アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

ガレージロック名盤9選 国内外の有名アルバムを紹介します

スポンサーリンク




TMGE106 -Thee Michelle Gun Elephant

日本におけるガレージロックの金字塔とも呼べるベストアルバム。ミッシェルガンエレファントの代表曲をこのアルバム1枚にぎゅっと詰め込んでいるので聴きごたえありです。

エッジの効いた厚みの有る演奏にヴォーカル、チバユウスケの声、歌詞がカッコよく胸に突き刺さります。どの曲もおすすめで一気に聴くことがいいのですが、特におすすめな曲は「ブラック・タンバリン」。彼らの代表的な曲でもあります。曲自体は3分弱と短めの構成ですが、一気に心を奪われます。イントロから軽快でラフなギターに厚みの有るベース。跳ねるドラム音。そこに颯爽と現れるしゃがれたハスキーボイス。散りばめられたタンバリンへの思い。タンバリンに対してこうも熱く歌えるのか。「今日も泣いているクロイ タンバリン」意味深です。「クロイ タンバリン」とコーラスを加え向かうアウトロは必聴です。

cult grass stars -Thee Michelle Gun Elephant

このバンドとの出会いは、彼らのデビューから6年後の1997年。夜中の音楽番組で流れていた「バードメン」のプロモーションビデオを観たときでした。リビングでうたた寝をしていた私の頭に、疾走感のあるリズムと掠れたアベフトシのギター、さらに掠れたボーカル・チバユウスケの声が飛び込んできた。ただ、ガシャガシャうるさいだけでなくメロディアスな曲調と、一筋縄では理解できない(理解されることなど望んでいない)摩訶不思議な歌詞が私の胸をざわつかせました。ガレージロックバンドというと、古い車庫の中で演奏される籠ったような音を一番の魅力とする人が多いかと思いますが、このバンドの良さは音質だけでなく、ボーカル・チバが手がけるこの味わい深い(といったらチバに怒られそうだが)歌詞に因るところが大きいでしょう。

それから日を置かずに彼らの1st.アルバムを購入。そこにもバードメンの衝撃と同じ、口ずさみやすいけれど攻撃的なメロディーと人を突き放すような、それでいて噛み応えのある詩の数々が散りばめられていました。

今聞いてもまったく古臭さを感じさせない「世界の終わり」や”俺の言いなりになりなよ~ 俺におもちゃにされなよ~”と上から目線の「S彼」を連想させる「toy」もさることながら、私が一番お勧めしたいのは「strawberry garden」。”イチゴ畑”ののどかなイメージとは対照的に8行程度の短い詩のなかにあるのは、気だるさとやるせなさ。昼間の太陽に晒されてもなお、思い出すのは、夜の闇に置き去りにしてきた語らるのが憚られる過去。その過去はイチゴみたいに最初は甘く美しいものだったのかもしれません。

太陽だけが照りつける誰もいない孤独な庭で、イチゴ=甘く実はずだった過去を眺めて(あるいは燃やして)暮らすよという切実な歌の世界が、チバの掠れた声で目の前に繰り広げられます。

Whatever People Say I Am Thats What I Am Not -Arctic Monkeys

このアルバムは、荒削りなサウンドがスピード感や衝動性を感じさせるアークティック・モンキーズらしいデビューアルバムです。

基本的に彼らのサウンドは、荒々しくかき鳴らされるコード、耳を刺すようなギターリフに加え、イギリスのバンドらしく重めのドラムを手数多く変則的に、パンクなみの早さで演奏するというかなり攻撃的なものです。内に秘めた破壊衝動を感じさせるためか、聞くときはある種の緊張感と性急さ、切迫感を感じる印象。

そんなナンバーが多い中で、私がおすすめしたい楽曲はview from the afternoonです。彼らの荒々しいサウンドの特色はそのままに、比較的耳で追いやすく安心して聞ける曲となっています。私自身がそうでしたが、サウンドに隠れた彼ら本来の魅力であるメロディそのものの良さや独特の節回しに気づくことができれば、きっと魅了されるはずです。これから聞きはじめる人は入り口としていかがでしょうか?

次作であるFavourite Worst Nightmareで名実ともにロック界のトップアーティストの仲間入りを果たすこととなるArctic Monkeysですが衝撃度と勢いという点においてはこのデビュー作のほうが上でしょう。

今までどうしてもアンダーグラウンドな匂いが取れずにメジャージャンルではなかったガレージロックをオーバーグラウンドに押し上げた功績も高く評価できる点ですし、キャッチーさと媚びないサウンドのバランス感覚が非常に馴染みやすく、このジャンルにありがちな60年代の焼回しになっていない音楽という点も大きいです。

アルバム通して存在感のあるギターにストレートなサウンドは一曲目から捨て曲なく最後まで聞けるオリジナリティー溢れる一枚です。

 

Here Are The Sonics -The Sonics

ガレージロック初期の王道とも言えるアルバムがこのHere Are The Sonicsです。聞く人によっては騒音にしか感じられない歌声は、それでも溢れんばかりのパワーに満ちあふれています。トラック1のThe Witchからリミッターが外れているとしか思えない絶叫ボーカルはラストまで衰えません。60年代パンクの入門編にして頂点と称する人も多く、私もそう思っています。

その中でもお勧めしたいのはトラック4のBoss hoss。吐き捨てるような歌い方とシンプルかつパワフルなコード進行。重なるオルガンとサックスのサウンドは初期R&Bの要素すら感じられます。このごちゃまぜぶりはパンクというジャンルがまだはっきりと確率していなかった、60年代の音楽シーンをよく表しているのではないでしょうか。

Young For Eternity -The Subways

男女のツインボーカルが特徴であるイギリスのバンドThe Subwaysのおすすめアルバムはデビュー作である「Young For Eternity」です。

基本的にはロックンロールを土台にしたガレージロックで、3ピースでの音を大切にしているのか、余計な音は入れないシンプルな楽曲が多いです。シンプルであるだけに、若さゆえの衝動が前面に押し出されたアルバムと言えます。それに加えて、イギリスらしいメランコリーさやカントリーのような雰囲気を持った楽曲もあり、幅の広さを感じさせてくれます。

アルバムの中でもおすすめしたい楽曲は、Rock & Roll Queen。非常にシンプルな楽曲ではありますが、衝動的なエネルギーが一番よく出ている勢いのある楽曲です。

 

Wild Teen Punk From Peru 1965 -Los SAICOS

ペルーという国からどんな音楽を思い浮かべますか?音楽の授業で聞いたコンドルは飛んでいくや、アンデスの春でしょうか?哀愁を帯びた民謡のような曲……そんな国にこんなグループが居たと知った時は衝撃でした。

Los SAICOSはペルー産のガレージロックバンドです。とにかく聞いて!とお勧めしたいのがトラック3のDemolicion。原始的なドラムのイントロ、サーフミュージックを彷彿とさせる旋律が流れた瞬間、タタタヤヤヤーという絶叫。何を聞いているのかわからない内に2分50秒が過ぎているという、ジェットコースターのような体験を経験できるかと思います。一度聞いたら耳から離れない呪いのようなサウンドです。

ペルー産と言う事もあり、欧州バンドでは感じられない独特の旋律、お薦めです。

 

Up the Bracket -The Libertines

今回おすすめするのはザリバティーンズのUp the Bracketという曲です。ザリバティーンズの1stアルバムのUp the Bracket(邦題、リバティーンズ宣言)に収録されています。

ガレージロックというものの存在が薄れていっていた21世紀に突如新星としてあらわれ、世界中にガレージロックの存在を思い出させました。

Up the Bracketはどこか懐かしい気持ちにさせてくれる曲です。21世紀の初頭といえば、ヒップホップやラウドロックなどの新しいテクノロジーが多様された音楽が流行り、ノスタルジーなガレージロックというのはほぼ存在しないような状況でした。ですが、ザリバティーンズはあえてそんな状況を笑うように軽快にこの曲を発表し、世界中にガレージロックというものを思い出させた伝説的ガレージロックバンドです。

 

Small Faces -Small Faces

ガレージロックの祖は微妙なところですが、イギリスにおいては広域な意味でヤードバーズが挙げられると思います。そのヤードバーズの正当な後継者と言えるのがSmall Facesです。

彼らのデビューアルバムは結果としてロック史に残る名盤となった訳ですが、本人たちはそんなことは想像していなかったのではないでしょうか。とにかくシンプルに余計な味付けをしないアメリカ的なロックをイギリス的に解釈して作ったものというのがこのアルバムです。
聴けば聴くほどとにかくシンプルでありわかりやすい、簡単そうで簡単には作れない絶妙なバランスのアルバムであることが理解できるかと思います。

ガレージロックという範疇に収まりきらない名盤ですが、ガレージロックを理解するのにはこの上なく有益な一枚としてあえてオススメです。

 

Tyrannosaurus Hives -The Hives

軽快なギターサウンドと勢いのあるボーカルが特徴的のThe Hives。疾走感あふれる楽曲が多いバンドですが、このアルバムではそれに加えて、80年代テクノが表現した近未来感を随所に取り入れており、他のバンドにはない独特のガレージロックを作り上げています。ぜひとも聞いて欲しいアルバムです。

中でもおすすめしたい楽曲は、「Walk Idiot Walk」です。小気味いいリズムの中、ボーカルは投げやりとも言えるような勢いのある歌い方で盛り立てます。バンドが持つテクノ的な要素を含んだ独特のポップ性と、テクニックよりも楽しい演奏を意識したようなパンク性が見事にマッチしており、聴きやすくもなかなか忘れづらい印象の強い楽曲になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク