日本のポストロックバンド10選 国内外問わず活躍するバンド達を紹介します

みなさんこんにちは。

今回は日本で活躍しているポストロックバンドを10組選んでみました。

ポストロックというと、日本では主流ではなくまだ一般的ではないように思えます。最近はフェス等が流行しているので、有名なポストロックバンドは出場を果たしていますが観衆はあまり多くなく、楽曲のクオリティはもちろん、ポストロック最大の魅力とも言える技術力を目の当たりにしないことを非常にもったいなく思っています。

この記事では、そのような大型フェスにも数多く出演している実力派ポストロックバンドを集めていました。

最近ポストロックに興味が湧き始めた方やもっといろんなポストロックバンドを知りたい方、また好きなポストロックバンドのプロフィールやおすすめの曲を知りたい方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

tio

[official siteより]

ポップでノスタルジアな世界を持つ4ピースインストバンド、tio

2008年に三重県で結成された4ピースインストバンドです。Hi-STANDARDなどが好きだった水谷真大(Gt. Pan.)、伊藤祐介(Dr.)。ジャンルで言うならばハードコアを好んでいた新美耕介(AGt.)、下田貢(Ba)が集まり構成されている彼らの音楽。2013年からNabowaやjizueなどが活躍している京都のレーベル「bud music」に所属しています。2014年にフルアルバム「tiotio」をリリースしてから、現在まで4枚のアルバムをリリースしており、GO OUT CAMPやNatural High、earth gardenなどのフェスにも出演している注目のバンドです。

そんな彼らのオススメしたい曲は1stアルバム「toitoitoi」の収録曲『sign』です。インストの曲でありながら、6分22秒という一般的には「長い」曲です。しかしながら不思議とその長さを感じない構成に思わず聴き入ってしまいます。

優しいギターのフレーズから始まるイントロが朝、ゆったりとしたリズムで午前中を過ごし、お昼過ぎから少しずつ音数が増えていくような展開。ドラムが抜け昼過ぎのまったりとした時間を味わったら夕暮れにかけてテンポを上げていきます。ライブを観に行くときのような弾んだ気持ちで夜を迎え、最高の音に包まれ最高潮で1日を終える。まるでこのような感覚に包まれるようなストーリー感のある1曲です。

英語のタイトルがほとんどのインストバンドの中で、日本語タイトルが多いのも彼らの特徴。情熱的でありながらも、客観的でわかりやすい彼らの音楽はこれからの音楽シーンに欠かせない存在となりそうです。

tioのアルバム「toitoitoi [ tio ]」の収録曲や評価はこちら

ペトロールズ

[official siteより]

ビターで清潔な多ジャンルハイブリッド3ピースバンド、ペトロールズ

2005年に東京で結成された3ピースバンドです。下北沢を中心にライブなどを繰り返しながら、音源制作やツアーにフェスと活躍の幅を広げています。所属レーベルはenndisk。メンバー構成は長岡亮介(Vo. Gt.)、三浦淳悟(Ba.)、河村俊秀(Dr.)です。ポストロック・オルタナ・カントリー、ファンク、ジャズなど多岐にわたる音楽性を独自に取り込んだサウンドで耳の肥えた人たちから人気を集めています。

各々実力派で、長岡は東京事変のギタリストとしても活躍、三浦も吉井和哉のサポートメンバーとして活躍していました。同時期にSuchmosやnever young beach、Yogee New Wavesなどポップロックバンドに注目が集まる中で、一際大きな存在感を見せています。

彼らのオススメの曲は2008年に発売された、過去のライブ音源から厳選された12曲が収録されている、ライブのビデオから音源を抜き出すという珍しい手法で発売された「MUSIC FOUND BY HDR-HC3」から『ないものねだり』です。

苦いコーヒーを飲んでいるようなビターな響きとミニマムにそぎ落とされた音の隙間が、頭の中を何度もリピートし、体が勝手に動き出すのを止められなくなります。その隙間で鳴るハーモニクスが心地よく、ブレイクで感じるドラムのリズムはペトロールズならではだと感じるでしょう。当たり前の歌モノに飽きた方におススメのバンドです。

彼らの最新アルバム「[CD] WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?(通常盤)」の収録曲や評価はこちら

jizue

[official siteより]

叙情的、だが魂をふるわせられる、圧倒的演奏力を持ったインストバンド、jizue

読み方は「ジズー」。2006年に井上典政(イノウエノリユキ Gt.)、山田剛(ヤマダゴウ Ba.)、粉川心(コカワシン Dr.)で結成、翌2007年に片木希依(カタギキエ P.)が加わり現体制となりました。若い頃はHi-STANDARDなどのメロコアやミクスチャーを中心に聴いていたという井上。そこから多ジャンルの音楽を聴くようになったそうです。tioやfox capture plan などと同じbud musicに所属しています。地元である京都を中心に人気を集めており、2012年にはFUJI ROCKFESTIVAL、2014年にはGREENROOM FESTIVALやボロフェスタに出演するなど活動の幅を広げていきます。

これまでに4枚のフルアルバムをリリースしており、そのどれもがロングセラーを記録しています。その理由としてはポストロックならではの海外進出があります。彼らの高い演奏力を武器に、2014年にはカナダツアー、2015年にはインドネシアでのフェス出演や中国ツアーなど国内にとどまらず活動しているのです。

オススメしたい曲は2012年に発売された2ndアルバム「novel」の収録曲『sun』です。アコースティックギターやピアノの優しい音色で始まり穏やかに曲は進んでいくのですが、そのままストレートで終わらないのが彼らの音楽です。ダンサブルなノリを加え、変拍子を取り込み、時にはジャズのように個々の楽器が生きている、そんな曲です。ポストロックであり、ジャズであり、ラテンやプログレの要素も含まれた彼らにしか表現できない多彩な音楽は、今後も国内外を問わず活躍することでしょう。

jizueの最新アルバム「STORY [ JIZUE ]」の収録曲や評価はこちら

Vityazz

空間を体感する、Vityazz

Vityazzは2015年結成、現代的なジャズサウンドとポリリズムや変拍子のグルーヴを「Minimal Mode Jazz」へと昇華させ、インスタレーションとの共鳴を探求する表現集団です。読み方はヴィチアス。メンバーは、中川能之(Guitar,Voice)、笠井トオル(Bass,Electronica)、安倍弘樹(Drums)の3ピース編成。

2017年より本格的な活動を開始し、4月30日より1stEP「Orbits」の配信がスタートします。echo and cloud Studioにて数多のアーティストの作品に携わる松井敬治がレコーディング、ミックス、マスタリングを担当し、ジャズサウンドとポストロックの空気感をもつ独特な音像に仕上がっています。主な配信先となるSpotifyやApple Music、Google Play Musicなど主要配信サイトからダウンロード、ストリーミングが可能です。

また、同時にMV「How days slided」を公開。クリエイター&アーティストとしてマルチに活躍する香月がディレクターを務め、HAGA TAKAYUKIにより撮影された今作はWORLD OF DANCE 世界大会での優勝が記憶に新しい野島良太の印象的なダンスと、バンドが奏でるスリリングなサウンドにより独特なシナジーを感じる作品に仕上がっています。

Vityazzのより詳しい情報はこちらから

SPECIAL OTHERS

[official siteより]

これぞ日本のインストバンド、憧れの的「スペアザ」

結成されたのは1995年、高校の同級生だったそうです。2000年ごろからストリートやクラブバーなどで活動した後、2006年ビクターよりメジャーデビューを飾りました。メンバー構成は、宮原”TOYIN”良太、又吉”SEGUN”優也、柳下”DAYO”武史、芹澤”REMI”優真の4人で、各メンバーのミドルネームはアフロビートの創始者Tony Allenから名付けられたとか。今では知らない人はいないというほど多くの音源制作やライブ、フェスへの出演を繰り返し、知名度を上げています。

これまでにリリースしてきたアルバムの内、3rd以降は毎回オリコン10位以内に入る、インストバンドとしては異例の人気を誇る彼ら。「否定する奴らは聴かなくていい」という強い信念の元、自分たちの音楽愛を貫いた強い姿勢がファンとの絆を生んでいます。2011年にはMONGOL800のキヨサクさんや、Dragon AshのKJさん、Acidmanの大木さんなどとのコラボ盤も発売。ロックシーンにも多大な影響を与えるきっかけになりました。

そんな彼らのオススメの曲は、3rdアルバム「PB」の3曲目に収録されている『Stay』です。一言で表すなら“高揚感”。良く晴れた昼下がり、ビール片手に聴けば最高にハッピーな気分になれます。空を見上げると幸せな涙が零れるような得も言われぬ幸福感を味わえる1曲となっています。素直な気持ちでずっと聴いていたくなるような、そしてバンドマンが憧れる“バンド”です。

SPECIAL OTHERSの最新アルバム「WINDOW [ SPECIAL OTHERS ]」の収録曲や評価はこちら

fox capture plan

[official Youtubeより]

現代版ジャズロック。新感覚の3ピースインストバンド、fox capture plan

それぞれ別々のバンドをしていた3人が2011年にバンドを結成。Ryo Kishimoto(P.)、
Hidehiro Kawai(Ba.)、Tsukasa Inoue(Dr.)で構成されています。現代版ジャズロックをコンセプトにポストロック、ドラムンベース、ダブルステップなどの要素を取り込んだ新感覚の音楽が注目を浴びています。2013年にはJAZZ JAPAN AWARDでアルバムオブザイヤーニュースター部門を、2014年にはCDショップ大賞、ジャズ賞の2冠を獲得、ドラマやモーターショーへの楽曲提供を行うなど活躍は多方面にわたります。国内外のツアーやフェスへの出演など精力的に活動を展開しています。

彼らの楽曲は変拍子の曲も多いのですが、ピアノとウッドベースとドラムというスリムでシンプルな聴きやすい編成のおかげで、曲の良さが素直に伝わってきます。音の重なりという目線では、とても3ピースとは思えない複雑に絡み合うリズムにメロディに驚きを隠せません。

そんな彼らのオススメの曲は2017年1月に発売されたばかりのアルバム「FRAGILE」の3曲目に収録されている『エイジアンダンサー』です。スネアの音の気持ちよさや、初期のころになかった電子音、ウッドベースのエフェクトなど聴きどころが満載です。ダンスロックのような疾走感あふれる1曲になっています。ジャズが聴き慣れない方やよくわからないという方も一聴の価値があります。

fox capture planの最新アルバム「FRAGILE [ fox capture plan ]」の収録曲や評価はこちら

toconoma

[official siteより]

歌心溢れるインストバンド、toconoma

2008年東京で結成されたジャムバンド。西川隆太郎(Key.)、矢向怜(Ba.)、清水郁哉(Dr.)、石橋光太郎(Gt.)の4人で構成されます。メンバー全員がメロコア好きというのも特徴。ダンスミュージックでありながらもインストバンド特有のエモーショナルなライブを行うなどして人気を得ている彼らは、「TOCOJAWS」や「新島トコナッツ」などの自主イベント、野外ライブなどを主催しています。

メジャーでやっていく、音楽で食っていくという思いがないという彼ら。つまりそれは、やりたい音楽をやりたいようにやるだけ、というシンプルなスタンスで音に向き合う事ができているのです。とは言え、演奏のクオリティ、楽曲のレベルときたら…生半可な気持ちで作られている曲ではないのがよくわかります。

そんな彼らのオススメの曲は1stアルバム「POOL」の9曲目に収録されている『vermelho do sol』です。ラテン調の爽快感のあるダンスビート。思わず踊りだしたくなるような、内に秘めた思いを開放したくなるような、そんな曲です。16分で複雑にタイミングをズラしながら刻むスネアや、絶妙なギターのカッティング、衝動を作り出すピアノのメロディに曲のうねりを作っているベースライン、その全てが合わさった時の高揚感はたまりません。今後注目のインストバンドです。

toconomaの最新アルバム「POOL [ toconoma ]」の収録曲や評価はこちら

toe

日本のポストロックの代表格!まずはここから、toe

2000年に結成された日本を代表するインストバンド。当時はアンダーグラウンドだったインストを見事大衆音楽に持ち上げた彼らのサウンドとライブパフォーマンスは多くの人を魅了し続けています。美濃隆章(Gt.)、山嵜廣和(Gt.)、山根敏史(Ba.)、柏倉隆史(Dr.)の4人で構成され、山嵜がヴォーカルをとる曲もある。

実はメンバーそれぞれ本業が他にもあることが彼らのすごいところ。レコーディングエンジニアだったり、アパレルだったり、デザイナーであったり、サポートミュージシャンであったりと多方面の顔を持っています。それでいて、フジロック常連であり、アジアやUKツアーなどを行っている彼ら。間違いなく日本が世界に誇れるバンドと言えるでしょう。

そんな彼らのオススメの曲は1stミニアルバム「songs,ideas we forget」の4曲目『path』です。一聴すると雑多で粗削りな楽曲の印象に感じますが、実は繊細で磨き抜かれたリズム隊のコンビネーションがあります。まさにポストロックといった感情の高まるサウンドの起伏はtoeにしか出せない世界を造っています。

Liveの映像を見るとわかるようにメンバーもオーディエンスも一体となって「その場」の空気を作っている姿を見るだけで鳥肌が立ちます。他にもToki asakoとコラボした「Goodbye」など、ゲストボーカルを迎えた楽曲も聞き逃せません。

toeの最新アルバム「HEAR YOU [ toe ]」の収録曲や評価はこちら

bohemianvoodoo

[official siteより]

クラブジャズで若者からの絶大な支持を持つバンド、bohemianvoodoo

2008年に横浜で結成され、東京や神奈川で活躍する4人組。メンバー構成はbashiry(Gt.)木村衣生里(APi.)、Nassy(Ba.)、山本拓矢(Dr.)です。ジャズシーンに留まることなくヒップホップやR&Bなど多くのイベントに参加し名前を定着させています。2012年に新鋭のplaywrightレーベルより2ndアルバム「SCENCE」を発表すると近年の若手ジャズバンドでは異例のセールスを達成しました。

2013年にはブルーノート東京のステージに立つなど急成長を遂げている彼ら。インストバンドでありながらも、ゲストを加えた歌モノの曲もあります。歌があってもなくてもメロディを大切にするというスタンスを変えず、肩ひじ張らないラフさも彼らの売りの一つかもしれません。

そんな彼らのオススメの曲は2013年11月に発売された3rdアルバム「Aromatic」より『El Ron Zacapa』です。特に聴くべきポイントは新加入した山本のドラムです。ドラムという楽器をアートではなくデザインだという山本。多くのドラマーのリズムを真似ることから自分らしさを表現すると話しています。言葉通りジャズにロックを掛け合わせたような、「きれいな中に熱さがある」そんなプレイが聴きとれます。詰め込みすぎず、抜きすぎない聴き心地の良さが彼らの最大の魅力かもしれません。

bohemianvoodooの最新アルバム「アロマティック [ ボヘミアン・ブードゥー ]」の収録曲や評価はこちら

MONO

[official siteより]

海外で1番聴かれている日本のバンド、MONO

1999年に東京で結成され、翌年から拠点をアメリカに移し活動しているバンドです。世界のトップ、NYCのレーベルTemporary Residence Limitedからアルバム6枚をリリースしていますが、このバンドほど世界と日本での知名度の差があるバンドも珍しいです。メンバー構成はTakaakira “Taka” Goto (Gt.)、Yoda(Gt。)、Tamaki(Ba.)、Yasunori Takada(Dr.)の4人。

「音楽のプロとは?」の疑問にぶつかった後藤が音楽で食えなくてもいいと腹をくくって立ち上げたのがMONOでした。渡米後はもちろん無名のバンドで、客もいない中での活動を続けていましたが、10年以上の時を経て25名規模のフルオーケストラのライブを成功させるなど、現在では世界中を飛び回り演奏しています。

ポストロックの前身と言われるアメリカの「スリント」というバンドや、イギリスの「モグワイ」、カナダの「ゴッドスピード・ユー!・ブラック・エンペラー」など各国のインストバンドの影響を受ける中、アジアで一番有名なインストバンドに名前が挙がるようになりました。

そんな彼らのオススメの曲は5thアルバム「Hymn To The Immortal Wind」から『Pure As Snow』です。10分以上の長い曲の中に、日本固有の憂いや悲壮感、生き様を感じさせる大作です。MONOの曲は全体的に“生きる”ということにスポットを感じることが多いです。

Pure As SnowのYoutubeリンクはこちら

MONOの最新アルバム「REQUIEM FOR HELL [ MONO ]」の収録曲や評価はこちら

Schroeder-Headz

[official siteより]

ピアノトリオの筆頭!引き込まれるメロディに涙するSchroeder-Headz

多くのミュージシャンのサポートキーボードとして活躍している渡辺シュンスケのソロプロジェクトです。所属レーベルはプランクトン。現在の所属はビクターエンタテインメントです。ベースとドラムを加えたトリオで多くのファンを魅了しています。そのメンバーは、須藤優(Ba.)や鈴木浩之(Dr.)がお馴染みですが、曲によって千住宗臣(Dr.)なども参加しています。

花や夕陽の美しさと同じような感覚で、音楽が作れたら…という言葉通り、繊細でのびやかなピアノのメロディが特徴のサウンドに仕上がっています。ライブでは既存の曲はもちろんですが、インプロ(即興演奏)も取り入れることも多く、純粋に楽しんでもらうことを音楽で追及している姿勢は聴く人を世界に引き込んでくれます。

オススメの曲は2010年に発売された1stアルバム「NEWDAYS」からタイトル曲の『NEWDAYS』です。Youtubeでも200万再生(2017年2月現在)に迫るほどの再生回数を記録しています。切なくて力強いピアノのメロディが忘れられなくなる1曲です。落ち込んでいるときや不安な夜に聴くと前を向いて生きていける、そんなメッセージが聴こえてきそうです。

ピアノトリオの未来形に挑むという渡辺。作った曲をどう受け取るかは受けて次第だといいます。聴く人がそれぞれ違う世界を感じられるようにしたいという言葉に、その明るい未来が見えそうです。

Schroeder-Headzの最新アルバム「特異点 [ Schroeder-Headz ]」の収録曲や評価はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近では日本のポストロックも実験音楽的なものから、エレクトロニカ系、シューゲイザー系、エモ系、ボーカルが乗ったものまで、インストに限らず様々な音楽が生まれてきています。

昔のポストロックや今のポストロックだけ聴くのではなく、ポストロックの歴史ごとに聴いてみたりレーベルごとに聴いてみると、ポストロックの様々な側面に気付くことができるかもしれません。

当ブログでは他にもポストロックを紹介しています!名盤や洋楽ポストロックを知りたい方は以下の記事をぜひご覧ください。

おすすめのポストロックバンドまとめ 2017年聴いておくべきバンドとは
今回は今おすすめしたいポストロックバンドを10組まとめてみました。 ポストロックは、インストが多く取っつきにくい側面からか一昔前までは日本では流行っておらず外国でしか評価されない音楽でしたが、最...
ポストロックの名盤まとめ 洋楽も邦楽もあわせて紹介します
今回は往年のポストロックシーンを代表する名盤を10作品まとめてみました。 日本のポストロックから世界のポストロックまで、王道と呼ばれるポストロックからエレクトロニカに寄り添ったもの、実験音楽的な...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. おおや より:

    fox capture planはbud musicではなくplaywrightでSchroeder-Headzは現在ビクターです

  2. 野田 より:

    すきなアーティストばかり!
    残念なのは、tioのアルバム名が違っていること。「toitoitoi」が正解(;´Д`A