日本のラウドロックバンド12選 フェスやライブで絶対に盛り上がる邦楽を紹介

スポンサーリンク

LOUDNESS

ラウドネス。このバンドほど日本国内の評価と世界での評価のギャップがあるバンドも少なくないでしょう。みなさんラウドネスを聴いたことあるでしょうか?

ラウドネスを聴いたら他のラウドロックバンドはそれまでよりも劣って聞こえてしまうかもしれません。そのくらいパワフルかつ技術的な魅力を兼ね備えています。なかでも、世界的に有名なギタリストの高崎章。彼のタッピングの技術は一度見聞きする価値があります。ギター弾きだれば高崎のワンフレーズを是非弾いてみていただきたいです。それほどギタリストの中では有名人なのです。

彼らに影響を受けたというミュージシャンも大勢います。ラウドロックが全盛期であったことはアマチュアでさえ「LOUDNESS」や「IN THE MIRROR」をコピーしていたそうです。バンドの運命は波乱万丈。しかし日本のラウドロックバンドの世界への扉は「LOUDNESS」が開いたと言っても過言ではありません。

おすすめしたいアルバムは「SOLDIER OF FORTUNE」。しかし、ラウドネスは時代ごとによって特色が変わるので、ご自身が好きなアルバムを探すことをおすすめします。

 

Pay money To my Pain

圧倒的歌唱力とネイティブな英語力を武器にするGUNDOGでの活躍も知られるヴォーカルのKを中心に結成されたペイマニートゥマイペイン。通称PTPと呼ばれ、邦楽のラウドロックシーンを牽引してきたバンドです。Limpbizkitのギターリストオーディションのファイナリストまで残ったという経歴の持ち主であるPABLOとDRUG STORE COWBOYのTSUYOSHI、KAMINARIのZAXといったラウドロック界のオールスターのようなバンドです。

おすすめはやはりファーストアルバムの「Another day comes」。バンド名の由来ともなっている「痛み」を全編通して痛々しく伝わる感情溢れるサウンドとKの繊細ながらパワフルでテクニカルなヴォーカルはスキル、オリジナリティーは突出していると再確認できます。いつまでも日本のロックシーンに輝き続ける名盤であり、ヴォーカルのKの急逝は本当に悔やまれます。

31歳という若さで亡くなったK氏のシャウト、エモーショナルなボーカルが最大の魅力です。
またギターが長いソロを弾きまくるということはなく、重低音の聞いたベース、ラウドなギター、アタック感の強いドラムで迫力があり、サウンドは基本的にヘビーです。それでかつ曲の展開に捻りがあり、聴きごたえのある楽曲が多いです。

日本の邦楽ラウドロックの有名どころだと、どうしてもポップで似たような楽曲が多い中、PTPの楽曲はボーカルのシャウトとメロウさをうまく使い分けており、日本人らしさの残る英語の歌が心地よく、はまってしまうと他のラウドロック系のバンドを認めたくなくなります。

 

RIZE

RIZEはもうベテランの域に達するほどのキャリアを重ねていますが、その勢いは増すばかりのミクスチャーバンドです。ただ単にラップを取り入れただけのミクスチャーではなく、バックボーンとして確固たるHIP HOPへの愛を感じることのできるJesseのソングライティング、芯にはしっかりとロックなサウンドであるというのがRIZEの強みです。

コンスタントなCDリリースももちろん評価が高いのですが、なんといっても4人体制最後のアルバムとなってしまった「ALTERNA」がおすすめです。無駄のないソリッドでストレートな構成ながら、粒揃いのメッセージが込められた楽曲が並び、単調になりがちなミクスチャーバンドのアルバムでは類を見ないほどのアンテナの広さを見せつつも、アルバムとしての統一感のあるRIZEの名盤です。

 

 

D’espairsRay

ディスパレーズレイと読みます。このバンドの魅力は、ボーカルHIZUMIの高い歌唱力と個々のメンバーの演奏スキルの高さ、そして何と言ってもラウドなサウンドでありながら聴きやすいというところです。重厚で聴きごたえがありながらも電子音を多用したクールな音作りは、D’espairsRayの最大の特長と言えるでしょう。

HIZUMIのヴォーカルも、海外のメタルバンドに比べるとシャウトに軽さはあるものの、伸びやかな低音はバンドサウンドを彩り、重厚な演奏に負けない圧倒的な存在感を発揮しています。

アルバムはラウドロック入門盤として「REDEEMER」をおすすめします。このアルバムは得意のラウドサウンドはもちろん、従来のゴシック路線から一変したややポップな曲、そしてバラードに至るまで、D’espairsRayの音楽性の幅広さを感じられる作品になっています。よりメタル的なアプローチが強く、このバンドが持つゴシックな世界観を存分に堪能したい人には「MIRROR」の方が好きかもしれません。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。