テクノポップの名曲10選 昔のあの曲から最新のあの曲までおすすめを一挙紹介

スポンサーリンク




TourdeFrance -Kraftwerk

テクノミュージックのパイオニア「Kraftwerk」が自転車競技のツール・ド・フランスをイメージして作曲したのが「TourdeFrance」です。

この曲はシングルのオリジナルと2003年に発表された同名のアルバムにアレンジされて収録され曲など様々にアレンジされた曲があります。特徴として自転車競技を意識したセクシーな息づかいと、独特のリズムでどこか哀愁が漂う名曲です。

PVでは当時のメンバー4人が一生懸命自転車を走らせているという映像で、自転車が好きなリーダーのラルフ・ヒュッター以外のメンバーは、あまり乗り気でなく、後にメンバーの解散する原因になったのではないかと噂されるいわくつきのPVでもあります。

 

ComputerLove -Kraftwerk

テクノポップのパイオニアとして有名なドイツの音楽グループ「Kraftwerk」が、1981年にリリースしたアルバム「Computerwelt」にComputerLoveは収録されています。

Kraftwerkは、ファンに媚びず自分たちのテクノ音楽を追求するグループで「ComputerLove」はコンピュータが一般化するずっと前にコンピュータ同士の繋がりや、相手の見えないコミュニケーションによる叶わぬ思いなどが、切ないメロディーで表現されています。コンピュータラブ、コンピュータラブと繰り返す歌詞や、終盤の物悲しいリズムは時代が進んでも古くならない曲として、「TheRobots 」や「PocketCalculator」などと並びKraftwerkを代表する曲です。

 

MoskowDiskow -TELEX

TELEXは1978年にベルギーで結成された3人組の音楽グループです。メンバーは個性的で、ジャズピアニストとサウンドエンジニア、ヴォーカルは建築家という珍しい構成のグループとなります。

そんなTELEXの1979年に発表したファーストシングル曲がMoskowDiskowで、列車が走る音や汽笛の音がメロディアスに融合して今聞いても驚くほど聞きやすく新しいと感じる曲だと分かります。

TELEXの特徴として彼らのPVでは、決して派手ではなく素朴な表現方法で見せることです。MoskowDiskowでも列車が通り過ぎる様子をただ見つめていたり、リズムに合わせて足を組み返すだけのダンスなど独特で素朴なPVも魅力的です。

 

Let Me Know -TOWA TEI

TOWA TEI(テイトウワ)さんは今田耕司さんとか色々な人とコラボされてますが、私の一押しはこの曲、Let Me Know。1999年リリースとちょっと古い曲になってしまいましたが、今聴いても全然ステキです。

CHARAをボーカルに迎えるあたり、昔からの音楽好きとしてはよくわかっていらっしゃるという印象を持ってしまいます。何とも言えないまったりした曲調にCHARAのウイスパーヴォイスがぴったりしっくりハマっていてメロウな仕上がりです。
この方の曲はたくさんおススメしたいものがありますが、本当にアーティストさんの事が好きなんだなというのが分かる彼らしい曲という事で、テクノポップと言えばテイトウワさんのLet Me Knowをおススメします。

スポンサーリンク