スラッシュメタルの名盤10選 有名な曲を聴きたいならこれを聴け

ICED EARTHはアメリカ出身のベテランスラッシュ・パワーメタルバンドです。スピードと勢いが重視される従来のスラッシュメタルとは違って、メロディーラインの美しさと曲展開の複雑さが特長で、本国アメリカよりもヨーロッパでの評価が高いバンドです。

そんなICED EARTHの中でも一番有名なアルバム「Iced Earth / Days Of Purgatory (Gatefold LP Jacket)【輸入盤LPレコード】【LP2016/2/12発売】」がおすすめです。特にアルバムの冒頭を飾るメドレー「Angels Holocaust」「Stormrider」は バンドサウンドでメタリックに彩られたCarmina Buranaに導かれるようにスタートし、ジェットコースターのように激しくドラマティックに曲が展開されます。そして余韻を残したままザクザクのスピードチューンである2曲目に引き継がれます。この2曲を聴くためだけにアルバムを買ってもいいほどでしょう。是非、聴いてみてください。

 

ENDORAMA – KREATOR

ジャーマンスラッシュメタルバンド3羽カラスの一角を担うベテランスラッシュバンド、KREATOR。アメリカの同系統のバンドとは一線を画すダークな雰囲気に支配されたサウンドが特長で、そこにドイツ出身のアイデンティティー感じさせます。

数あるアルバムの中でも最高にダークな仕上がりとなっているのが1999年発売の「Kreator クリエイター / Endorama 輸入盤 【CD】」です。全体を通してゴシックな空気感を持つこのアルバムは発売当初は賛否両論ありましたが、今聴きなおしてみるとなかなかの名盤です。

特にゴシックバンドLACRIMOSAのTilo Wolffがゲストボーカルとして参加している「ENDORAMA」は、曲を通して行われる静かな男声と女声の掛け合いがダークさをより一層高めています。そこからサビに向かうに連れて暗から明へと盛り上がっていく美しい展開も素晴らしいです。

 

COUNTDOWN TO EXTINCTION – MEGADETH

スラッシュ四天王の一角を担うMEGADETH。2017年にはグラミー賞を受賞するなど名実ともにヘビーメタル界の代表的なバンドとなっています。

そんなMEGADETHのアルバムの中でおすすめなのが1992年発売の「【輸入盤】MEGADETH メガデス/COUNTDOWN TO EXTINCTION : LIVE(CD)」です。それまではどちらかというとストレートでオーソドックスなスラッシュメタルでしたが、このアルバムからかなりコマーシャルになっていきました。曲も勢いに任せたスピードチューンは姿を消し、ミドルテンポで聴かせる音楽性へと大幅に変わってきています。

中でも5曲目の「Sweating Bullets」はブレイクが多用されるという今まで見られなかったような楽曲で、MEGADETHの新しい境地を象徴する一曲になっています。

 

METALLICA – METALLICA

スラッシュメタル界のみならず多くのロックファンに認知されているビッグバンド、METALLICA。スラッシュメタルの先駆けとして活躍していましたが、バンドとしても大きな転機となったのが世界で大きなムーブメントを巻き起こしたこのアルバム「メタリカ [ メタリカ ](通称ブラックアルバム)」です。

このアルバムからそれまでの持ち味の1つだったスピードを捨て、グルーヴと重たさを重視した路線へとシフト。世界で3000万枚以上を売り上げているモンスターアルバムです。