スムースジャズの名盤10選 往年のアルバムを一挙紹介します

スポンサーリンク




Everybody Loves The Sunshine -Roy Ayers

米ミュージシャン、ロイ・エアーズが1976年にリリースした作品。R&Bとジャズが融合した、とても都会的で洗練された音楽です。アルバムタイトルでもある曲「Everybody Loves The Sunshine」は70年代を代表する曲、そしてロイ・エアーズの代表作でもあります。後にメアリー・J・ブライジやPMドーンなど多くのヒップホップアーティストがサンプルに使用している事でも有名です。

70年代後半という時代的背景から、アルバムでは当時流行していたソウル、ディスコ色の濃さも表れています。踊り出したくなるような、軽快な音が特徴的です。ジャズ・ファンクのパイオニアとしても有名なロイ・エアーズ。スムース・ジャズ・クラシックの必需品として、必ず聞いておきたい一枚です。

 

Breezin’ -George Benson

ジャズ・ギタリストであるジョージ・ベンソンの1976年の大ヒットアルバムです。当時流行していたジャズ・フュージョンで、とてもお洒落に仕上がっています。アルバムタイトル名の通り、海辺で爽やかなそよ風に吹かれているような感じを受ける、洗練されたスタイル。

その中でもおすすめの曲は、ボビー・ウーマックが作曲したオープニングトラック「ブリ-ジン」。今ではスムース・ジャズの定番となりました曲でもあります。そして次にレオン・ラッセルが書いた2曲目「マスカレード」。チャートトップに入った大ヒット曲です。

アルバムでベンソンはギターだけではなく素晴らしいヴォーカルも担当。胸がキュンとなる歌を聞かせてくれます。全体的に落ち着いた大人の雰囲気が味わえる作品です。

ジョージ・ベンソンは1943年生まれのアメリカのギタリスト兼歌手です。今回おすすめするアルバム「ブリージン」は、ビルボードのポップ・アルバム・チャートやジャズ、R&Bのアルバム・チャートにおいていずれも1位を獲得しています。ジャズ・アーティストがポップチャートで1位をとるなんて誰も想像しなかったことを彼はその溢れんばかりの才能で見事に勝ち取りました。

スムースジャズのスタンダードとなっている「ブリージン」と「マスカレード」の2枚のシングル・ヒットを出し、アルバム自体もプラチナディスクに認定されました。1977年の第19回グラミー賞において、ベンソンは最優秀インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得。楽曲「マスカレード」で、最優秀レコード賞を受賞。

作曲はレオン・ラッセルで自身もレコーディングしていますが、ジョージ・ベンソンのカバー曲の方が大ヒットしました。オリジナルよりサウンドはちょっと軽めですが、ベンソンが弾くギターが3音オクターヴ奏法などの多彩なギターテクニックで、聴く人を圧倒します。そして自身が弾くギターとボーカルのユニゾンがとても素晴らしいです。 のちに、カーペンターズやヘレン・レディなどもカバーした名曲です。

 

Sleeping Gypsy -Michael Franks

1977年にリリース。米ジャズシンガー、マイケル・フランクスがしっとりとした大人のヴォーカルで優雅な雰囲気を漂わせてくれるアルバムです。クルセイダーズ全盛期を彩ったウィルトン・フェルダーやジョー・サンプル、ラリー・カールトンを中心とした一流ミュージシャンがバックで参加という完璧な演奏。

お勧めの曲はやはり有名な「アントニオの歌」です。日本でも何度かカヴァーされているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。当時流行ったボッサ・スタイル。どこか寂しく悲し気で、日本人の琴線に触れる曲です。

アルバムは全体的にボサノバ、ジャズ、AORが織り混ぜられた素晴らしい作品。全く飽きのこないしなやかな歌声。何度も聴いてみたくなる不思議なヴォーカル。夜、ひとりでのんびり落ち着きたい時などに聴くと、とても癒される。おススメの一枚です。

 

Larry Carlton -Larry Carlton

邦題は、夜の彷徨い。1978年にリリースされたアルバムです。フュージョン・ギターといえばラリー・カールトン。

アルバム中でおススメの曲はやはりオープニングの「Room335」です。音楽について難しい事が解らなくても大丈夫。このカッコ良い曲を聴いてしまえば全てが理解できます。文句なしにクール。大人の雰囲気たっぷりだけれど、スピード感もあります。素晴らしいギター演奏だけではなく、ヴォーカルも同時に楽しめる作品。ドライブにも最適です。このアルバムは大ヒット作で、現在もリマスター盤が続々売れている状態の人気作です。スムースジャズ・ファンのみならず、ギター好きにはたまらない、時代を超えたカッコよさ。一度聴いたら病みつきになる、超お勧めのアルバムです。

 

Between the Sheets -fourplay

リ―・リトナーを始めとする大物ミュージシャン4人によるグループ、fourplayが1993年リリースのアルバムです。

おすすめの曲はアルバムタイトル曲「between the sheets」。元々はアイズレ―・ブラザースの83年のヒット曲で、チャカ・カーンがヴォーカルを担当しています。まさにスムーズで、とてもセンスの良い仕上がりの曲になっています。アルバム全体に流れるのは、非常に心地良い空気。超一流ミュージシャン達の演奏は控えめでありながらも心に沁みるので、ずっと聴いていたい、そんな気持ちにさせてくれます。

米コンテンポラリー・ジャズのチャート1位になったというのも納得できる名盤。誰もがスッと聴けてしまう、優しい曲ばかりが揃っています。曲・演奏全て完成度の高い素晴らしいアルバムです。

 

Esprit De Four -fourplay

fourplayからもう1枚。13作目のアルバム「エスプリ・ドゥ・フォー」(2012)を紹介します。「4人の心のはたらき」かっこよく言ってしまえば「4つの魂」の意味です。

fourplayは、アメリカのスムースジャズピアニストの重鎮であるボブ・ジェームス(1939~)が、年下の腕利きミュージシャンであるベーシストのネイザン・イースト(1955~)、ドラマーのハーヴィー・メイソン(1947~)、ギタリストのチャック・ローブ(1955~)、(fourplayのギタリストとしてはリー・リトナー、ラリー・カールトンに次いで3代目)と組んでいるユニットです。最初の結成は1990年、現メンバーになったのは2010年です。

このアルバムを選んだ理由は、彼らの日本への親愛の情がこめられたアルバムだからです。今まで、fourplayは3度の年越し公演を日本で行っています。特に、ボブ・ジェームスは2011年の東日本大震災に心を痛め、「ともに復興に向けて」という気持ちをこめて復興支援のための楽曲『プット・アワ・ハーツ・トゥゲザー』を書きおろし、それを携えて同年9月に行われた「いわてジャズフェスティヴァル」に出演しました。この楽曲は、ヒラリー・ジェームスが歌詞をつけ、ボブの指名によって松田聖子(1962~)によって歌われることになりました。翌年にこの楽曲を収録したアルバム「エスプリ・ドゥ・フォー」が日本でリリースされ、その最後のトラックに、松田聖子の歌った『プット・アワ・ハーツ・トゥゲザー』が収められています。

ボブは、年長者でもあるにもかかわらず、よくありがちな「リーダーとその仲間たち」のスタイルをとっていません。fourplayをひとつの集合体として考えています。ボブを含めて、お互いが信頼と尊敬で結ばれています。どのアルバムでも、どのメンバーにも楽曲を書いてもらい活躍できる場を作っています。そういった多彩さのあるアルバムなので、あえて「おすすめ曲」はあげません。最初から最後まで、まずは聴いていただくことをおすすめします。

 

Rainbow Seeker -Joe Sample

邦題は、虹の楽園ジャズ・フュージョンのピアニストであるジョー・サンプルの1978年のアルバム。代表作ともいえる作品です。米フュージョン・グループ「クルセイダーズ」で活躍中に発表したこのアルバムは大ヒット、現在も名盤として聴き継がれています。

その中でもおすすめは4曲目の「メロディーズ・オブ・ラヴ」。ピアノの音色が優しくて、とても美しくて心に響く名曲です。アルバム全体を通して聴ける、美しいメロディライン。ジョー・サンプルの演奏するピアノが、メロディの素晴らしさをより一層印象的にしているので、聴いているといつの間にか心を打たれてしまいます。

彼らしいファンキーな曲もあり、聴き応えは充分です。アルバム一枚、じっくりと楽しめる作品といえるでしょう。

Straight to the Heart -David Sanborn

デヴィット・サンボーンはアメリカのサックス奏者です。ジャズフュージョン界で活躍し、スムーズ・ジャズへの影響も多大なものがある彼。「ファンキーなサックス」と表現する人もいれば、「歌うようなサックス」と表現する人もいます。

彼の真髄を体感するにはライブが一番だと言われています。ライブで聴く彼のサックスは猛りまくり、狂おしいほどに躍動的で筆舌に尽くし難いものがあります。

そのため、今回はおすすめアルバムとしてライブ盤の「Straight to the Heart」を紹介します。このアルバムでの彼はエモーショナルかつインプロビゼーションに富んでいます。素晴らしい曲ばかりラインナップされている中でも、特に3曲目の「RUN FOR COVER」については、マーカス・ミラーの圧巻のベースプレイをはじめ、超一流のバックミュージシャンが素晴らしいサポートで彼の良さを引き出している秀逸の曲です。

 

picture -菰口雄矢

2014年、26歳時のソロアルバムのリリースは、満を持してのデビューアルバムとなりました。作曲と編曲をカシオペア3rdの野呂一生さんに師事したとのことで、その影響がこのアルバムではよく出ています。具体的には、ギターの音色をあまり歪ませずに、ギターをよく歌わせひとつひとつの音をはっきり聴かせてくれます。また、鍵盤楽器を上手に楽曲にからませている手法も野呂さん譲りです。

菰口さんは元々、ロック寄りの速弾きもバリバリできるらしいのですが、ジャズ系としてのデビューアルバムということを意識して、ミドルテンポの楽曲やバラードの楽曲を多く交えながらアンサンブルを自在に操っていることをアルバムから聞き取ることができます。

ギター好きな若い人にも、かつてのフュージョンファンの大人たちにも、楽しめるアルバムだと思います。おすすめの曲は、2曲目「Glasses」。個人的にも店頭で聴いてアルバムの購入を決めた曲でもあります。

スポンサーリンク