなしの要注目ガールズバンドです。
おすすめしたいアルバムはthe Post [ リーガルリリー ]

 

9位


[official twitterより]

 

60年代アメリカンポップスの影響を色濃く受ける4ピースガールズ(+1)バンド、Homecomings

京都の大学のサークル仲間で、女の子3人+男の子1人の4ピースバンドです。2012年にバンド結成以来、フジロックや下北沢インディーファンクラブ、ボロフェスタへの出演や海外アーティストとの共演、東京・大阪での自主企画イベントなどで活躍中です。

メンバー構成は畳野彩香(たたみのあやか Vo.Gt.)、福富勇樹(Gt.)、福田穂那美(Ba.)、石田成美(Dr.)で、畳野と福富は高校からの同級生です。在学中から社会人になるタイミングでバンド活動をどうするか、悩んだ彼女たちを福富が説得し現在に至ります。

彼女たちの音楽性としては、ふとした日々の生活を切り取った歌詞が多く、楽曲の雰囲気としてもSCANDLEのようなガールズロックバンドというよりは、今までの女性ボーカルバンドにはなかったようなポップさを秘めています。

今までにはないような、と記載しましたが、その理由としては彼女たちが受けている影響からと考えられます。影響を受けた音楽としてはザ・スミスをはじめとした6.70年代のアメリカンポップスだったことや、彼女たちが所属するサークルもフォークソング部であったようです。また、洋楽だけでなく洋画や海外小説など、外国の影響を多く受けており、その影響か楽曲は全編英詩で作詞されています。

彼女らに関して様々記載しましたが、日常生活の中で力の抜けた音楽を聴いて、のんびり過ごしたい方にドはまりしそうなかわいいポップなロックバンドです。決して急ぎすぎないビートの中で、無邪気で素直なフレーズが心に残ります。オススメの曲は「DON`T WORRY BOYS」。昨年発売された2ndアルバム「SALE OF BROKEN DREAMS」のリード曲です。英詩なのでパッと聴いて意味が分かるわけではないのだけれど、たぶん青春のキラキラした感じだろうな…となぜかわかってしまう不思議な曲です。誰しも通ってきた青い春を、真正面から飾らず、そして女の子らしくかわいく歌う彼女たち。踏み出すのをためらっていた足を、踏み出すきっかけを与えてくれるかもしれません。
おすすめしたいアルバムはSALE OF BROKEN DREAMS [ Homecomings ]

8位

[official siteより]

 

ポップスだけに留まらない!様々な表現に挑戦するシンガソングライター、yeye

yeyeは滋賀県出身、1,989年生まれの女性シンガーソングライター。読み方はィエィエ。
幼少のころから音楽に触れることが多く、高校生の時のバンドで閃光ライオット(10代限定のロックフェス、現在は未確認フェスティバル)のファイナルまで残ったことも。

様々な形で音楽に携わってきた彼女ですが、2010年から京都で本格的な活動を始めます。自身が作詞作曲そして演奏までも手掛けた1stアルバム「朝を開けだして 夜をとじるまで」が大反響を呼び、各地のFM局でパワープレイに選ばれました。SONYやゆうパックなど数々のCMへの出演や楽曲提供を行い活動の幅を広げている注目のアーティストです。所属はRallye Label。他の所属アーティストにはLucky Tapesやthe oto factoryが在籍。

yeyeの音楽の特徴は何と言っても彼女の「歌声」にあります。その澄み切った声には綺麗な容姿から描かれるイメージを裏切らず、そしてさらに超えてくるサウンドは多くのファンを虜にしています。彼女のライブを1度見ると、必ずまた見たくなるという声をよく耳に聞くことも、他のシンガーソングライターとは一線を画した歌声の影響が大きいのではないでしょうか。

また、彼女の楽曲には「Hu」や「Pan」など(擬声語と呼ぶのでしょうか)を曲中で多用しており、その表現が曲の雰囲気をつくる手助けをしています。ギターやキーボードと声という、音数が少ないシンガーソングライターならではの手法と言えます。今ではバンドサウンドの楽曲やジャズ調の楽曲も多くリリースしていますが、その中にも頻出するフレーズの1つです。

そんな彼女のおすすめの曲はHUE CIRCLEに収録されている「パレード」です。晴れやかなタイトルに相応しい軽快で素敵な曲です。聴きやすく軽い印象ですが、歌詞には女性らしい強さや熱意が込められており、元気を出したいときに聴くと間違いないでしょう。曲としては、同じくシンガーソングライターのmiwaの楽曲に雰囲気が似ているのではないでしょうか。彼女を好んで聴く方にはおすすめしたい一曲です。

もう1曲ぜひ聞いて欲しい曲は1stアルバム「朝を開けだして夜をとじるまで」から「morning」です。タイトルの通り休日の朝にコーヒーを入れながら、1日何しよう?と考えながら聴きたい曲です。心地の良い休日になること間違いなしです。あくまでソロ名義ですがバンドとしての彼女の生き様にも注目です。
おすすめしたいアルバムはひと [ YeYe ]

7位

[official siteより]

 

日本版ブラックミュージックを体現した洒落たバンド、Lucky Tapes

2015年にアルバム「The SHOW」でデビューした彼ら。高橋海(Vo.Key.)、田口恵人(Ba.)、高橋健介(Gt.)の3人組です。コーラス隊やホーンセクション、パーカッションを加え、作り出す音楽は最強におしゃれなサウンドに仕上がっています。所属レーベルはyeyeと同じくRally Lable。2016年には、1月に公開された映画「オオカミ少女と黒王子」に曲を提供しており名実ともに実力派バンドであることが伺えます。

彼らの音楽の特徴としては、今流行りのおしゃれバンドとはひとくくりにはできないような、ブラックビート感が潜んでおり、聴いているだけで不思議と肌と肌が触れ合うようなエロさを感じさせます。それはボーカル高橋の甘い歌声だけではなく、彼らが影響を受けたというブラックミュージックの中核を担うグルーヴィーなベースを田口が表現、楽曲のところどころに洒落たフレーズを散りばめるギターの高橋だからこそ成し得る所業といえます。

そんな彼らのオススメの曲は1stアルバムに収録されている「Gun」です。とても日本人とは思えないような、グルーブ感がたまりません。その1つの要因として、ドラムのリズムの刻み方、こだわりがそのノリを作っているのです。ハットの刻み方、休符の取り方などセンス抜群です。この曲を聴けばすぐわかるように、彼らの楽曲からは楽器ひとつひとつの細部の音にもこだわる繊細さを感じます。

もう1曲は「Touch!」です。デビューシングルでもあるこの曲はまさにおしゃれの真骨頂。楽しそうに息の合ったリズム隊の遊び方が底にあり、コーラスやホーンが上品に絡んでいます。ミュージックビデオにもおしゃれが詰まっており、まるでファッション雑誌を読んでいるような気分になります。東京の洒落た街を歩きながら聴いているだけで、気分が上がること間違いないバンドです。
おすすめしたいアルバムはCigarette & Alcohol [ Lucky Tapes ]

 

6位

[official siteより]

 

都内のインディーロックシーンを牽引する脱力系バンド、シャムキャッツ

シャムキャッツは2009年頃から活動しているロックバンドです。所属レーベルは自主レーベルのTETRA RECORDS。優しいロックという印象を与える素敵な歌声が特徴的です。そのメロディーラインに、決して邪魔をしないリズム隊がたまにトリッキーな動きを見せたり、シンセなどの電子音が入ったりと聴けば聴くほどその深みに気付くことができるバンドです。

近年ではバキバキのベースにハイトーンボイスのボーカルが乗るロックバンドが主流な印象ですが、彼らはそんなことはありません。縦ノリより横揺れ、騒ぎたくなる曲より散歩しながら聴いていたい曲、そんな楽曲が多いです。曲調としては、上記のようなロックバンドというよりは、シティポップに少し寄ったロックというイメージです。往年のはっぴいえんどやサニーデイサービス、キリンジ、今日ではOGRE YOU ASSHOLEやYogee New Waves等の好まれる方におすすめしたいバンドです。

メンバー構成は夏目知幸(Vo.Gt.)、菅原慎一(Vo.Gt.)、藤村頼正(Ba.Cho.)、大塚智之(Dr.Cho.)の4ピース。自主制作のCD音源を次々にSOLD OUTさせ、注目度を上げていった彼ら。2012年にはリリースした2ndアルバム「たからじま」に収録されたSUNNYという曲がテレビ東京系列のモヤモヤさまぁ~ず2のエンディング曲に採用されました。

そんな彼らのおすすめの曲は「MODELS」です。この曲は2014年の1月に発売されたタワーレコード限定のシングル曲です。軽快な16分のリズムにノリの良いベースライン、遊び心溢れる気軽なギターリフ、優しく癒しのあるロックな曲に仕上がっています。男同士のドライブの時には盛り上がりそうな曲です。もう1曲はアルバム「TAKE CARE」に収録されている「GIRL AT THE BUS STOP」です。一瞬の出来事が1曲になったように、そしてその1瞬に起こった出来事を丁寧に優しく、ありのまま切り取ったこれまた優しさ溢れる曲です。昨年11月からは全国11か所を回る全国ワンマンツアー「君の町にも雨は降るのかい?」を開催中です。
おすすめしたいアルバムはTAKE CARE [ シャムキャッツ ]

 

5位

[official siteより]

 

新ジャンル「炭酸系ロック」を掲げる3ピースバンド、サイダーガール

「サイダガ」ことサイダーガールは2014年の5月に結成されました。その年の7月に下北沢CLUB251で行われた初ライブがいきなりソールドアウトするという鮮烈なデビューを飾ります。正体不明の謎の炭酸系バンドという異名を持つ彼らですが、なるほど確かに聴いてみると納得のポップで弾けるようなサウンドと哀愁を感じさせるメロディーが変幻自在に乱れ飛ぶ注目のアーティストです。先ほど6位で紹介したシャムキャッツのロックテイストとは異なり、サイダーガールは王道歌ものロックバンドというイメージ。BUMP OF CHICKEN等、流行のハイトーンボイス系のロックサウンドを好まれる方におすすめです。

流行の中でサイダーガールが突出している理由としては、3ピースバンドというシンプルながら音にこだわり、少ない音数ながらすさまじい音圧を見出している点でしょう。3人で演奏しているとは思えないそのダイナミクスと抜けのない音作りは必聴です。

メンバー構成はYurin(Vo.Gt.)、フジムラ(Ba,)、知(Gt,)の3ピース構成。所属レーベルはユニバーサルミュージックです。そんな彼らのオススメはこの2曲。まず3rd mini Albumジオラマインサイダーの中から「オーバードライブ」です。この曲は彼らの代名詞となるような爽やかで弾けるサウンドに仕上がっています。ミュージックビデオはガールズバンドが学園祭を行う模様を描いており、青春時代の熱い思いが蘇りそうな気持ちになります。

次は、昨年11月にリリースしたばかりの4thミニアルバム「ジオラマアウトサイダー」から「スワロウ」。まさにサイダーのCMで使われてもおかしくないような哀愁と疾走感がたまりません。爽やかさだけでなくバンドとしての音の厚みも増し、聴きごたえは倍増しています。新進気鋭の若さあふれる炭酸系バンドとして要チェックです。
おすすめしたいアルバムはジオラマインサイダー [ サイダーガール ]

4位

[official siteより]

 

決して嘘はつかない新世代ポップロックバンド、ウソツキ

2011年よりスタートし、2013年夏ごろから現メンバーの竹田昌和(Vo.Gt.)、吉田健二(Gt)、藤井浩太(Ba)、林山拓斗(Dr.)の4人で活動しています。所属レーベルはDAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT。都内を中心にライブ活動を本格化していった彼ら。バンド名の「ウソツキ」はボーカルの竹田がフィクションやファンタジーから日常を特別なものにするために嘘をつこうと思ったことが始まりのようです。確かに現実社会においてそのような嘘を重ねることで「日常生活の普通」が色味を帯び楽しくなっている部分はあるかもしれません。

彼らの音楽を一言で表すならば王道のうたものバンド。キャッチーで刺さりやすいボーカルラインとそれを支えるバンド力があります。1stアルバム「スーパーリアリズム」の中からは「旗揚げ運動」や「金星人に恋をした」などがオススメ。「旗揚げ」など身近なテーマをモチーフに面白く皮肉も込めつつ曲を展開しています。

他にも4枚のミニアルバムを出している彼ら。気持ちの良いハモリ、気持ちを押し上げてくれるベース、落ち着きのあるボーカル、それらを支える目立ちすぎないドラムのアンサンブルはものすごく聴き心地が良いです。最近ではワンマン等のライブやフェスに引っ張りだこのウソツキですが、ライブでの安定感も抜群、2017年もフェスの盛り上げ屋となってくれることは間違いないでしょう。いそうでいなかった、歌って踊れるうたものバンドとしてこれからの活躍に期待できると思います。

おすすめしたいアルバムは一生分のラブレター [ ウソツキ ]

 

3位

[official siteより]

 

若者にも大人にも聴いて欲しい現代シティポップの第一任者、Yogee New Waves

2013年の6月に結成され、現在は4人組で活躍するポップなロックバンドです。所属レーベルはnever young beach、D.A.N.が在籍するRoman Lable。彼らの優しくロマンティックで暖かいポップな音楽は、東京のような都市に必要とされている、あなたのための「オアシス」のような場所を作ってくれます。

数年前から東京を席巻しているシティポップ・ネオシティポップの最前線を突っ走っているといっても過言ではない彼ら。自身に影響を与えたアーティストとして山下達郎や松任谷由美、サニーデイサービスを挙げており、シティボーイにはもちろん、8.90年代のジャパニーズポップを聴いて育ったであろう大人の方々にも聴いていただきたいアーティストです。いい意味で20代とは思えない渋みのある角舘健悟のボーカル、思わず夕焼けが浮かばれるバックバンドの音色は、どの年代を相手にしても通用する音楽性に違いありません。

メンバー構成は角舘健悟(Vo.Gt.)、粕谷哲司(Dr.)、2017年1月16日からはかねてよりサポートメンバーだった竹村郁哉(Gt.)、上野恒星(Ba.)が正式メンバーとして加わりました。

サマーソニックやフジロックの公募枠から台頭し、インディーズシーンの注目株となっていった彼ら。オススメの曲は1stアルバムPARAISOに収録されている「Hello Ethiopia」です。じんわりと心に染みてくるような、夜明けのバイト帰りや元気の出ない深夜1人で聴きたくなるような、いい意味の切なさをまとった曲です。ライブやフェスなどに行き、みんなで集まって盛り上がる、元気が出るというのは音楽の1つの良さです。

ただそれだけでなく、逃げ出したいとき、不安なとき、恋人と別れた時、いろんな理由で1人になる時、ならざるを得ない時もあると思います。彼らの音楽はそんな時こそ、優しく、甘えすぎない、そっと寄り添ってくれる、そんなポップさとロックを兼ね備えた素敵な世界観を持ったバンドです。
おすすめしたいアルバムはSUNSET TOWN e.p.[CD] / Yogee New Waves

 

2位

[official siteより]

 

まるでバカンスしているかのようなトロピカルサウンド、never young beach

never young beachは2014年に活動開始しました。当初は宅録ユニットでしたが、その年の夏ごろから5人体制で本格的にバンド活動を始めます。所属はRoman Label 。日本の70年代のフォークソングと海外の海沿いで聴けそうなトロピカルなニュアンスがミックスしたような、いい意味で現代と逆行する音楽性に注目が集まっています。

メンバー構成は安部勇磨(Vo.Gt.)、阿南智史(Gt.)、松島浩(Gt.)、巽啓伍(Ba.)、鈴木健人(Dr.)の5人で2017年現在平均25歳ほどの若いバンドです。ペトロールズや踊ってばかりの国などを手掛けるエンジニアhmcの池田洋が手掛けたファースト・アルバム「YASHINOKI HOUSE」は業界に新しい風を吹かせました。アルバム1曲目の「どうでもいいけど」や3曲目の「あまり行かない喫茶店で」などの彼らのキラーチューンはぜひ耳に入れて頂きたいです。

現代版はっぴいえんど、などとも例えられていますが決して古き良さを活かしているだけではなく、トリプルギターのアンサンブルやリズム隊のコンビネーションにはnever young beachならではのモダンな色味が含まれています。今求められているモノ、音楽にこだわらず自分たちの好きを追求した結果、皆が求めていた音楽にたどり着いていた…と言うべきでしょうか。

天気の良い日に、力を抜いて、いい匂いのする音楽。彼らへの期待度が増していく中で、今後どのような作品が生み出されていくのか注目です。また、彼らの注目ポイントとして、ボーカル安部勇磨の人間性が挙げられるでしょう。朗らかな性格から生み出される歌詞はもちろんですが、ライブでのオチのつかないMCは必見です(笑)。

2017年1月下旬にはSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューすることが公表され、4月からは大阪・名古屋・東京をめぐるツアーが開催されることが決定しています。彼らのMCも含め、新世代の音楽を聴きに行ってみてはいかがでしょうか。
おすすめしたいアルバムはfam fam [ never young beach ]

 

1位

[official Youtubeより]

 

多彩な楽曲でインディーシーンの注目を集めるオシャレバンド、Suchmos

Suchmosは2013年に神奈川県で結成された現在は6人組のバンド(結成当初は4人)。読み方はサチモス。所属レーベルはSPACE SHOWER RECORDS。ロックやソウル、ジャズやヒップホップの要素を取り込んだ男らしい独自のブラックミュージックを奏でています。バンド名の由来は20世紀を代表するアフリカのジャズミュージシャン「ルイ・アームストロング」の愛称「Satimo」(such a mouth!なんて口だ!)から名付けられているようです。

メンバー構成はVo.YONCE(ヨンス)、Gt,TAIKING(タイキング)、Ba,HSU(スー)、
Dr,OK(オーケー)、DJ,KCEE(DJケーシー)、key,TAIHEI(タイヘイ)。OKとKCEEは兄弟。TAIKINGの父親はベルマーレなどで活躍していた元日本代表の戸塚哲也です。

湘南のイベントなどで活動を開始した彼らですが、2014年開催のフジロック「ROOKIE A GO GO」にていきなりトリを務めました。2016年にはタワレコポスターにnever young beachらとともに起用されたり、ホンダのSUVのCMに起用されたりと、その活躍は目まぐるしいです。

オススメの曲は「Essence」より「Fallin」、「Miree」、2ndアルバム「THE KIDS」より「A・G・I・T」です。彼らの楽曲は全てが洗練さているため挙げればキリがありません。クールな演奏にどこか耳なじみの良いボーカルライン、ロックなギターのリフに落ち着きのあるラップが交わる彼らの音楽は1日聴き続けても疲れない不思議な気持ちよさを兼ね備えています。

和製ジャミロクワイ、和製マルーン5としばしば評される彼らですが、影響を受けているかは公言されていません。しかし、その2組を想起するような音楽性をたしかに兼ね備えており、オシャレで踊れる音楽を好む方々にお勧めしたいアーティストです。2017年に既に新しいアルバムをリリースし、そのリリースパーティとも言えるツアーを3月から開催予定です。今、ライブチケットが最も入手しづらいと言われている彼らですが、リアルタイムでの彼らのパフォーマンスを1回は見てみたいものです。偉大な2アーティストにはない彼らの持ち味が今後開花することに期待です!(もちろん今も素晴らしいです。)
おすすめしたいアルバムはTHE KIDS [ Suchmos ]

 

結局、2017年に流行るインディーズバンドとは?

では、今後流行る、または今現在注目されているインディーズバンドの特徴とは何なのでしょうか。

この問いには「わからない」と答える人が大多数ではないでしょうか。今回紹介したアーティストに関してもジャンルはバラバラですし、ロックやR&B、ヒップホップといった同じジャンル内でも一概に定義することはできないでしょう。

ただし、1つ言えることは、多様な音楽を一般音楽リスナーが探しやすい環境が整ってきているということです。フェス等が活発化することでリスナーがたまたま好きなアーティストに出会うことやApple MusicやSound Cloudのような低価格、または無料で音楽を視聴できるアプリが普及したりと、その手法は様々です。

特にアプリに関しては、関連するアーティストやおすすめしたいジャンルを勝手に探してくれることにより、リスナー側が苦労することなくアーティストを見つけることが可能になっています。今後はAIの発達により、聴く曲の傾向や視聴時間によってさらに精度の高い情報が得られるようになるかもしれません。

もちろん、このようなアプリの台頭はアーティストにとって不利益となる一面もあるでしょう。アプリによってリスナーに音楽を届けることができても、アプリ側がアーティストに報酬を払わなければそのアプリに存在価値はありません。リスナーがアプリを手にすることは、相対的にCDの売上低下を意味します。リスナーに自分の音楽を聴いてもらうことが、恐らくアーティストにとって最も幸せなことですが、活動のためには資金が必ず必要となってきます。日本の音楽を隆盛させるためには音楽業界として、一般リスナーとして誰しもが考えなければならない問題でしょう。

話が非常に脱線してしまいましたが、次に流行るアーティストを定義することはできません。ですが、流行らせたいアーティストの情報を集めたり、応援したり、楽曲を視聴する環境は今後さらに整ってくるのではないでしょうか。

もし、このランキング以外にもインディーズバンドを知りたいという方がいれば、こちらの記事をご覧ください。

人気インディーズバンドランキングTOP10 2017年のインディーシーンを背負うアーティストをご紹介

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

この記事は2017年の2月1日に執筆していますが、半年後にはさらなるニューカマーがインディーシーンに登場するに違いありません。

このサイトでは今後もインディーズバンドに焦点を当てて、アーティストの紹介を行っていきますので、定期的にご覧いただけると幸いです。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク