シティポップの名盤10選 日本の歴史に残る10枚のアルバムを紹介

スポンサーリンク




風街ろまん – はっぴいえんど

まずはこのアルバム。まさに日本のシティポップの黎明期に燦然と輝く名盤がはっぴいえんどの「風街ろまん」です。このバンドなくしては今の日本のシティポップは成立していないといっても言い過ぎではありません。

この作品を聞き、もしかしたら風街ロマンはシティポップと呼ぶには作品的にはロック寄りだとか、カントリー的だとか感じるかもしれません。しかし、細かな要素を聴いていくと、まさに現代のシティポップに通じる方法論がいたるところで展開されています。

特に、代表曲である「風をあつめて」は今でも多くのアーティストがカバーしている名曲。素朴なメロディに胸をキュンとさせるノスタルジックな魅力があります。他にも「夏なんです」など、今聞いても全く色あせない名曲ぞろいのアルバムです。シティポップに興味を持ち始めた方にぜひ聞いてもらいたいアルバムです。

 

RIDE ON TIME – 山下達郎

シティポップの代表者といえば大瀧詠一が外せませんが、山下達郎を推す人も多いのでは。山下達郎はシュガーベイブで活躍後ソロデビューしてましたが、このアルバムまでは特に大きな話題とはなっていませんでした。しかし、シングルカットされたRIDE ON TIMEが日立マクセルカセットテープのCMのBGMに使用され、この曲は青く澄み切った海と山下達郎の澄み切った高音と出だしからサビまでの臨場感、美しいメロディラインと素晴らしくマッチングしていいました。

この「RIDE ON TIME」が収録されているアルバムの「RIDE ON TIME」こそがソロシンガーとしての山下達郎を一躍メジャーにしたと言っても過言ではありません。もちろん「SILENT SCREAMER」など他にも素晴らしい楽曲も収録されていますが、シングルカットされたRIDE ON TIMEは現在でもなお使用されることも多く、色褪せない名曲。ぜひ聞いてみてください。

Reflections – 寺尾聰

全10曲の楽曲を寺尾聰本人が作曲しています。おそらくは旋律から先に作られて行ったと想像されますが、一ミュージシャンであるのにかかわらず作曲のプロ顔負けの多彩な曲調の作品を書いていることには毎度驚かされます。井上鑑をはじめとする腕利きのスタジオミュージシャンが集結、その中でむしろ感情を出さずに、語りかけるような寺尾の歌い方がむしろ新鮮に感じます。

アルバム「Reflections」はどの楽曲をとっても、1981年当時にイメージされていた男と女のクールな恋と、そのはかなさを描いています。アルバムの冒頭の「HABANA EXPRESS」は、海辺で過ごすカップル。「予期せぬ出来事」では、男性が心ひかれた女性をパーティーから連れ出します。「渚のカンパリ・ソーダ」は海辺でひりひりする男性の片思いを歌います。「SHADOW CITY」は、別れを決めたはずの女性に対する、どうしようもない未練が歌われます。「ルビーの指環」も、別れた過去の女性を追憶しています。この中に入ってしまうと、このアルバムの世界観にまるごと包まれてしまって、大ヒット曲であったことを忘れさせてしまうくらいです。どの楽曲を聴いても、その恋が必ず別れを迎えるであろう雰囲気がただよいます。これは作詞の有川正沙子・松本隆の力量によるものでしょう。
そして、最後の楽曲「出航(SASURAI)」で、今までの恋を吹っ切って生きる決意をする男性。この曲がなければ、未練たっぷりの後ろ向きな男性を描いた、情けない楽曲の並んだアルバムで終わってしまいますが、ここで新しい一歩を踏み出したことで「自分も失恋ばっかりしているけれど、一歩踏み出そうかな」と、どれだけの人が(女性も含めて)背中を押されたことでしょうか。寺尾聰を聴く上で最も聴きごたえのある、ストーリー性に溢れた1枚となっています。

 

SONGS – シュガーベイブ

このアルバムを抜いて、日本のシティポップは語れないといえる奇跡的な一枚です。なんといっても今のポップスのグルーブをすべて持っているといってもいい心地よさが一番の特徴。もう、何十年の前のアルバムですが、全く色あせるどころか新鮮にすら感じる出来です。

特に「今日はなんだか」という曲は今リリースした作品といってもいいほど完成度が高く、爽快に駆け抜ける感じは何度も飽きない心地よさがあります。さらに、「DOWN TOWN」という曲はいまだに多くのアーティストがカバーするほどの名曲です。この2曲を聞くだけにアルバムを購入しても価値があるといえる一枚です。まさに、日本のシティポップシーン、ミュージックシーンの源流を確認することのできる一枚だといえます。

 

MELODIES – 山下達郎

山下達郎からもう1枚。山下達郎というと、まさに日本のシティポップを牽引してきた一人です。数ある名盤の中でも非常に評価の高い一枚がこの「MELODIES」です。今まで、蓄えてきた音楽センスをすべて詰め込んで制作されています。

このアルバムの代表曲として知られるのが、今現在でもスタンダードナンバーとなっている「クリスマスイブ」です。数々のヒットチャート記録を打ち立てていますが、それは、この曲が全く古くならない今作曲されたのではないかと思えるほどの新鮮さです。リリース時には夏のイメージの強かった山下達郎が冬の曲を出すということが非常に大きな衝撃を与えました。

今のポップスの要素をすべて詰め込んだ名曲ぞろいのアルバムになっています。山下達郎を聞くなら、まずこの一枚といえる代表作だといえます。

 

1981~1987 – 角松敏生

シティポップといえば、都会的でおしゃれなメロディでロックとは一線と画する音楽だといえます。その第一線を走っていたのが、角松敏生です。彼のデビューからの6年間の名曲ばかりを集めたのがこのアルバム「1981~1987」です。

彼の作品の一番の特徴は楽曲それぞれに非常に幅広いバックボーンを持っているということです。ブラックコンテンポラリーからヒップホップに至るまで様々な音楽に精通しています。現在も活発に活動をしている彼の原点がこのアルバムに詰まっています。

このアルバムの最初に収録されている「YOKOHAMA TWILIGHT TIME」は彼の代表曲であり、デビュー曲でもあります。非常にセンスの光る雰囲気のいいシティポップの名盤といえる一枚です。

 

awakening – 佐藤博

まさに、ひとりシティポップの名盤といえる一枚です。佐藤博は、音楽に妥協しないことで有名な人です。その、佐藤博が一人で様々な楽器を駆使して多重録音をして自分の理想を追い求めて制作しています。

オープニングチューンである「AWAKENING(覚醒)」で、すでに完成の域に達しています。様々なサポートミュージシャンを迎え、自分の音楽の理想を追い求めた作品です。打ち込みを多用しながらも、非常に温かみのあるグルーブ感を醸し出しています。それは、計算されつくしたゆえの温かさだといえます。

今でも多くのアーティストがリスペクトする日本のシティポップを代表する作品です。今後も色あせることのない金字塔ともいえる一枚です。

 

Mr.COOL – 桑江知子

シティポップに求めるものは人によって違うと思います。しかし、代表的な特徴であるメロウな部分とグルーブ感を一つにまとめたアルバムがあります。それが桑江知子のこの作品「Mr.COOL」です。やはり、爽やかなメロディには爽やかで通る透き通った歌声が必要だということを痛感させる一枚です。

桑江知子は、その独特の低い歌声が魅力のボーカリストです。全編にわたって大人っぽい歌声を披露しています。特に「SUMMER TIME」は木漏れ日の中で聞きたい、そよ風を感じるような爽やかな1曲です。すべての曲が全く捨て局なしで最初から最後まで、一気に聞くことのできる実力派ボーカリストの名盤です。これからも色あせることのない一枚になることは間違いありません。

 

3 – キリンジ

キリンジといえばこの曲という名曲「エイリアンズ」が収録されたアルバムです。大人の風格が目一杯漂うこの楽曲をアルバムのちょうど中間地点に位置させて、その前後に多様性のあるキリンジの世界観を爆発させて包み込んだアルバムになっています。

1曲目の「グッデイ・グッバイ」はポップでキャッチー。ノリの良いリズムとホーンからいきなり身体を自然と揺らせ、その世界観に引き込ませてくれます。最後は「千年紀末に降る雪は」で締めくくり。クリスマスを舞台にした楽曲で1年の終わりを感じさせるかのようにアルバムの終焉をどっしりと彩ります。しかし、どことなく次に繋げてくる余韻を感じるリズムになっていて、リピートして1曲目に戻って「グッデイ・グッバイ」が流れた時に一回り、という気分にもさせてくれるアルバムになっています。

シティポップブームが少し収まった2000年リリースではありますが、ぜひ聴いて頂きたい1枚です。

 

音楽は素晴らしいものだ – キンモクセイ

キンモクセイの存在を世の中に知らしめた楽曲「二人のアカボシ」が収録されているアルバムです。

名曲「二人のアカボシ」で3曲目からセンチメンタルな気持ちにさせてくれますが、最後に収録されたアニメ『あたしンち』オープニングテーマにもなった「さらば」ではホーンセクションが印象的で最後は楽しい気分にもっていかれます。そのタイトルや「こんにちは ありがとう さよなら また会いましょう」と歌っている歌詞の内容通り、アルバムを締めくくるにふさわしい楽曲になっています。

全体的にフォーキーで、どこか懐かしい歌謡的な雰囲気も味わえる楽曲にヴォーカル伊藤俊吾の切ないハイトーンな声が相まって、自身最高の売上を記録したのも頷けるクオリティーの高い楽曲の詰まったアルバムに仕上がっています。

キリンジと同時代を生きたキンモクセイ、現代よりのシティポップを聴きたい方におすすめです。

スポンサーリンク