女性のカントリーミュージックアーティスト9選 美しい歌声で魅了するシンガーを紹介

スポンサーリンク




Dolly Parton

ドリー・レベッカ・パートンは1946年生まれのアメリカ合衆国のシンガーソングライターで、1999年にカントリーミュージックの殿堂入りをしています。これまで3,000曲以上を作曲してきました。

そんなドリー・パートンがリリースしたアルバムの中から1974年に発表した「Jolene」をおすすめします。アルバム「Jolene」には彼女の代表曲でもあり数多くのアーティストがカバーし大ヒットした「 I Will Always Love You」や「Jolene 」が収録されています。

「 I Will Always Love You」はカントリーチャート1位を獲得しましたが、のちにホイットニー・ヒューストンが映画「ボディガード」の主題歌としてカバーし、ビルボードで14週第1位を獲得し、ベストセラーとなりました。「Jolene」はオリビア・ニュートンジョンがカバーしリバイバルヒットしました。2曲ともにドリー・パートンのオリジナル曲は実に味わい深く仕上がっており、有名アーティストがカバーしたかった理由がわかります。ぜひお聴きください。

 

Faith Hill

フェイス・ヒルは、1967年生まれのアメリカミシシッピ州出身の女性カントリー歌手。シンガーソングライターでギターとピアノを弾きます。

そんなフェイス・ヒルのリリースアルバムから1999年に発表した「Breathe」をおすすめします。「Breathe」は2000年のアメリカ音楽界最大のヒットを記録するアルバムとなりました。同名のシングルはポップランキングで1位を獲得、同じように「(I Like) The Way You Love Me」が7位になり、ビルボードの歴史上最も長期間である57週間ランキングに載った曲となりました。

結局、「Breathe」は全米チャート1位を記録し、800万枚を売り上げました。夫のティム・マックグローとの魅惑的なデュエット曲も素敵ですが、メロディーよりも何よりもとにかく彼女の芯の太い歌声が特徴的で素晴らしい出来となっています。カントリーミュージックを好む方にはぜひ聴いていただきたい1枚です。

 

Shania Twain

シャナイア・トゥエインは、1965年カナダ オンタリオ州出身のカントリー歌手です。過去4枚のアルバムで累計8500万枚のアルバムセールスを誇ります。

そんなシャナイア・トゥエインが1996年に発表したアルバム「Come On Over」がおすすめです。彼女のサードアルバム「Come On Over」はカントリージャンルのアルバムとして全世界一となる4000万枚の売り上げを記録し、トップ10チャートに50週間ランクイン、グラミー賞カントリー・女性ヴォーカル部門を受賞しました。

このアルバムは彼女の持ち味であるしっとりとしたアルトヴォーカルが浮かぶ完成度の高い曲ばかりです。カントリーの要素がしっかり残っており、その中でロック調の曲やレゲエ調の曲があったりで素晴らしい作品ばかりです。何度聴いても飽きることがないでしょう。1996年から2000年までの5年間で、5つのグラミー賞を受賞するなど評価も高いシャナイア、女性アーティストのアルバムとして歴史上最高の売り上げを記録しています。

 

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは、1989年生まれ。アメリカペンシルバニア州出身のカントリー歌手です。彼女が発表したアルバムすべてがおすすめですが、今回は2008年に発表し、史上最年少でグラミー賞を受賞した「Fearless」をおすすめします。

スポンサーリンク