ガレージロックバンドおすすめ10選 洋楽と邦楽をまとめて紹介

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

まずは90年代の日本のガレージロックの代名詞、thee michelle gun elephantです。読み方はミッシェルガンエレファント。リアルタイムで体験していたファンは、thee michelle gun elephantのカリスマ性と人気と音楽に酔いしれていたことを今でも覚えています。チケットは発売と同時にソールドアウト、ライブに行けた人は幸運でした。

邦楽シーンにおいてガレージロックの格好良さを広く世間に認知させた稀有なバンドでしょう。作詞はバンドのフロントマンであるチバユウスケが行い、作曲はメンバー全員のジャムセッションで作られた楽曲が多いです。1996年のデビューから2003年の解散まで日本のロックシーンのトップを走り続けました。初期の作品は特にガレージロックの要素が強く、特に1998年のアルバム「ギヤ・ブルーズ」はガレージ・ロックの音の世界観にメロディーの美しさが加わった必聴のアルバムです。終曲のダニー・ゴーは心に迫る彼らの名曲の一つです。

ギターのアベフトシが2009年に死去している為、もう二度と彼らのオリジナルの演奏が聴けなくなってしまった事が本当に残念です。thee michelle gun elephantはバンドとしてあまりにも大きくなりすぎて、おそらく本人達もよくわからないまま走り去ってしまったバンドではないかと思います。

 

ギターウルフ

ミッシェルガンエレファントと同時期に日本のガレージロックを索引したバンドがギターウルフです。すべてのガレージロックはギターウルフにあり。

おすすめのアルバムはもちろん、ファーストアルバムである「狼惑星」です。このアルバムは、キングブラザーズのマーヤ(ギター&スクリーム)もおすすめしている1枚です。ロックンロールを知りたければこのアルバムを聴け! という風なことを言っていたことを覚えています。

このアルバムに収録されている 「インベーダーエース」は、オーストラリアのガレージロックバンドであるThe D4に日本語でカバーされるなど、ファンの間でも人気の高い曲です。

現在もライブ活動を精力的に行なっているギターウルフ。彼らのライブではこのアルバムの収録曲がいつも2、3曲は演奏されます。定番曲がたくさん収録されたこのアルバムを聴いておけば、ライブの予習もばっちりでしょう。

 

THE Hitch Lowke

友人に連れられてライブを見に行ったことが初めてのヒッチロークとの出会いでしたが、前情報では、THE YELLOW MONKEYにインスパイヤを受けたバンドと思っていました。しかし、実際に見ていると、また違った良さに気づきます。

軽快なドラムのサウンドとツインギターによる音圧の大きさ、ベースの憎らしい(いい意味で)リードと、ボーカルの声の深さはまさに王道ガレージロックサウンドを感じることができます。ライブを見ていた私もつい体が動き出してしまいました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。