アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

【福岡】現代音楽シーンを盛り上げる人気インディーズバンド【随時追加】

スポンサーリンク




音楽リスナーの皆さんこんにちは!
今回は福岡県出身のおすすめインディーズバンドについて紹介したいと思います。
福岡と言えば、向井秀徳率いるナンバーガールや東京事変の椎名林檎がかつて活躍した場所でもあります。
東京や大阪に負けず劣らずインディーズバンドの熱い土地、福岡にはどのようなインディーズバンドが活躍しているのでしょうか?
早速、福岡や九州、ひいては日本の次世代の音楽シーンを担う若いインディーズバンドを見ていきましょう。

向井太一


[official siteより]

洋楽ポップ好きにおすすめ!福岡出身、若干22歳の洒落たシンガーソングライター!

向井太一は、1992年に福岡に生まれたシンガーソングライターです。2010年からバンドにボーカルとして参加し、2013年にソロ活動をスタートしました。以来、インターネット上で継続的にエイミー・ワインハウスやウィークエンドなどに影響を受けた音楽をアップしています。音楽活動以外にも、ファッション誌でモデルの活動をしたり、様々なジャンルで活躍しています。

シンガーソングライターと聞くと、ギターやキーボード1つで楽曲をつくるイメージありますが、彼の楽曲は楽器隊や打ち込みを用いたバンドサウンドとなっています。曲調としては、自身が最も影響を受けたと語るブラックミュージックを軸に、エレクトロニカやアンビエント、オルタナティブを向井太一流にミックスさせたものとなっています。また、日本の特にロックやポップスではメロディラインが重視され、バックミュージックに比べボーカルが強調している音楽が比較的多いですが、彼の場合は違います。あくまで、自分の声を楽器の1つとして捉え、言葉選び、空間を意識した音作りとなっています。ヘッドホンで聴くとまるで自分が宙に浮いているかのような感覚に襲われるでしょう。

向井太一を初めて聴く人にお勧めしたいのは「ZEN」という楽曲です。エレキドラムが柔らかく一定のリズムを刻む中、ふらふらと浮遊するかのようにボーカルが耳に届きます。前述したボーカルが楽器とうまく調和している曲であり、特にシンセサイザーの音とマッチしており聴く者を心地よくさせてくれます。夜中のドライブにぴったりな曲ですが、眠くもなってしまうので注意が必要です(笑)

おすすめしたいアルバムは「24 [ 向井太一 ]」

 

the irony


[official siteより]

疾走感あるギターと伸びやかなボーカルが生み出す王道ポップス!

2008年に福岡で結成。船津陽史(Vo.Gt.)、川崎嘉久(Ba.)、工藤伊織(Dr.)、脇屋周平(Gt.) の全員九州生まれの4人が、都内で出会い、2012年に現在の形になりました。現在は下北沢・渋谷を中心に活動を続けていますが、2015年にMS Entertainmentより全国デビューアルバム「明るい未来の証明」を発売してからは、全国各地にてライブ活動をしています。2017年3月には、彼らの地元である福岡にてライブを行うことが決定しています。また昨年には、新人では異例のTSUTAYAレンタル限定版「TSUTAYA RENTAL LIMITED」を発表し、話題になりました。

彼らの楽曲を聴いてまず印象に残ることは、Vo.船津の語りかけるような一語一語が伸びやかに届く歌声です。クリアな声質でいながらじんわりと胸に届くようなボーカルで、歌声だけでも彼ら独特の楽曲として認知することができます。そして、そのボーカルを支えるバンドサウンドは単なるポップスに終わらない高い演奏能力を誇っています。彼らの音楽は楽器隊こそが楽曲の世界を彩り、時に物語を押し進めるロックサウンドが、楽器ごとにクリアで非常に心地よいです。

また、彼らの歌詞は、今は側にいないけど大事な誰かを想う内容、今自分の中に気付いた愛の感情を歌う楽曲と、影響を受けたアーティストの1組であるMr.Childrenの歌詞の世界にも通ずるような、誰の中にもある想いや思い出の扉に触れるような内容です。そんな彼らのおすすめ曲は、2016年に発売のセカンドミニアルバム「10億ミリのディスタンス」より、「幻影少女」です。

おすすめしたいアルバムは「10億ミリのディスタンス [ the irony ]」

 

Handsome Geek


[official siteより]

新ジャンル、メロディックポップパンク!福岡一のライブ盛り上げ屋。

Handsome Geekは2009年福岡県飯塚市にて結成された4人組のメロディックポップパンクバンドです。メンバーはKAI(Vo. Gt. )、HIGU(Gt. )、ZAN(Ba. )、SATORU(Dr.)。2016年3月に福岡にて開催されたONTAQというサーキットイベントにて入場規制という異例事態を叩きだした福岡で人気絶頂のアーティストです。

彼らは自身の音楽をメロディックポップバンドと謳っていますが、簡単に解説すると、Hi-STANDARDや10-FEET等の往年の名パンクバンドを柔らかくしたイメージです。王道パンクではバスドラを強調したドラミング、ブリブリしたルート弾きをかき鳴らすベース、耳に刺さるような鋭いギター、そして熱い疾走感のあるボーカルが特徴かと思います。しかし、彼らの楽曲はその毛色を残しながらもバンド全体としてのバランスや調和感に重きを置いている、といった面で少しポップスよりな曲設計となっており、パンクが苦手な方でもつい聴き入ってしまうような曲が多いです。2017年に入ってからも既に何回もライブを開催、また最近では福岡のみならず東京や大阪でも活動の幅を広げているため、今後の活躍も期待できます。

そんなHandsome Geekのおすすめの曲は、彼らの2ndシングルより「Remain」です。メロディアスポップパンクサウンドを最も体現しているといってもよい一曲で、Aメロから徐々に盛り上がりサビでのメロディのキャッチーさ、ボーカルとコーラスの絶妙なハモリは癖になること間違いなし。ライブでも盛り上がる定番の一曲です。

おすすめしたいアルバムは「Now! It’s our turn! [ Handsome Geek ]」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク