邦ロックバンドおすすめ10選 最近話題のジャパニーズロックを詳しく紹介します

スポンサーリンク

今回は2010年以降に結成された日本のロックバンドを中心に記事を書いてみました!

最近の邦楽事情を知りたい方、今度流行る音楽を知りたい方はぜひご覧ください。

 

otori

otoriは2012年に活動を開始した4ピース邦ロックバンド。

2012年結成のotoriは日本での知名度はまだまだですが、既に海外でもライブを行っており、ライブでも外国人ファンの姿を見かける日本のインディーズバンドです。

彼らのルーツはノーウェーブやポストパンクにあるものの、その音楽性はリズムやテンポが軽快なせいかポップさが感じられ、まさに踊れるロックと言った雰囲気です。まだアルバムは「I WANNA BE YOUR NOISE [ otori ]」の1枚しかリリースされていないものの、新曲も増えてきたので次のアルバムが期待されます。

力強いノイズのようなギターの音と、それに対立するかのようなボーカルが特徴で、感傷を排除したメロディと歌詞が印象に残ります。パンクと聞くと真っ先に男性のバンドを思い浮かべるかもしれませんが、ボーカルは女性。歌詞も彼女が書いていますが、クールな見た目そのままの冷たく強い歌詞。彼女はとにかくカッコいいです。自分の中にあるジレンマや、漠然とした不安、世間や時代、それらに絡め取られたくないと抵抗するような叫びなのに、不思議と泥臭さを感じさせないのは、硬質な言葉が飛び交う歌詞とリズミカルで尖った演奏が融合しているからでしょう。

MC少な目のストイックなライブパフォーマンスは、それを観る者の背筋をも伸ばします。それでいて踊れる、という音楽の楽しさも忘れていない、パンクなのに品がある都会的なバンドです。

 

宇宙コンビニ

宇宙コンビニは2012年から2015年にかけて活動していたバンドです。ジャンルはプログレッシブポップバンド、卓越した技術ながら活動当時のメンバーの年齢は20、21歳。現在はフロントマンがJYOCYOというソロプロジェクトを立ち上げています。

わずか4年の活動期間にもかかわらず、このバンドは多くの人を引き付けました。そして、その人気は国内にとどまることなく海外へと広がっていきました。過去には海外でもライブを成功しています。彼らの楽曲の独特な雰囲気がそれを実現させたのでしょう。

宇宙コンビニの中でも特におすすめしたいアルバムが「月の反射でみてた [ 宇宙コンビニ ]」。プログレッシブポップを自身のジャンルと掲げているように、このバンドのアルバムはすべての曲につながりがあるように作成されています。静かな曲ではないのですが、とても穏やかな気持ちにさせてくれます。ボーカルの方のとてもやさしい歌声で、とても心地の良い歌詞を耳に届けてくれます。それは今まで味わったことのないものでした。

彼らの楽曲からは音楽に彼らなりのこだわりがあることがひしひしと伝わってきます。すべての曲に飽きがないです。すべての曲がヒット曲といっていいくらい、ほかのバンドにおけるカップリング曲のようなものがありません。このバンドを初めて聞いたときにとても感動したのを覚えています。自然と涙が出てくるような曲がいくつもあります。しかし、先ほども話したように、曲調は感動せるようなものではなく、曲と声で真実を伝えてくれているようでした。

 

WANIMA

ワニマは2010年に結成された3ピースパンクロックバンドです。

2015年にリリースされた1stフルアルバム「Are You Coming? [ WANIMA ]」は、音の粗さとスカッとした明るさから1990年代のパンク直系の影響を感じさせます。激しく上下するメロディーラインとそこに乗る言葉の語感の良さ、テンポよく配置されるコーラスにソングライティングのセンスがあり、今ぜひ聴いてもらいたいバンドです。また、聴くだけでオーディエンスのテンションをぐいぐいと上げていくパンク・ラウド系バンド特有の上手さやパワーもあることが一聴するだけでわかりますが、その陰からは下積み、ステージングのキャリアを地道に積み重ねたことを伺うことができます。

1990年代後半から日本でメロコアブームが起きましたが、彼らの音楽的ルーツはそのミュージックシーンを象徴するミュージシャンであるHi-STANDARDをイメージさせます。Hi-STANDARDの売りである切れ味の鋭い演奏はもちろんですが、メロコアの速いビートやレイドバックにしたレゲエのリズム、そして日本語の歌詞を乗せて歌い上げるところにはWANIMA独自のオリジナリティーがありリスナーには印象的です。

Hi-STANDARDもそうですが、パンクのライブはいかに暴れていくかという意味合いが強いため海外のライブ公演のようにオールスタンディングでモッシュされてノックアウトされそうな予感はありますが、一度は少し勇気を出してライブハウスに行ってみてほしいです。それにしてもヴォーカルの歌声や快調な歌唱が、かりゆし58のヴォーカルをイメージさせます。

 

WOMCADOLE

ウォンカドーレは2011年に結成された関西を中心に活動している邦ロックバンドです。

最近じわじわと知名度が上がっている滋賀4人組バンド、WOMCADOLE。

今年のROCK IN JAPANにも出場を果たした彼らは、間違いなくこれからもっともっと人気の出るバンドです。そんな彼らをインディーズバンドの登竜門、閃光ライオット2013から注目している方もいるでしょう。

スポンサーリンク