HIPHOP、REGGAE好きが選ぶ2017年最重要おすすめアーティスト

HIPHOP、REGGAE好きの皆さんこんにちは!

今回は2017年に向けて、おすすめのアーティストを選んで見ました!HIPHOPやREGGAEは日本の音楽シーンにおいて、まだまだアンダーグラウンドなものばかりです。この記事がきっかけとなり、HIPHOPやREGGAE の魅力が伝われば非常に嬉しく思います!2017年以降も目が離せない最重要アーティストをピックアップしました!

MIGHTY CROWN

プロフィール

日本のREGGAEシーンを地元横浜から世界をターゲットに活動を展開し、そのシーンを走り続けるダンスホール・レゲエサウンド。サウンドクラッシュと呼ばれる音楽の戦いで、幾度となく世界を制覇しているMIGHTY CROWN。
活動歴25年、今もなおその速度を緩めることなく進化を続けているアーティストです。
MIGHTY CROWNはオリジナルブランドNINE RULAZも展開し、ファッション業界からも注目されてます。

メンバーは、
MASTA SIMON (MC)
SAMI-T (SELECTOR.MC)
COJIE (SELECTOR)
NINJA(SELECTOR)

レーベルは、
MIGHTY CROWN ENTERTAINMENT
となっています。

音楽性
MIGHTY CROWNは移動式サウンドシステムを持ち横浜を拠点に様々なイベントを主催しています。中でも、横浜レゲエ祭は日本最大級のレゲエイベント、観客動員数は年々増えていく傾向であり、その最大動員数は3万人とも言われています。2016年の横浜レゲエ祭はパシフィコ横浜国立大ホールで行われ、成功、様々なアニバーサリーが重なりDVD化が決定しています。この祭典、MIGHTY CROWNにより選出される国内REGGAE・HIPHOPなどのアーティストにより行われ、2016年にはMONGOL800のベース・ヴォーカルを担当するキヨサクが出演し話題を呼びました。本場ジャマイカのREGGAEアーティストもゲスト出演するのでそちらも醍醐味の一つとなっており、また、こちらに共演するFIRE BALLとは一心同体、コンピレーションアルバムなどでもプロデュースや共演している盟友です。

世界チャンピオンとして
MIGHTY CROWNはサウンドクラッシュと呼ばれる音楽の戦いにて、日本代表として世界を相手に戦っています。サウンドクラッシュとは、セレクターが曲を掛けMCが対戦相手をこき下ろすバトルであり、特徴としてダブ・プレートと呼ばれるREGGAEの歌い手が対戦相手をDISったようなオリジナル曲の替え歌を録音した音源を流します。どのようなダブ・プレートを用意し、MCがどのような言葉で相手をDISし観客を盛り上げるかで勝敗が決まります。ちなみに、このダブ・プレートは一曲あたり数万〜数百万、世界に二枚とないプレートといわれています。MIGHTY CROWNは世界各地で行われる大会で20個以上のトロフィーを手にしていることで有名です。

ぜひ聴いていただきたいアルバムは「MIGHTY CROWN / CROWN FOUNDATION MIX-GOLDEN DUBS-

韻シスト

プロフィール
1998年から大阪を拠点に活動しているHIPHOPバンドが、韻シストです。2016年6月15日には、2年8ヶ月ぶりにニューアルバム「CLASSIX」をリリース。生バンドでHIPHOP を奏でる韻シストは15年以上に及ぶバンドのコンセプトを持ち、REGGAEの歌姫ことPUSHIMが立ち上げたレーベル’’Groovillage’’とリンクしていることでも話題になっています。韻シストの特徴として、ジャズ・ソウル・ディスコ・ファンクなどバンドのルーツとなる音をふんだんに奏でることが挙げられます。オリジナル・ジャパニーズ・ヒップホッパーとして歩み続けている韻シストは2017年大注目のアーティスト集団であり、HIPHOP好きには是非とも聴いて欲しいバンドです。

メンバーは、
BASI (MC )
サッコン (MC)
TAKU (Guitar)
SHYOU (Bass)
TAROW-ONE (Drums)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。