アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

UKロックバンドのおすすめ9選 イギリスロック界の大御所を紹介

スポンサーリンク




Oasis

1990年代のブリットポップムーブメントを牽引し、解散後の現在に至るまで本国イギリスでも代表的なロックバンドとして不動の地位を確立しているバンドがオアシスです。

2枚目のアルバム「モーニング・グローリー [ オアシス ]」収録の「Don’t Look Back In Anger」は国民全員が知っていると言っても過言ではないほどのアンセムソング。最近ではロンドンのアリアナ・グランデのコンサート会場のテロ事件の後、テロ犠牲者のアンセムとしてこの曲が歌われています。

バンドは2009年から解散状態が続いていますが、メンバーのソロ活動は活発で、兄ノエル・ギャラガーがNoel Gallagher’s High Flying Birds名義でアルバムをリリースしている他、弟のリアム・ギャラガーも2017年に初のソロアルバムのリリースが予定されています。

1990年代のUKロック黄金期を支えた最重要バンドの一つという点でおすすめです。1960年代からはじまるイギリスのロックの良い部分を受け継いだサウンドは、UKロックのイメージそのもの。

当時、本国では同じぐらい人気のあったブラーとライバル視されていましたが、日本での人気はオアシスの方が高かったように思えます。そういった意味でも日本人にはおすすめできるバンドです。その後のUKロックでもオアシスのような「大物感」というような存在感のあるバンドは出てきていません。

おすすめアルバムは、デビューアルバムの「Oasis」。英国で1位を記録し、最初のアルバムにしか出せない勢いや若さなどが魅力です。

 

Queen

クイーンは1971年にロンドンにて活動を開始したロックバンドです。

ロックバンドでありながら讃美歌を思わせる層の厚いハーモニーがとても美しい。言わずと知れた世界で最も成功したアーティストのうちの一組、クイーンです。

そうかと思えば”Bicyclee Race”では裸の男性女性が自転車に乗るというシュールなPV。何度聞いても、そして今聞いても古さを全く感じない音楽性も素晴らしいです。カップヌードルのCMでもクイーンのパロディーで「他のじゃやだもん!だめだもん!」と歌っていました。故フレディ・マーキュリーがいかにも言いそうなフレースでくすっときたファンも多いのではないでしょうか?

おすすめしたいアルバムは「ジュエルズ [ クイーン ]」。クイーンの代表曲がほぼ入っており、ベストアルバムのようなラインナップです。デジタル音楽に慣れてしまった今の若い人にも是非聴いて欲しい一枚です。

 

CULTURE CLUB

カルチャークラブは1981年にロンドンにて結成されたポップミュージックバンドです。

1980年代のカッコイイUKロックバンドと言えばカルチャークラブも忘れてはいけません。今のおねえブームの隠れた火付け役ではないでしょうか?

”カーマは気まぐれ”という楽曲では「カマカマ~」という歌詞を連呼していました。ボーカルのボーイ・ジョージのその奇抜なファッションに度肝を抜かれた人も多いかと思います。その時代はラジオでまず音楽聴いて、その後になってバンドのビジュアルを見ることが多かったことが理由でしょう。彼の甘い美しい歌声に日本でもとても人気が出たバンドです。

おすすめしたいアルバムは代表曲”カーマは気まぐれ”が収録されている「カラー・バイ・ナンバーズ [ カルチャー・クラブ ]」。レゲエらしい曲やポップナンバー、オリエンタルな雰囲気の曲など音楽のジャンルが多彩です。ビジュアルにあった美しい声にほれぼれしてしまいます。

 

Primal Scream

プライマルスクリーム1982年、スコットランドにて活動を開始したオルタナティブロックバンドです。

プライマル・スクリームはUKロックの代表的なバンドですが、同時にその音楽性はロックだけにはとても収まらないという点でおすすめしたいです。

ロックを基本としていながらも、その時代にあったあらゆる音楽の要素を取り入れているために、ロックをあまり聴かないという人にとっても、どこかの時期の楽曲で必ず引っかかるものがあるはずです。

アルバムによってまったく音楽性がばらばらなので、どの時期のアルバムも聴いてほしいのですが、代表作「スクリーマデリカ [ プライマル・スクリーム ]」は特におすすめできる1枚です。

ロックの枠から大きくはみでており、ダンスミュージックとの融合に成功したアルバムです。そのため、ロックを聴かない人にも聴いてもらいたいアルバムです。アルバム1枚ごとの変遷を追っていくと時代どとに流行っていたUKロックのトレンドがわかってしまうという凄いバンドであります。

 

Radiohead

レディオヘッドは1991.年にオックスフォードで結成されたオルタナティブロックバンド。

UKロックといえばレディオヘッドもおすすめ。彼らはデビューした1990年代前半から現在まで第一線で活躍を続けています。

自分たちの音楽を追求し、実験的・挑戦的なロックを提供し続ける彼らのアルバムでも一番のおすすめは、2作目の「ザ・ベンズ [ レディオヘッド ]」。彼らの音楽がまだロック色が強かった頃の作品で、名曲揃いです。

オープニングの”Planet Telex”からレディオヘッドワールド全開です。静かに響くリズムは退廃的な雰囲気を醸しだしており、とても印象的です。続くアルバムタイトル曲”The Bends”は一転してギターサウンドが鳴り響くロックナンバー。”High & Dry”はミディアムバラードで、大陸的でスケールの大きな曲です。

その他にも”Just”や”My Iron Lung”などUKロックを代表する名曲揃いのアルバム構成で、UKロックを知りたいなら必ず聞いておくべき一枚です。

 

Muse

ミューズは1994年にデボン州にて結成されたオルタナティブロックバンドです。

イギリスの世界的ロックバンド、ミューズのアルバムで名盤と言えるのが2003年発売の「【輸入盤】 Absolution [ Muse ]」です。ミューズの特長である美しく壮大なサウンド、歌詞の世界観を思いっきり堪能できるナンバーが揃っていて、初心者にもおすすめできます。

ギター、ベース、ドラムの3ピースバンドの彼らの音楽は、ボーカル他ギター、ピアノ、シンセまで操るマシューベラミーの伸びのある高音が魅力的で、その世界は耽美的ですらあります。

日本なら、ラルクアンシエルが好きな方などは特にハマるのではないでしょうか。

代表曲”Stockholm Syndrome”は、情景が思い浮かぶようなストーリーを感じる一曲。
個人的にはベースの重低音とラインが最高にかっこいい”Hysteria”が一押し!

全曲通して聞き終わった後には、一本のドラマチックな映画を見終わったような爽快感が残るアルバムです。

 

Franz Ferdinand

フランツフェルディナンドは2002年にスコットランドのグラスゴーにて活動を開始したロックバンドです。

まず、洋楽でありながら日本人にとって感覚的で聴きやすいというのが一番だと思います。マニアックすぎず、クールな曲調は、思わずダンスしてしまいそうになります。サウンドの聴きやすさ、心地よさ故、リピートして聴くこと必至なのですが、繰り返し聞けば聞くほど、変幻自在の曲調に感心すると共に、実は細部までとことんこだわった複雑なサウンドであるということに気付かされます。

そんなフランツのおすすめしたいアルバムは「フランツ・フェルディナンド [ フランツ・フェルディナンド ]」。このアルバムはまさに彼らのサウンドが1枚に凝縮されています。他のUKロックとは一味違うサウンドを体験したい方には必須と言っても過言ではない程のおすすめです。

 

Sundara Karma

サンダラカルマは2010年、イギリスのレディングにて活動を開始したロックバンドです。

若手のUKロックバンドのおすすめといえばサンダラカルマです。サンダラカルマは、UKロックバンドの新星でイギリス出身の4ピースバンドです。まだ2017年にメジャーデビューしたてのバンドなので、メジャーではアルバムはまだ1枚しか出ていません。インディースでは何枚もアルバムをリリースしています。

今回、サンダラカルマのアルバムの中でおすすめしたいのは「ユース・イズ・オンリー・エヴァー・ファン・イン・レトロスペクト [ サンダラ・カルマ ]」。ガレージロックらしい楽曲が多く、1度聞いたら忘れられないキャッチーなメロディに仕上がっています。

なんと言ってもサンダラカルマは4人ともルックスもいい。インディースの時に見た時からこいつら売れるなと思ったバンドのひとつです。

 

Sting

スティングはイングランド出身のミュージシャン、1974年に活動をはじめ、1977年にザ・ポリスというロックバンドを結成しました。

スティングが在籍していたポリスが日本デビューした1979年、当時の日本人が最初に聴いたと思われるナンバーはラジオから流れてきた”ロクサーヌ”でした。その楽曲のなんともいえないヘビーな雰囲気、深刻な空気感から、これは只者ではないと直感した方も多いでしょう。その何ヵ月後かにリリースされた「孤独のメッセージ」では、これは間違いなく世界的なロックバンドになると個人的に確信しました。

その後バンドは一時休止し、スティングはソロ活動を始め、自身の持つジャズ、ブルース的ダークな部分を色濃く表現するアーティストとなっていきます。初期ポリス時代の、まだカネがなかったであろう時期の切迫したような雰囲気があるナンバーが好みな方にとって、ソロアルバムはある意味安定しすぎてしまっています。

今回おすすめしたいアルバムは、ポリスベスト盤の「ベスト・オブ・スティング&ポリス [ ポリス ]~見つめていたい」です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク