アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

スラッシュメタルバンドのおすすめ7選 古き良きメタルの王道を紹介

スポンサーリンク




MEGADETH

スラッシュメタルの中でも、複雑な曲構成と卓越したギタープレイを楽しむことができるのは、MEGADETHです。バンドは20年以上のキャリアの中で15枚ものスタジオアルバムを発表していますが、最もおすすめしたいアルバムは、「RUST IN PEACE」です。

このアルバム以前からのテクニカルで複雑な曲構成はそのままに、メタルならではの真っすぐな勢いも重視されています。加えて、本作からバンドに加入したマーティ・フリードマンの叙情性のあるギターワークが曲を彩っているために、キャッチーさまで感じさせる曲が多くなっています。テクニカルさ、勢い、キャッチーさといった要素が上手く絡み合って一つ一つの曲の完成度が高くなっています。

MEGADETHの作品の中でも一番クオリティが高い上に聴きやすいので、初心者にも玄人にもおすすめできます。

 

METALLICA

泣く子も黙るスラッシュメタルの王道、メタリカもオススメです。オススメアルバムは「METAL MASTER」。
最近のメタルは必要以上に盛った、ワイドで詰まりまくったサウンドが特徴ですが、メタリカはラフがカッコいいだけでメタルとして聴けます。

特にMaster of Puppetsは一曲で8分以上もある超大作ですが、一つの映画を観ているような感覚に陥ると思います。勢いあるラフが3つも登場するイントロ、変拍子を織り交ぜたAメロ、サビ、間奏でバラードと思わせる泣きのギターソロ、そしてその後の勢いを取り戻してからのギターソロがあり、さらにその後ユニゾンのラフがあり、よくここまで誰ずに楽曲を展開しているなと思います。この曲はまさにスラッシュメタルのラスボス的な存在です。

今年のグラミー賞でレディ・ガガとのコラボの時、マイクのトラブルで1本のマイクで二人が歌うシーンがありましたが、あの時叫ぶように歌っていた姿を観て改めてかっこいいなと思いました。

 

このバンドが出始めた1980年代の日本では、テレビなどのせいでヘビーメタルをヘビメタとか言ってメタル全般を色物のような扱いをされてました。ですが、本物である彼らのテクニックとスピードとパワーを聞けばそういうものでないことが分かります。

メタリカは単なるスピードだけでなく、アルバムを出すたびにギターフレーズなどが独特なものに進化し、スラッシュメタルの走りと呼ばれたのです。スラッシュメタルの先駆者を感じて頂くには1stアルバムのキル・エム・オール(Kill ‘Em All)から聞いていただくのがおススメです。
先頭の曲からスピードの速さをまず感じることと思いますが、曲が進むにつれてそれだけでないことが分かります。それはバンドの構成がツインギターでそれぞれのリフの違いが感じられる点、ぜひ聴いていただきたいアルバムです。

 

SLAYER

まず、彼らはスラッシュメタルの前身バンドであり、ひとつの頂点に立っているバンドだという、と紹介を受け、初めて耳にしました。アルバムを聞いて一曲目で、信じられないほどのギターの早弾き、ドラムのリズムに驚かされます。イントロでのシャウトの高音からは信じられないほどの力強いボーカルは吐息を耳元に感じるほどの臨場感で、一声ごとに身が引き締まるような感覚を受けることができます。

アメリカのバンドということで、もちろん歌詞は全て英語ですが、言語を超えて魂を揺さぶってくる(なんだかクサい表現ですが)、いい曲ばかりが揃っています。

最近、古いこういうバンドを聴く人が減っているようにも感じます。音楽の楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、今こそ、伝説的な古き良き洋楽を聞いて、ジャンルの原点から音楽を感じてもらえれば、より、音楽を楽しむ幅が広まると思います。その取っ掛かりとしてスレイヤーを聴いてみてはいかがでしょうか。

 

スラッシュメタル界の伝説的バンド、Slayer。Slayerといば、メタル界において知らない人間はいないほどの超有名バンドであり、リリースしたアルバムは、いずれも高い完成度のものばかりです。このバンドの奏でる切れ味鋭いギターサウンドにパワフルなドラミング、感情を吐き出すヴォーカルは聴くものを圧倒するだけの魅力を持っています。加えて、ギター好きであれば、メタル界を代表するギタリストであるケリー・キングの超人的なプレイに驚き、感動を覚えるはずです。

このバンドは、名盤と呼ばれるアルバムを複数枚リリースしておりますが、その中で、私が特にお勧めしたいのが3rdアルバム『Reign in Blood』です。このアルバムには、「Angel of Death」や「Raining Blood」などのスラッシュメタル界における超名曲が収録されており、アルバム全体を通して暴力的な疾走感を存分に感じることができます。特に、「Raining Blood」は、冒頭のギターフレーズからギターリフ、ギターソロの全てがかっこよく、ギター好きであれば必ず魅了されるでしょう。スラッシュメタルが好きであれば、本アルバムは必聴の一枚であり、全メタルファンにも聴いてもらいたい一枚になっています。

 

デビュー以来音楽性を変えなかったSlayerは、スラッシュメタルの王道を征くバンドと言ってよいでしょう。その中でも、凶暴性、残虐性をまとい、スピード感が強調されているのが、「Reign in Blood」です。収録されている10曲はどれもスピード感に溢れていますが、それだけではなく、ドラマ性を排除し、ギター、ベース、ボーカル、ドラムどれを取っても攻撃的なサウンドを前面に押し出しています。

収録時間は30分もないのですが、与える印象はかなり強烈です。 「Angel Of Death」や「Raining Blood」など今でもライブで演奏される代表曲も収録されているので、Slayerやスラッシュメタルを知るにはまず聴くべきアルバムの1枚と言えるでしょう。

 

MACHINE HEAD

スラッシュメタルのバンドと言えばMETALLICA、MEGADETH、SLAYER、ANTHRAXが四天王と呼ばれ、後進の多くのバンドに影響を与えています。METALLICAがブラックアルバムを発売してスラッシュメタルのブームが巻き起こっていた90年代前半、そんな時代に1つのバンドが誕生しました。その名はMACHINE HEAD。

デビュー当初はザクザクリフを刻むギターがひたすら重く、どちらかと言えばグルーヴを重視したアプローチでしたが、90年代後半にはラップを取り入れたりメタルコア寄りの曲が多く見られるようになりました。この柔軟性こそが他のスラッシュメタルバンドと一線を画すところです。ともすれば一本調子になりがちなスラッシュメタルのアルバムにおいて、他ジャンルを吸収し消化することが曲のバリエーション豊かなMACHINE HEADのサウンドの個性になっているのです。

そんな個性が一番感じ取れるアルバム「THE BURNING RED」をおすすめしたいと思います。発売当初はサウンド、ビジュアルイメージともに一新されたこともあり賛否両論あったアルバムですが、よくよく聴けばサウンドはファースト、セカンドアルバムの延長線上にあることを感じられます。そして特筆すべきはそのメロディーの豊かさ。それまでスラッシュメタルの楽曲においてメロディーはそれほど大きくは重要視されていませんでした。それ以上に大事なのは重さとスピード感だったわけです。

このアルバムは全体通してうねるようなミドルテンポの楽曲が多く、その分スピードの裏に隠れていたメロディーを堪能することができます。ちょっと異端なスラッシュメタルアルバムですが、是非聴いてみてください。

 

 

Annihilator

Annihilatorはテクニカルなスラッシュメタルの代表格とも言えるバンドで、中心的な人物であるギタリスト、ジェフ・ウォーターズの変態的なギターテクニックは必聴です。

中でもデビューアルバム「ALICE IN HELL」は、MEGADETHのようなテクニカルなメタルを目指していただけあって、高度な演奏力で難易度の高い楽曲を作り上げています。ジェフの複雑で独特なギターリフ、ボーカルのランディの変質的な歌唱法のおかげで、megadethとは全く違う、怪奇味のあるアルバムに仕上がっています。

スラッシュメタルとしては異色な作品ですので、正統派なスラッシュメタルを一通り聞いた方におすすめします。取っつきにくいかもしれませんが、聞けば聞くほど良さがわかってきて中毒になってしまうアルバムです。

 

PANTERA

COWBOYS FROM HELLを初めて聞いた時、スラッシュメタルの特長である疾走感はそこまで売りにしたメタルじゃないと思いました。しかしヅクヅクと16ビートを刻んだメインのリフであったり、間を上手く活用してて聴いていてテンションが上がります。
また「WALK」というシャッフル系のリズムが特徴の曲があるのですが、どちらかと言うとスピード重視のメタルではあまり向かないリズムを音数少なめのリフに、3連符のオカズで独自のメタルサウンドを確立しているのがカッコいいです。

メタルの楽しみってギターに注目されますが、ダイムバックダレルはまさにスラッシュメタル界のギターヒーローの一人ではないでしょうか?
金属的で攻撃的なギターのメタルを聴きたければ、まずはPANTERAで間違いありません。

 

X Japan

スラッシュメタルといえば、国内外通じてX Japanを最もお勧めします。特に初期のX Japanは、ただテンポが速いだけでなくとてもメロディアスで、楽曲のベーシックな部分にクラシックの要素がふんだんに垣間見えます。そこが他の速いだけのバンドとは異なり、骨格がしっかりしているため聞いていて心地の良さをとても感じます。

また、クラシックがベースにあるYoshikiが作曲をすべて手掛けているわけではなく、そこに昔ながらのハードロック要素を注入するHideの存在が大きいと思います。Yoshikiの楽曲にHideが心地よいリフを重ねる、といった曲が初期のXには多く、まさにこれぞスラッシュメタルの王道だ、という曲になっています。

今でもXの曲は新鮮に聞くことができます。全てのアルバムを勧めたいですが、スラッシュメタル好きには活動初期のアルバム、特に2作目の「Blue Blood」をお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク