ラウドロックバンドのおすすめ10選 激しくもエモーショナルなアーティストを紹介

スポンサーリンク




A Day To Remember

このA Day To Rememberは過去にiTUNESチャート100の7位、インディービルボード1位という業績を持つラウド界にかなりの貢献をしてきたスーパーバンドです。音源のクオリティー、そしてライヴパフォーマンスも折り紙つきで世界各国にファンやフォアローバンドを出現させたシーンの立役者ともいえる存在。

そんな彼らのおすすめアルバムは「Homesick」。
メロディックパンク×ハードコアな曲もあればゴリゴリのモッシュハードコアな曲もありメロディックパンク好きからハードコア・メタルコア好きまで楽しめるオールマイティなアルバム仕上がっています。

激しい曲調の中でたまに差し込まれるクリーンパートは鼻歌を口ずさんでしまうほど非常にポップでキャッチーなメロディーなのでそういった部分からも彼らの幅広い層から支持を得ている理由に納得できる一枚です。

 

Story Of The Year

次に紹介するStory Of The Yearはラウドロック・スクリーモの歴史を語る上で非常に重要なバンドでしょう。その中でもカリスマボーカリストとして知られるDan Marsalaの熱くエモーショナルな歌声は多くのラウド好きの人間を魅了してきました。

そんなStory Of The Yearのお勧めしたいアルバムはレーベル移籍後の2008年リリースされた「The Black Swan」。バンドの持ち前であるへヴィそしてグルーヴ感を生かした多彩な展開は、アルバムを通して聴き手を飽きさせない彼らのポテンシャルが十分に感じられるいつでもいつまでも聴いていられる作品となっています。特に2曲目に収録されているリードトラック「Wake Up」はイントロから心を掴まれること間違いなしの名曲です。

 

Hoobastank

フーバスタンクと読みます。次に紹介するHoobastankはアメリカのバンドですが、非常に親日家として知られており、今まで複数回来日公演を行っています。あの人気番組「笑っていいとも」にも出演し、その場でミニステージをやってくれるなどなかなか気前の良いバンドです。

中でも彼らの「Just One」という曲は日本の某ビールのCMにも使われたので、バンドは知らないけれど曲は知っているという方もいるかもしれません。

そんな彼らのお勧めアルバムは「ザ・グレイテスト・ヒッツ~ど・う・い・た・し・ま・し・て-バンド・ベスト」。ベスト盤なのでヒットした有名な曲ばかりが揃っており、キャッチー且つダイナミックな「Out Of Control」、CMにも使われた「Just One」などが収録されています。

彼らの「ダークなのに爽快」という独特の雰囲気に浸れる一枚です。

 

Saosin

このSaosinはラウド界もっと細かく言うとエモ・スクリーモ界に多大な影響を与えたレジェンド級のバンドと言っても過言ではありません。読み方は、セイオシン

ラウド界隈のカリスマ的存在である初代ボーカルアンソニーの抜群のエモーショナル感で攻めるクリーンボイスと痛烈なスクリームがこのバンドの持ち味でしたが、そのアンソニー脱退後に加入したコーヴもなかなかの芯のある歌声でアンソニーに負けず劣らずの存在感があって非常に聴きごたえがあります。

スポンサーリンク