プログレッシブロックの名盤10選 入門編から玄人向けまで一挙紹介します

スポンサーリンク




IN THE COURT OF THE CRIMSON KING -King Crimson

邦題は「クリムゾン・キングの宮殿」。1969年に発表された彼らのデビューアルバムです。

Beatlesの名作「Abbey Road」をチャートから蹴落とし、以降のプログレッシブ・ロックの礎を築いた記念碑的作品であると言われています。すべてが名曲と評価される中で、特に冒頭1曲目の「21st Century Schizoid Man including Mirrors」は衝撃的です。

ピート・シンフィールドの難解な詩をグレッグ・レイクがシャウトし、イアン・マクドナルドのサックスが果敢にそして奔放に猛り、マイケル・ジャイルズのドラムが正確かつ大胆にリズムを刻みます。そしてデビューから50年近く経った今もバンドリーダーとしてプログレを追求し続けているロバート・フリップ御大のギターがすべてをまとめつくしています。この後にも数々の名曲を生み出した名手たちですが、この曲がプログレのすべてを物語っているようなそんなおすすめの1曲です。

 

PHOTOS OF GHOSTS -PREMIATA FORNERIA MARCONI

邦題は「幻の映像」1973年に発表されたイタリアのプログレッシブ・ロックバンドのファーストアルバムです。バンド名のPREMIATA FORNERIA MARCONI を略してPFMと呼んでいます。それまでプログレといえばイギリス一辺倒だったところにイタリアのバンドが届けてくれたのがこのアルバムでした。

おすすめはやはり1曲目の「River of Life~人生は川のようなもの~」です。叙情的なアコースティックギターが爪弾かれ、やがてフルートの音色が絡まり合っていく。メランコリックな展開が続く中、一転直下ヘビィメタルとも思えるバンドの演奏へチェンジ。そしてまた、叙情美の世界へ引き込まれていく。

最後は溜めに溜めた想いが、川の流れとともに海へと旅立っていくような、そんな感じです。
静と動の構成が見事なおすすめの1曲です。”

Moving Waves -Focus

Focusはオランダが誇るプログレッシブ・ロックバンドです。彼らのセカンドアルバムの中でも、特に印象的な曲が「Hocus Pocus(邦題:悪魔の呪文)」です。邦題のタイトルにもびっくりしますが、おそらくネーミングした方も一聴して、まさにこの通りのイメージだったのでしょう。

この曲で圧巻なのは、テイス・ヴァン・レールのヴォーカルです。まさに「悪魔の呪文」そのものです。ヤン・アッカーマンのパワフル超絶ギターリフのあとに、突然彼のヨーデルが始まります。

「レイヲロレイヲロレイヲロレイヲロロッパッパ??」と聞こえます。

そしてその後に「アーアーアーアーアーー」というスキャットともシャウトともつかない叫び声あり、口笛あり、フルートまで吹き出します。一度聞いたら忘れられないおすすめの曲です。ライブやPVの動画も必見。曲中の彼の表情(パフオーマンス)もおすすめです。

 

Meddle -Pink Floyd

邦題は「おせっかい」

イギリスが誇るプログレッシブ・ロックバンドです。代表的なアルバムが多数あるなかで、1971年に発表したこのアルバムの「echoes」という曲がおすすめです。

静寂の中から、ソナー音がかすかに聞こえてきます。その招待をうけて、我々は彼らが紡ぎ出す神秘的な世界へどんどん引きずり込まれていきます。ギターやヴォーカルやドラムが織りなす音空間に魅了されてしまっていることも忘れ、いつのまにか、深海や草原、砂漠、広大な空、そして宇宙までをも旅しているような錯覚に陥ってしまいます。

叙情的でもあり幻想的でもあり、でも混沌ともしており、ちょっと不気味さもある。
23分の大作ですが、長いと感じたことはありません。聴いているうちに時間だとか空間だとかを感じなくなってしまいます。人生の節目節目で、ちよっと立ち止まって、この曲を聴き直してみたい。そんなおすすめの曲です。

 

Mcdonald & Giles -Mcdonald & Giles

イギリスのプログレッシブ・ロックバンドです。
キング・クリムゾンの初期メンバーであるイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズが、
自分たちの思い通りの作品作りを追求するため、ロバート・フリップの制止を振り切って、キング・クリムゾンを離脱してまで残した大傑作です。ちなみに、彼らが遺した唯一のアルバムでもあります。

ピーター・ジャイルズとステーヴィー・ウィンウッドも参加し1970年に発表されました。キング・クリムゾンの音楽性はその後、たびたびの変遷を遂げていきますが、初期のキング・クリムゾンの作品だと紹介しても全く違和感がないような作品に仕上がっています。

その中でも「バードマン」はおすすめの曲です。
6部構成の組曲ですが、メンバーの演奏力が素晴らしく、中でも、マクドナルドの甘美なフルートの音色やジャイルズの躍動するドラミングには相変わらず酔いしれてしまいます。

叙情的な雰囲気を醸し出しながらも荘厳であり、計算された緻密な構成の中に音楽の実験的要素が巧妙に配置されているような曲です。ロバート・フリップはのちに、この曲をキング・クリムゾンのセカンドアルバムの中心的な曲にしたかったと語ったそうです。

 

MandalabandⅠ -The Mandalaband

イギリスのバンドです。このバンドは 、このアルバムに収録されている1曲を演奏するために、マンチェスターの腕利きのスタジオ・ミュージシャンによって結成されました。

もちろん、おすすめはその曲、デヴィッド・ロール作曲の「Om Mani Padme Hum(曼陀羅組曲)」です。4部構成となっていますが、クラシカルなピアノや壮麗なシンセサイザーにオーケストラが絡みあい、チベット語の?混声コーラスも重なり合って一体となっていきます。

繊細な叙情さも併せ持っていますが、異色とも思えるような壮大なスケールは一大叙事詩とも一大交響曲とも言えるような感動的な作品に仕上がっています。この大曲を演奏するために集結したミュージシャンが、活き活きとその腕を振るっているような、そんな気がする一曲です。

 

Brain Salad Surgery -EMERSON,LAKE & PALMER

邦題は「恐怖の頭脳改革」。イギリスのプログレッシブ・ロックバンドです。1973年に発表された彼らの5枚目のアルバムです。

佳曲は多々ありますが、やはり「Karn Evil 9 ~悪の教典#9~」をおすすめします。
大きく3つに分かれた組曲の構成で、約30分の大作です。

特筆すべきは超絶名手キース・エマーソンのオルガン、シンセサイザー、ピアノなどを自由自在に操る圧倒的プレーです。聴いているだけで、彼の全身全霊の演奏ぶりが目に浮かぶようです。ドラムのカール・パーマーは他の二人に負けじと必死に食らいついています。ベース・ヴォーカルのグレグ・レイクも全編を通して、持てる技術を出し切り、走りすぎるエマーソンと追いかけるパーマーをうまくまとめている印象で流石です。

多くのプログレバンドは、叙情美とか内面性に重きを置いたアルバム作りに終始しているようですが、このバンドは圧倒的な攻撃性と自由奔放かつ高度な演奏技術が売りなのかもしれません。

 

Red -King Crimson

このアルバムはキングクリムゾンスリーピース時代の最後の作品ですが、シンプルな構成だからこそ3人それぞれの出音を最大に引き出して産み出された怪物のようなアルバムです。一聴の価値ありです。

キングクリムゾンの中でポピュラーで個人的にも好きな曲「More One Red Nightmare」の無骨で邪悪なリフのイントロから入るしなやかでタイトで美しすぎるドラムのニュアンスがクールでワルすぎる一曲。それでいて、歌メロから打って変わったポップさを見せる表情が本当に格好良くて、Redをキングクリムゾンの中で一番好きなアルバムに挙げてしまう理由はまさにこの一曲にあり、と思ってしまうほどです。

曲名にnightmareと入っている通り、妖しさやまがまがしさを匂わせているのに、それとは正反対のキャッチーな爽やかさも同時に表現している、中毒性の高い名曲です。

 

Milliontown -Frost*

Frost*の1stアルバム『Milliontown』。プログレの敷居を高く感じている人にもオススメな楽曲の数々、プログレですが良質なロックサウンド、インストバンドとしてキャッチーなメロディー、プログレ入門編としておすすめの一枚です。

上物がキーボードメインなサウンドが丁度良く聴きやすい所以です。かといってギターが弱いわけではありません。全体のバランスが良く、飽きさせない構成、ありがちなソロパートもあまりなく、あくまで楽曲中心という音作りがリスナーを魅了します。

そんなこのアルバムの中でオススメするのはアルバムタイトルでもある6曲目の『Milliontown』です。

長い曲で前半後半の雰囲気がまるで別物ですが、特にその後半部分の疾走感は必聴です。キャッチーなメロディーがどんどん展開していき、それでいてまとまりがある、ぜひ騙されたと思って聞いて貰いたい一曲です。
例えるなら、高速飛空艇で世界中の空を駆け巡る…そんな疾走感と展開にヘビロテしてしまいます。

 

Dark side of the moon -Pink Floyd

Pink Floydなら王道と言われようともDark side of the moonが1番の名盤です。

Pink Floydは他のプログレロックのバンドとは一線を画した美しさとサイケデリック要素の色の濃さを持ち、それはやはりメンバーに美大生が在籍していたことも強く関係してるのかもしれません。

このアルバムは1枚を通して人が生まれて生きて死ぬと言う人の人生を表したようなストーリー性があり、聴き終えた後にまるで映画を1本丸々見た後に似た余韻を残すような世界観を感じさせる作品となっています。

特に、アルバム中盤で始まる「Money」は日々の大半を労働に費やす青年期を思わせ、イントロにサンプリングされているレジスターの音は資本主義への皮肉も感じられます。

ひとつひとつが洗練された楽曲の作りは、以降出てきたどのバンドも超えることができない完成度を誇っている1枚です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当ブログでは他にもプログレッシブロックバンドを紹介しています。ぜひご覧ください。

この記事を気に入った方はぜひシェアをお願いします。

スポンサーリンク