アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

プログレッシブロックバンドおすすめ10選 圧倒的実力を誇るアーティストを紹介

スポンサーリンク




King Crimson

プログレッシブロックの3大アーティストのひとつである、このキングクリムゾンの名を挙げることは少々テレるけれども、やはりこのグループは偉大だと思います。最初にアルバム「クリムゾンキングの宮殿」を聴いたときのショックは30年前であるにもかかわらず鮮明に覚えています。当時は日本という遠い地にもかかわらず、世間の音楽好きは熱狂していました。

イエス、ELP(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)、そのほかのプログレッシブロックと呼ばれるグループのものもたくさん聴きましたが、キングクリムゾンを聴いたとき以上に明確に曲調・旋律を自身の脳に刻み込まれたものはいまだありません。

スポット的にこの1曲は聴いてくれというものは他のプログレッシブロックグループにもあるが、摩訶不思議な楽曲も作ってしまっていることも多いのがキングクリムゾンの特徴。

アルバムの曲調、ニュアンスが収録楽曲に同じテイストで芸術的に統一されている唯一のアルバムが、このキングクリムゾンの「クリムゾンキングの宮殿」である。音響的にも臨場感が大変高く、おそらくクラシックがすきと言う人にも多数受け入れられるのではないかと思う。CDでもYoutubeでもなんでもいいから音楽好きな人にはぜひ聴いてみてくれと強くすすめたい1枚です!

 

Pink Floyd

ピンクフロイドはプログレ要素だけでなく、サイケデリック・ロックやブルース、アヴァンギャルドなど様々なジャンルの要素を兼ね備えたバンドです。

名盤ばかりのバンドですが、おすすめは”The Dark Side of the Moon(邦題:狂気)”です。全体的にアンニュイな雰囲気が漂っていて、サイケでエキセントリックな曲もあれば、流麗でプログレッシブなギターソロを聴かせる曲もあります。このアルバムは世界各国で大人気を博し、今なお聴き継がれている大名盤です。

特に”Time”の流れるような切ないギターソロは何度も聴きかえしたくなるような中毒性があります。この曲はまさに曲名の通り「時間」の大切さについて歌っており、メロディーのみならず歌詞の意味を理解しながら聴くとより心に迫るものがある名曲です。

 

Ash Ra Tempel

アシュ・ラ・テンペルは一般的にプログレッシブロックバンドに括られますが、どちらかというともっとサイケ寄りのクラウトロックバンドです。このバンドの魅力は、浮遊感ある独特なサイケデリックサウンドもさることながら、非常に雰囲気のある幻想的な曲を作るところにあると思います。

おすすめのアルバムは1973年にリリースされた”Join Inn”です。2曲で40分以上という尺の長さがプログレバンドらしさを物語っていますが、これがとにかくどちらも飽きない名曲になっています。

1曲目はサイケ感がたまらないどちらかというと軽めな曲になっていますが、わたしが特におすすめしたいのは2曲目。じんわりと漂うシンセの音がアトモスフェリック。美しくも切なくて、聴いていてどんどん彼らの世界に沈み込んでいくような気分になります。

 

Faust

ファウストは、かなり実験的な要素やサイケサウンドをふんだんに取り入れた個性的なバンドです。1971年から活動しているものの、今なお古さを感じさせない尖った曲ばかりを生み出しているので、ちょっと変わった音楽好きには絶対におすすめです。ノイズミュージックのようなアヴァンギャルドな曲もあるので、プログレ好きでも中には受け付けない人もいるでしょうが、そこがまた通好みのバンドならではだと思います。

おすすめのアルバムは1996年にリリースされた”71 Minutes”です。このアルバムは、ファウストがリリースしたアルバムの中でも多様な曲が収録されています。都会的な雰囲気を感じさせる曲から、サイケデリックでハイテンションな曲もあり、アルバムを通して聴いてもまったく飽きません。

 

MIKE OLDFIELD

マイク・オールドフィールドはイギリスのアーティストです。彼を称する時、人はよく「孤高の」という表現を使いますが、それは彼が数多くの楽器を卓越した演奏技術で自由自在に操り、なんでも自分一人でやってしまうため、そういう表現が似合うと思っているのかもしれません。事実、デビュー作の「Tubular Bells」は彼が2400回の多重録音を繰り返して出来上がったのだそう。

デビュー作はもちろんのこと、1975年発表の第3作目「Ommadawn」が特におすすめです。孤高と言われる自らの内面性と向き合い、俗世間のコマーシャリズムとは一線を画して編み込んだと思える傑作です。

民俗音楽をふんだんに取り入れ、アコースティック楽器とギターとシンセサイザーの音が絡まりあい、そして融合して、まるで大草原の中で一人で聴いているような錯覚に陥るほど牧歌的でもあります。
彼の感性がすべて表現され、人間的な優しさで満ち溢れたアルバムです。

 

New Trolls

ニュー・トロルスはイタリアのプログレッシブロックバンドで1966年に結成されました。
クラシックとロックを華麗かつ絶妙に融合させたバンドとして名を馳せました。

アルバムでは、1971年に発表された彼らの第3作「CONCERTO GROSSO PER Ⅰ」が特におすすめ。オーケストラと共演させたら彼らの右に出るものはいないとさえ思わせる作品です。そのストリングの音色は美しすぎ、またときおり、我々を悲しくもさせてしまうような旋律であり、泣きのヴォーカルなども配置されたその美しい構成美は何にも例えようがありません。
ただし、クラシカルな面だけが強調されているわけではなく、後半の曲ではロックやジャズの要素もふんだんに取り入れてあります。

バロック調ロックと表現してかどうかわかりませんが、プログレッシブロックを語る上でぜひとも聴いていただきたい必聴傑作アルバムです。

 

Renaissance

ルネッサンスはイギリスのプログレッシブロックバンドです。

元ヤード・バーズのメンバーだったキース・レルフが中心となって1969年に結成しましたが、メンバーの変遷も激しく、大きく第一期と第二期にわけられます。

おすすめは第二期メンバーによる1975年発表の「Scheherazade and other stories」です。
フォークとクラシックをおりまぜたファンタジックな作品といったらいいでしょうか。
クラシカルなピアノに艶やかな歌声が加わり、いつのまにかファンタジックな世界へと招待されます。

特に3曲目の「Ocean Gypsy」は必聴。泣きのメロディアスなヴォーカルが演奏と調和しています。アルバムタイトルの組曲「Song of Scheherazade」は管弦楽を用いたスケールの大きな作品に仕上がり、
ダイナミックかつ華麗なサウンドに感動させられてしまいます。

 

ANEKDOTEN

アネクドテンは熱狂的フォロワーとしてキング・クリムゾンの後を追い独自の道を切り開いた北欧プログレシーンの開拓者的バンドです。キング・クリムゾンから引き継いだ音楽性にメロトロンの多用やサイケを思わせるようなギターの独特の響きが生み出すその北欧の淫隠滅滅とした雰囲気と寒々しい叙情の中に感じる美しさが魅力です。

根強いファンの多いこのバンド、お勧めしたいアルバムは「Chapters」です。

3rdアルバムである「From Within」以降の11曲を収録しており、キング・クリムゾンの影響を強く受けて発足したこのバンドが独自の作風を確立していく様子がはっきりと伺えるベストアルバムとなっています。未発表音源やデモなども収録しており初心者のみならずファンにもうれしいアルバムとなっています。

 

KENSO

日本を代表するプログレッシブロックバンド、ケンソー。海外でも公演を行っているバンドです。

リーダーは歯科医を開業している清水義央であり、ツインキーボードを擁する5人編成のバンド。その音楽性はプログレッシブロックと一口に言っても実に多岐にわたります。歴代ドラマーによって、その音楽性が変遷しており、ファンにより、好みや評価が分かれるようです。

オススメできるアルバムは、近時では「うつろいゆくもの」です。
しかし、2017年秋にリリース予定の全ライヴをDVD化したものを是非見て頂きたいです。従前の作品ももちろん傑作なのですが、今度発売される全ライヴDVDはケンソーの有する魅力を最大限凝縮したものであるということができ、必ず購入すべき作品だといわざるを得ません。

 

Es(エス)

プログレッシブロックバンド、KENSOのキーボーディスト、小口健一がリーダーを務める日本のキーボードトリオバンドです。メンバーは、ドラムが大塚勝幸、ベースが野上洋一です。
イギリスのプログレッシブロック、UKを基調としていながら、UKとはまたガラリと異なる魅力を有しています。

その類まれなる音楽性はインストゥルメンタルバンドでありながら、相当な叙情性を有しており、また、メンバーのアイディアによって、相当高度な音楽性を構築しており、さらに70年代のプログレッシブロックには見られない魅力や音楽性があります。

プログレという観点のみならず、バンドでありながら、バンドという概念をも超え得るその音楽性は、どのようなジャンルの人にでも強くオススメし得るものであるといわざるを得ず、それでいてロックのなかのロックと評価せざるを得ないという、相当面白い立ち位置にある音楽性ともいうべきです。

現在はYouTubeなどの動画共有サイトでも、ESの動画は存在せず、2006年以降、活動休止状態であるのが、非常に悔やまれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク