ソウルミュージックの名曲10選 時代を彩るおすすめ曲を紹介

スポンサーリンク




 

Stand By Me -Ben E. King

スタンドバイミーは1961年にベン・E・キングが発表した名曲で、彼が残した曲の中でも永遠のスタンダードナンバーとして有名です。もともとリードヴォーカリストとして所属していた伝説的コーラスグループであるザ・ドリフターズへ書き下ろした曲でもあります。

ソロに転向してからも精力的に活動し、「ソウルレジェンド」とも呼ばれています。発売当時はビルボードのチャートで4位になっています。1975年には、ジョン・レノンが自身のカバーアルバム『ロックン・ロール』で取り上げました。1986年には同名の映画の主題歌になり、ビルボードのチャートで9位とリバイバルヒットしました。

その後も日本では、車メーカーをはじめに多数のCMで曲が採用されましたので、この曲を耳にしたことのある人は多く、曲名は知らなくてもつい一緒に口ずさんでしまうのではないでしょうか。ソウルの名曲を語る上では外すことのできない一曲です。

 

Will you love me tomorrow -The Shirelles

ザ・シュレルズと読みます。キャロル・キングが作曲して女性グループのThe Shirellesが1962年にリリース。ビルボードのチャートで1位を獲得した名曲です。タイトルは「Will You Love Me Tomorrow」なのですが、曲中の歌詞の方をとって「Will You Still Love Me Tomorrow」というタイトルで認知している方が多いです。

1960年代当時の曲の中でも完成度は極めて高く、メロディとボーカルの奇跡的な合体が素晴らしい一曲。楽曲の作者であるキャロル・キング自身も1971年に発表した名作の誉れ高いアルバム「Tapestry」に収録しています。この時はオリジナルよりもゆっくりとしたテンポで、ジョニ・ミッチェルとジェームス・テイラーという豪華なバックグラウンド・ヴォーカルを従えた、キャロル・キング節を聞くことができます。

さすがの名曲ですので、かのベン・E・キング、ビージーズ、シェール、ブライアン・フェリーといったアーティストもカバーしていますので聴き比べてみることもおすすめします。

 

What’d I Say -Ray Charles

レイ・チャールズが1959年にリリースしたこの曲ですが、いつ聴いても全く古さを感じさせず、常に新鮮さが胸に響いてきます。この曲は1958年の12月に行われたコンサートの終わりに、余った時間を埋めるために、彼が即興で演奏することによって偶然生まれた作品として知られています。多くの観客からの反応が熱烈だったので、彼はこの曲を収録することを決めました。

歴史に残る偉大なシンガー、レイ・チャールズの功績は数々のヒット曲を生み出したことだけでなく、ゴスペルやジャズ、ブルース、カントリーなどを自分のスタイルでミックスし、今に続くソウルの基礎を築いたことにあります。まさに、この曲はソウルミュージックの火付け役となった曲であり、のちに数々の大ヒットを飛ばしたレイ・チャールズが初めてゴールドレコードを獲得した曲であり、歴史の中でも影響力のある曲といえます。ソウルミュージック黎明期を知るためには欠かせない一曲です。

 

Only You -THE PLATTERS

アメリカのコーラス・グループであるプラターズが歌唱した曲で、1955年にシングルで発売され、R&Bチャートでは7週連続1位を、全米ポップチャートでも5位を記録し、ミリオン・セラーとなりました。その後も1959年にはフランク・プゥルセルによってインストゥルメンタルとしてカバーされ、ビルボードで最高9位を記録。1973年には映画『アメリカン・グラフィティ』の挿入歌に起用、1974年にはリンゴ・スターによってカバーされ、チャートで6位を記録しました。

タイトル名である「only you」という最初のメロディが、聴く人たちに強烈なインパクトを与えます。誰でも覚えることができ、一緒に歌う事もできることでしょう。この曲以上のインパクトを与える事は非常に難しいのではないでしょうか。それほど素晴らしい曲で、この曲を知らない人はいないといっても過言ではないでしょう。そのような意味からも名曲と言えます。

 

(Sittin’ on) The Dock of the Bay -Otis Redding

オーティス・レディングはアメリカのシンガーソングライター、独特の歌唱法でその後のソウルミュージックに多大な影響を与えました。

「ドック・オブ・ベイ」は彼とスティープ・クロッパーとの共作による曲です。オーティスが飛行機事故で亡くなる3日前に録音された曲でもあるそうです。この曲の曲調がこれまでの曲とは異なっていたため周囲は戸惑っていたようですが、本人がレコーディング中に「俺の初めてのナンバー・ワン・ソングになるぜ」と語りシングル化を望んでいたことから、死亡した翌年にリリースされました。

1968年3月にビルボードチャートで、1位を獲得、オーティスにとって唯一のビルボードランキング1位の曲となりました。アーティストの死後に発表されてチャート1位を獲得した初めてのシングルとなりました。

 

Respect -Aretha Franklin

アレサ・フランクリンはアメリカの女性ソウルシンガーです。ソウル・ミュージック歌手の中でも、ひときわゴスペル・フィーリングの強い歌唱が持ち味で、「クイーン・オブ・ソウル」とか「レディ・ソウル」などの異名を持っています。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たしました。数あるヒット曲の中でも彼女を一躍スターダムに押し上げたのがこの曲、リスペクトです。

オーティス・レディングが作詞・作曲して1965年に発表した楽曲ですが、1967年のアレサ・フランクリンによるカバーが全米1位を獲得し、オリジナル以上の大ヒットとなりました。ゴールドディスクにも認定され、グラミー賞では最優秀R&Bレコーディング賞と最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞の2部門を受賞しました。

以降、アレサ・フランクリンはグラミー賞の常連となり、これまでに20回の受賞を成し遂げています。

 

Lets Stay Together -Al Green

アメリカの歌手アル・グリーンの楽曲「「レッツ・ステイ・トゥゲザー」 (Let’s Stay Together) 」もおすすめ。

1971年11月発表され、翌1972年2月にビルボード・Hot 100で1位を記録。また、ビルボードのソウルチャートで9週連続で1位を記録し、ゴールドディスクにも輝きました。名盤の誉れ高いアルバム『Let’s Stay Together』のオープニング・ナンバーでもあります。プロデューサーのウィリー・ミッチェルがピアノで作曲し、アル・グリーンは、できあがった曲を聴いて、わずか15分で歌詞を完成させたそうです。楽曲が出来上がった瞬間に二人はこの曲の成功を確信したといいます。

ファルセットを多用したセクシーな彼の歌声が心地良く響き渡ります。いつ聴いてもこころをほぐしてくれるようなミディアムテンポの名曲です。のちにティナ・ターナーもカバーし、ヒットさせていますのでぜひ聴き比べてみてください。

 

What’s Goin On -Marvin Gaye

Marvin Gaye performs on stage at De Doelen, Rotterdam, Netherlands, 1st July 1980. (Photo by Rob Verhorst/Redferns)

アメリカの歌手マーヴィン・ゲイの楽曲「ホワッツ・ゴーイン・オン」 (What’s Goin On) 」。マーヴィン・ゲイは1939年生まれのアメリカのミュージシャンで、1984年に非業の死を遂げています。

「ホワッツ・ゴーイン・オン」は1971年に発表され、Billboard Hot 100で2位、R&Bチャートでは1位を記録しました。華麗で美しい楽曲と隙のない緻密なアレンジによる音楽性は絶賛を受けましたが、それ以上にベトナム戦争や公害、貧困といった社会問題を取り上げた歌詞と、それに対する苦悩を赤裸々に表現したマーヴィンの歌唱が話題となり、物議も醸し出しました。

ただ、なんといってもヴォーカル、コーラスワークが素晴らしい。歌詞、メロディ、リズム、ハーモニー、演奏など音楽の重要な部分をすべてクリアしているように思います。慈愛に溢れた楽曲でぜひ聴いていただきたい名曲です。

 

When a Man Loves a Woman -Percy Sledge

アメリカの歌手パーシー・スレッジが1966年に大ヒットさせた「When a Man Loves a Woman(邦題:男が女を愛する時)」。

前年の1965年に、働いていた職場から突然解雇されたうえ、交際していた女性がモデルを夢見てカリフォルニアに旅立つという二重の不運に見舞われ、悲しみにくれながらノートに書き留めたのがこの詩でした。その後、病院で雑用の仕事をしながら患者を慰めるために歌い始めていたところを地元の音楽プロデューサーにスカウトされたことをきっかけに大衆の目にも止まるようになりました。

彼の歌詞やメロディー、そして何と言っても歌唱が素晴らしく、実体験に基づいたこの曲はあっという間に評判を呼び、ビルボードのR&Bシングル・チャートとBillboard Hot 100の両方で1位を獲得する大ヒットを記録しました。同曲を収録したアルバム『男が女を愛する時』は『ビルボード』誌のR&Bアルバム・チャートで2位。その人柄も皆から愛されました。

その後、ベット・ミドラーが1979年に映画「ローズ」の劇中歌としてカバーしたり、90年代にもマイケル・ボルトンがリバイバルでNo1ヒットさせるなど世代を超えて愛される名曲です。

 

LA・LA・LA LOVE SONG -久保田利伸

最後に日本人の歌手を1人だけ。日本におけるソウルミュージック界の第一人者、久保田利伸さんです。どの楽曲もノリノリで覚えやすく、誰の耳にも心地よく入ってくるメロディーがとても特徴的です。個人的には地元が近いので親近感があるというのも好きになったきっかけです笑。

歌の上手さに加えておしゃべりも上手でソウルミュージックってとっかかりにくいのかなと思っている人も久保田さんの歌やライブを聞けば一気に魅力に引き込まれると思います。

「LA LA LA LOVE SONG」はふと何か起こりそうなメロディーラインがとても好きで、つい一緒に踊り出したくなるような衝動にも駆られ、テンションがあがる一曲となっています。久保田さんのバラードも優しくて伸びやかで好きですが、ノリノリなソウルでポップな曲を聞くことが多いです。

スポンサーリンク